【感動】玉置浩二の業界の人も認める天才ぶりがすごすぎる!

圧倒的な歌唱力で聞く人を魅了してやまない玉置浩二さん。その音楽性や歌唱力は、誰からも天才と言われ支持され続けています。年齢を重ねても第一線で活躍されているその変わらないその歌声の底力は一体どこから来ているのでしょうか?玉置浩二さんの天才っぷりを見てみましょう。

玉置浩二さんのプロフィール

1958年に北海道で生まれた天才玉置浩二さんは、1973年に「安全地帯」のバンドを結成し、井上陽水さんのバックバンドとして上京を果たします。

その後、「安全地帯」のボーカルとして活躍後、ソロになり、俳優にも挑戦するなど、精力的に活動の幅を広げています。

1986年に公開された『プルシアンブルーの肖像』を筆頭に数々のドラマや映画に出演し、役者としても活躍しましたが、1996年の大河ドラマ『秀吉』では、室町幕府第15代将軍足利義昭に大抜擢され、初大河ではありましたが、彼にとっては、はまり役で役者としても存在感を高めました。

ここ数年は役者としての活躍はあまりなく、少し残念ではあります。

私生活では1983年に初めて一般人の女性と結婚してから、薬師丸ひろ子さん、キーボード奏者の安藤さと子さん、と三度の離婚を経験した後、現在青田典子さんとご結婚されています。
4度の結婚は、天才であるが故でしょうか??

また、天才である方にしばし見受けられるような!?もともと感情の起伏が激しいと言われる玉置浩二ですが、彼の数々の恋愛経験は、間違いなく彼の切ない歌声や心を強く揺さぶられるメロディーなどに影響しているのでしょう。

玉置浩二さんの天才過ぎる音楽性

玉置浩二さんの持って生まれた天才すぎる音楽性は、甘い歌声はもちろんのこと、その歌唱力にも圧倒されてしまいます。

しかし、彼の歌により感動するのは、私たち一般人だけでなく、業界の人もまた同じで、業界の人をもうならせる歌唱力なのです。

以前テレビで音響スタッフやミキサー、ボイストレーナーなど普段から歌手の人と一緒に仕事をしている音楽のプロが選ぶ「本当に歌がうまいランキング」でも玉置浩二さんは2位に大きく差をつけて堂々の1位となりました。

玉置浩二さんの天才っぷりは、業界人の間でもすでに周知のとおりだったのですね。

玉置浩二さんの歌手からの「天才」の評価

音楽のプロといえば、他の歌手の方たちからの玉置浩二さんへの評価も気になるところです。

Mr. Childrenの桜井和寿さんは玉置浩二さんとのテレビでの対談で彼のことを「天才」と認める発言をしていますし、山下達郎さんはやラジオで「日本で最も過少評価されている歌手」と玉置浩二さんの天才ぶりをこのように表現していました。

さらに、コブクロの黒田俊介さんは、番組内で「玉置浩二は日本で一番歌がうまい」とまで言い、いかに一目置き、尊敬しているかが伺い知れる発言をしています。

EXILEのAtsushiさんにおいては、玉置浩二さんの歌声を生で聴き、天才ぶりに直に触れて感化され、弟子入りして玉置浩二さんの自宅にまで行き指導を受けたり、コンサートにも足下く通うなどして交流を深めているようです。

このように、一流のアーティストからもすばらしい評価を受けている玉置浩二さんの歌唱力は天才的で本物なのです!

玉置浩二の天才的な曲作り

「安全地帯」としてデビューしてから30年以上あまり第一線で活躍されている玉置浩二さんですが、その天才ぶりは、曲作りにもいかんなくなく発揮されています。

玉置浩二さんの作曲の原点は童謡にあると言われており、考えてみれば玉置浩二さんが作る誰もが共感するメロディー、歌詞という点において、童謡との共通点も多いですね。

ドラマや映画などの楽曲では、ラストのシーンを想い描いて曲がそのシーンにどのように寄り添うことができるか考えながら作っているといいます。

しかも、彼の作曲センスは全く枯れることがなく、毎日でも生む出すことができるそうで、以前番組内でも即興で歌を作ってみたりもし、彼の天才ぶりを惜しみなく私たちに見せつけたのでした。

まさに、天才しかできない技ですが、彼の頭の中には、まだまだ生み出されていない歌の卵がたくさん詰まってそうです。

玉置浩二さんの天才ぶり まとめ

玉置浩二さんがいかに天才で日本の音楽シーンをずっと牽引し、第一線で活躍してきたかをお伝えしてきました。

今後ハリウッド映画などにも楽曲を提供し、玉置浩二さんの名と歌声を世界の人に知ってもらいたいものですよね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ