記事ID130427のサムネイル画像

アンタッチャブルのザキヤマこと山崎弘也の苦い過去と現在の栄光

テレビで見ない日は無いと言っても過言ではないほどの活躍を見せている芸人、ザキヤマことアンタッチャブルの山崎弘也。ピンの活動が絶好調!お茶の間を笑わせる彼が学生時代は暗かった?さらには俳優を目指したことまで判明!アンタッチャブルの山崎が持つ意外性をまとめました!

アンタッチャブルの山崎の持つ人間性が面白い!

アンタッチャブルは、お笑い芸人専門のプロダクション人力舎に所属しているコンビ。ボケ担当の山崎弘也とツッコミ担当の柴田英嗣でコンビを結成。共に人力舎のタレント養成所であるスクールJCAの第3期生です。


「ボキャブラ天国」や「爆笑オンエアバトル」など、現在では伝説となっているお笑い番組に出演し、着実にファンを獲得。その後、M-1グランプリで優勝するなど、アンタッチャブルは大人気になりました。M-1優勝後からピークを迎えたアンタッチャブルでしたが、山崎の相方である柴田が「体調不良」・「女性問題」を理由として芸能活動の休業に入りました。これが一種の分岐点となり、山崎がピンで活躍する場が増えていくことに。

苦難を乗り越え人気者となったアンタッチャブルの山崎の持つ様々な側面を見ていきましょう!

うそでしょ!?山崎は俳優志望だった!

山崎はもともとお笑い芸人を目指していたわけではないんです!あんなに面白いのに不思議ですよね。俳優として、海援隊のボーカルも務める武田鉄矢さんに憧れを持っているとのこと。

芸能事務所に履歴書を送る際、返信用の切手を同封するのを忘れてしまい落選。その後、雑誌掲載されていた人力舎のオーディションに合格し、現在に至るということです。ちなみに芸人としてはダウンタウンに憧れています。憧れが強すぎて自身のキャラクターを活かせないことを理由に共演を控えているということなので、その気持ちは相当強いものだと分かります。


俳優になっていたら現在ほどの人気を得ることが出来たのかは謎ですが、人力舎に入ったからアンタッチャブルの結成~ピンで人気爆発という流れを見ると運命って不思議だな。なんて考えさせられます。

高校野球では影の薄い存在だった!?アンタッチャブル山崎の意外な過去とは!

侍ジャパン秋吉の球をザキヤマがブルペンで受ける! video new

「アメトーーク」の企画に高校野球が大好きな芸人として出演したアンタッチャブルの山崎。ジャイアンツ入団を目指すほどの打ち込んでいた野球。高校入学時はサード、その後キャッチャーにコンバートされる頃にはプロ野球への夢を諦めていた様子。

現在では、コンビ名であるアンタッチャブルもザキヤマのあだ名で呼ばれる山崎も知らない人を探す方が大変なくらいの知名度を誇っているものの、野球部時代の山崎は、「監督に自分の存在を認識されていなかった」程に存在感が無かったことを番組内で明らかにしている。

大学は行ったの?最終学歴は?

山崎の最終学歴は、クレヨンしんちゃんの作者である漫画家・臼井儀人と同じ春日部工業高校の卒業が最終学歴となっています。なので大学へは進学せずにお笑い芸人になり、アンタッチャブルを結成した形になります。

奥さんや子供を持つ一家の大黒柱でもある!

7歳年下の一般人女性との9年間のお付き合いの末、2015年8月14日に結婚を発表した山崎。

奥さんは宇多田ヒカルに似ているOLなんだそう!出会いはテレビ局員の紹介。アンタッチャブルの人気が爆発していた頃ですよね!

9年間の交際とのことなので、アンタッチャブルの絶頂期から、相方である柴田の芸能界休業による苦難。そしてアンタッチャブル「の」ではなく、芸人、山崎弘也としてピンで活躍している現在まで、アンタッチャブルと山崎の転換期のほぼ全てを見てきているというのは支える方も大変だったかもしれませんね。


結婚を発表した翌年、2016年7月26日に女児の誕生を発表。

バラエティ番組で何かと話題になるお子さんですが、すでに遺伝でアゴが割れているそうです。お父さんの特徴をしっかりと受け継いでいます!

【まとめ】アンタッチャブルとしての活動もそろそろ見たい!

アンタッチャブル ~子供のしつけ~

ピンで活躍している山崎と芸能界休業から復帰し、メディア露出も増えてきた柴田。それぞれ、「軽快なトーク」と「動物の生態を面白く伝える」という違った特徴があります。コンビの芸人はどちらかだけ人気になるという傾向もある中、二人とも需要があるというのはかなりの強みだと思います!

そろそろ、山崎と柴田2人揃ってアンタッチャブルとして漫才を披露している姿をもう一度見て見たいな、なんて思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ