長澤まさみの性格は良い?悪い?エピソードや共演者のコメントから検証

最近、ますますドラマや映画、CM等で活躍している長澤まさみさんの性格について調べたところ、驚きの事実が分かりました。長澤まさみさんの性格は周りからどう見られているのかをエピソードや共演した方のコメントを紹介しながら検証していきたいと思います。

長澤まさみの性格が悪いという噂とは?

最近はすっかり大人びた長澤まさみさんですが、現在も女優として活躍していて、様々な作品に出演されていますよね。

そんな長澤まさみさんですが、ネット等で性格を検索すると『性格が悪い』というネガティブな言葉が並びます。普段、凄く明るそうな長澤まさみさんですが、何でそう言われてしまっているのかが気になったので検証してみようと思います。

長澤まさみのプロフィール

長澤まさみさんは1987年6月3日生まれ、静岡県磐田市出身で、東宝芸能に所属しています。第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35,153人の中から2000年1月9日に当時、史上最年少の12歳(小学6年生)でグランプリに選ばれ、芸能界入りしました。

同年公開の『クロスファイア』で映画デビューを果たしています。2004年に公開された映画『世界の中心で、愛をさけぶ』でヒロイン、アキ役を演じ、一気にブレイクしましたね。

その後、映画『タッチ』や『涙そうそう』『岳』等、数々の名作に出演しています。またテレビドラマにおいても2006年に放送された『セーラー服と機関銃』や『ラスト・フレンズ』『僕の妹』なんかにも出演し、ヒロインを演じています。

長澤まさみの性格が分かるエピソード

一見、明るくていつもニコニコしている長澤まさみさんですが、何で『性格が悪い』と言われるようになってしまったんでしょうか。その噂となった原因は何なのかを挙げてみたいと思います。

長澤まさみ、拘りのある性格

長澤まさみさんの性格が悪いと言われてしまうエピソードとして挨拶をしない、ムスッとした態度、挨拶をしても返さないというものがありました。他にも用意されていたお弁当に文句を言って食べない、衣装等にケチをつけるなんていうのもあったようです。

うーん。これは捉えるかにもよるのではないでしょうか?確かに挨拶を返すのは、人として当然だと思います。でも知らない方にいきなり挨拶されたら戸惑いませんか?また小さな声で挨拶されていたら聞こえなかったという場合もありますよね?

それにムスッとしているという話もあるようですが、これだけ映画やドラマにも出演されていて、多忙な日々を送っている女優さんですので、疲れていたり、時には無表情になってしまう事もあるかもしれません。それがムスッとしていると思われてしまうのはちょっと可哀想な気がします。

いくら明るい性格の方でも普通に歩いている時に、1人でニヤニヤしていたら変な人だと思われますよね?それと同じではないでしょうか?

またお弁当に関してや衣装についてのエピソードも長澤まさみさんの拘りなのかもしれませんよね?大活躍されている女優さんですので、プロポーションを気にして、食事に気をつけている方も多いと思います。例えば、ロケ弁が油物ばかりだったりしたら体調によっては重いと感じるでしょうし、今はダイエットとか、ちょっと身体を絞っている時期なら食べない選択もすると思うんですよ。

長澤まさみさんはプロの女優として、時に妥協したくない事もあるのではないでしょか。それが性格が悪いと捉えられてしまうのは、どうなのかなと思ってしまいました。

幼稚さが目立つ発言や態度

ドラマや映画の撮影の時に監督やスタッフがダメ出しをすると不貞腐れてしまい、撮影がストップしてしまう事があるんだそうです。子供のように態度に出してしまうところが幼稚だと言われているようですね。

しかし、これも捉え方の問題ですよね。素直に感情を出せるのは決して悪い事ではないと思うんですよ。確かにドラマや映画の撮影が中断してしまう位、不機嫌になってしまう事は良くないと思います。

しかし、素直に感情を出せるという事は、長澤まさみさんの性格に裏表がないと考える事もできると思います。影でああだこうだと文句を言う方よりも、その場で自分の意見が言える女性って素敵ではないですか?

共演者を顎で使った?

長澤まさみさんはドラマ共演した濱田岳さんを役名の「ツル」と呼び捨てし、「お茶買ってきて!!」等と、パシリ扱いしていたそうです。でもこれだって役の関係だったり、たまたまかもしれません。

長澤まさみさんは冗談のつもりだったかもしれませんし、どういう状況だったかもわかりませんが、濱田岳さんも本当に嫌だったら断る事ができたと思います。嫌な顔をされれば、長澤まさみさんも、これは嫌なんだな、悪かったなと思うでしょうし・・・。

長澤まさみさんと濱田岳さんは1つしか年が違いません。だからこそ、仲良くなってこういうやり取りがあっただけなんじゃないかなと思います。だって仲良くない人にこんな事を言って、パシリにしていたらイジメじゃないですか。

この件のこの会話だけを切り取って正確が悪いと言うのは簡単ですが、きっとそれまでに色んなやり取りがあって、関係を築いていたからこそのやり取りだと私は思います。

長澤まさみの性格を共演者はどうみているのか

では、共演者の方はどうみているのでしょうか。共演者の話からも長澤まさみさんの性格を探ってみたいと思います。

2009年4月のクールで長澤まさみさんとTBSドラマ『僕の妹』で共演されました。その時にオダギリジョーさんは長澤まさみさんの性格について、「もっと感情をストレートに出す方だと思っていたけど、意外にも出したり引いたりが出来ていて、大人の女性だった」とコメントしています。

オダギリジョーさんの大人の女性だったという評価は撮影の間、そう感じる事が多かったから出た褒め言葉ですよね。

映画『ラフ』で長澤まさみさんと共演した速水もこみちさんは、長澤まさみさんの性格について「自身より年下なのにすごく落ち着いていて、かと思えば現場を盛り上げてくれるような振る舞いも見てすごく素敵な女性」と話していました。

これを信じるのなら長澤まさみさんは、明るくて、大人の女性という事になります。それに映画の時に、ムードメーカー的な感じだったようです。普段から明るい方でないとムードメーカーができませんからね。しかもヒロインなので多忙でしたでしょうし。

自分が忙しくても回りに明るく振る舞える長澤まさみさんの性格が悪いとは思えませんよね。

小栗旬さんは長澤まさみさんと映画『ロボコン』で初共演し、『岳』や『銀魂』でも再共演を果たしました。「普通にしゃべってくれたので良かった。ずっと「変わっちまったな、まさみちゃん」というの(思い)が蓄積していたので、それが一瞬でパッと消えたとき、これはいい映画になると思いました」と話をされていました。

変わってしまったと思ったのは、交友関係が広い小栗旬さんなので、色んな心無い話が耳に入ってしまったのかなと思います。でも変わっていなくて、いい映画になると思ったとコメントするという事は、長澤まさみさんが売れてからも変わっていなかったと言っているようなものだと思います。

売れても変わっていない長澤まさみさんは素敵ですよね。

長澤まさみの性格が悪い噂の検証

検証の結果、長澤まさみさんは色々な噂がありましたが、結局は長澤まさみさんの行動や言動を周りがどう捉えるのかだと思います。どんなに性格が良いと言われている方であっても短所はありますし、その人から見れば短所でも、別の人から見れば長所だと捉えてくれる事も多いと思います。

そして共演者の方々のコメントにもある通り、ドラマや映画の撮影現場でも気さくに他の方とコミュニケーションを図っていますよね?人は長所よりも短所に目がいきやすいので、どうしても悪い事が前に出てしまうものです。

また長澤まさみさんは女優としても凄く素敵な方で、魅力に溢れています。演技にしてもカメラの前だけでいい子を演じる方が難しいのではないでしょうか。

長澤まさみさんの性格は検証の結果、女優として考えて行動されているからこういう噂が出てしまっただけで、性格が悪いわけではありませんでした。女優として着々と自分の道を歩んでいる長澤まさみさん、これからも噂に負けずに女優業を邁進して欲しいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ