記事ID130723のサムネイル画像

ジワジワと笑いが起きる、おぎやはぎ。小木さんの素顔に迫ろう!

たくさんの楽しい漫才を見せてくれた、「おぎやはぎ」。そのスローテンポな笑いはクセになると評判です。今回は、そんな「おぎやはぎ」の小木さんに焦点を当てて素顔に迫ってみたいと思います。コンビ愛にあふれている「おぎやはぎ」のお一人で、小木さんてどんな人?!

実は本名は「こぎ」さん!小木さんが所属するお笑いコンビ「おぎやはぎ」とは?

1995年に、小木博明さんと矢作兼さんにより結成されたお笑いコンビ。
小木さんは、「おぎさん」として活躍中ですが、実は本名は「こぎさん」。

略称は「おぎや」。

おぎやはぎの小木さん、矢作さん共に東京都出身で、東京都立北野高等学校では同級生だったお二人。
長い付き合いで親友でもあるおぎやはぎの小木さんと矢作さんは、息の合ったコントで大人気に。

漫才は、お互いを褒め合うものが多く、ジワジワと笑いを誘うもの。ハイテンポのボケとツッコミのコントをする芸人さんが多い中、おぎやはぎのコントは、スローテンポ。独特のボケと、一般的なツッコミではなく、「訂正」「説得」と取れる合いの手が特徴的です。

「小木です。」「矢作です。」「おぎやはぎです。」でのつかみや、「おぎやはぎですが、何か?」が有名なフレーズで、「○○ですが、何か?」は真似したことがある人も多いのではないでしょうか?

2001年に創設された漫才のコンテスト『M-1グランプリ』に出場するために漫才を始めた、おぎやはぎの小木さんと矢作さん。
おぎやはぎの漫才は、高い評価を得てたくさんのファンを獲得しています。

小木さんのフォーメーションが面白い!おぎやはぎの野球をモチーフにした「伝説のネタ」!

『爆笑オンエアバトル』での野球をモチーフにしたコントは大評判で、伝説のコントに。
独特のボケが面白い、おぎやはぎ。

2005年頃までは、頻繁に単独ライブやユニットを組、コントを披露してきた、おぎやはぎの小木さんと矢作さんですが、毎回数分で完売するほどの人気ぶり。
2005年以降は、テレビの露出が多くなり、コントライブは少なくなりましたが、今でもコントライブの復活を願うファンの方は多いのではないでしょうか。

現在は、バラエティ番組のひな段での活躍が目だちますが、その活躍の中でも独特の手段をとりいれ、ガツガツ目立つようなものではなく、物静かにいている様子が逆に存在感を出しています。

おぎやきぎの小木さんの実家は歯科医院?!

おぎやはぎの小木さんのご実家は、歯医者でお金持ちだそうです。
お父さんが歯医者を経営されているとのこと。
しかも、都内の歯医者とのこと。相当な御曹司であることは間違いないですね。

そんな環境で育ったため、おぎやはぎの小木さんも一時は歯医者になるべく、大学からは歯科医になるため、歯学部の友人たちとの付き合いが多くなったそうですが、就職先は全く別てした。

実は、オリエンタルランドに就職していた、おぎやはぎの小木さん!

一時は、歯科医の未来を描いたおぎやはぎの小木さんですが、高校を卒業後、東京ディズニーリゾートを中心に経営している「オリエンタルランド」に就職。
それも、ディズニーシーの幹部候補生という肩書きでの入社だったと、ラジオで話されました。

オリエンタルランドに勤めていたことは知っていた矢作さんも、幹部候補だったと聞いて驚きの様子。

おばやはぎの小木さんが入社したときは、ディズニーシーが5年ほどで完成予定だったため、小木さんは心待ちにしていたそうです。
それが、いろいろな事情が重なり完成までの期間が延び延びになったことで、おぎやはぎの小木さんは、待っていられなくなり、オリエンタルランドを辞めたのだそう。

ディズニーシーがなかなか出来ないから辞めたという理由も面白い、おぎやはぎの小木さん。

そうしているうちに、高校時代からの親友である矢作さんに誘われて芸人の道に進んだそうです。小木さんはやはり、サラリーマンより芸人の方が似合うので良い結果だったのでしょうね。

無類の車好きである、おぎやはぎの小木さん!

無類の車好きで有名なコンピ、おぎやはぎ。
小木さんが最初に乗った車は、ホンダ プレリュード4ws、矢作さんはフィアットパンダだそう。

その後は、カイエンs、レンジローバー スポーツ スーパーチャージド、レンジローバーイヴォーク、ラーダ・ニーヴァなどを乗りこなしてきたようです。

車好きというだけあって素敵な車ばかりを選んでいる小木さんです。

小木さんと矢作さんの仲の良さに癒される、おぎやはぎ。

いつも仲の良い、おぎやはぎの小木さんと矢作さん。
お二人を見ると癒されるのは、おぎやはぎのお二人を包み込んでいる暖かな空気感があるからなのでしょう。

今回、小木さんを中心におばやはぎの魅力に改めて気づかされ、小木さんと矢作さんのコントを見たくなりました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ