Fate stay nightのサーヴァント一覧!サーヴァントは何人いるのか?

    Fateのサーヴァントは死んだ英雄を使い魔として召喚した存在です。Fateシリーズではサーヴァントの数も増えて魅力的なキャラクターがたくさん登場しています。今回はFateシリーズの原点であるFate stay night のサーヴァントを紹介していきます。

    Fateシリーズのサーヴァントとは?

    死後に英霊化した英雄を聖杯の魔力で使い魔として召喚されたのが、Fateシリーズにおけるサーヴァントです。

    ただし、英雄そのものを呼び出すわけではなく、サーヴァントはその英霊の各クラスに合わせて作られたコピーのような存在にすぎません。

    そのため、サーヴァントの強さと英霊本体の強さは一致しません。

    サーヴァントはセイバー(剣士)ランサー(槍兵)アーチャー(弓兵)ライダー(騎兵)バーサーカー(狂戦士)キャスター(魔術師)アサシン)の7クラスが存在します。

    例外となる特殊なクラスのサーヴァントも存在しますが、基本のクラスのサーヴァントと入れ替わるので聖杯戦争のサーヴァントは基本的に7人と決まっています。

    ただ、例外的に第5次聖杯戦争には8人、場合によっては9人のサーヴァントが登場します。

    今回はFate stay nightに登場したサーヴァントをご紹介します。

    Fate stay night のセイバーのサーヴァントは誰?

    Fate stay night のセイバーのサーヴァントの正体はアーサー王です。

    性別が変えられているので、セイバーの正体が分かった人は少なかったようです。

    マスターは主人公の衛宮士郎でFate stay nightのヒロインの1人でもあります。

    本来は相当強力なサーヴァントですが、マスターの魔力不足で弱体化していて、宝具のエクスカリバーを打つのが難しい状態になっています。

    Fate stay night のアーチャーのサーヴァントは誰?

    Fate stay night のアーチャーのサーヴァントの正体はまさかの主人公の衛宮士郎が英霊化した存在で真名はエミヤ。

    風貌がすっかり変化していて、身長がかなり高くなっています。

    宝具のアンリミテッドブレイドワークスは他の英雄の宝具を複製して使用するもので、非常に強力。

    ゲート・オブ・バビロンに似た効果の宝具ですが、常に先手を打てるということで、ギルガメッシュには相性の良い宝具です。

    Fate stay night のランサーのサーヴァントは誰?

    Fate stay night のランサーのサーヴァントがアイルランドの光の御子と呼ばれるクー・フーリンです。

    サーヴァント適性がいくつもあり、Fate グランドオーダーではキャスターとして登場します。

    キャスターなのに杖を槍のように使用して戦う辺り、槍兵であることにはこだわりがあるようです。

    目撃者の士郎を躊躇なく殺そうとするように、戦闘に関しては徹底して冷徹な性格。

    反面、それ以外の場面では気さくな人物で面倒見も良く、途中から協力してくれる展開が多いです。

    Fate stay night のライダーのサーヴァントは誰?

    Fate stay night のライダーのサーヴァントはギリシャ神話のメドゥーサです。

    設定上は髪は蛇になっているようですが、そうは見えません。

    仮のマスターの命令で冷酷な行動を取りますが、本来の性格はかなり異なります。

    悪意を向けられた被害者ながら追い詰められて次第に歪んでいった悲劇的な境遇の持ち主のため、似た境遇の間桐桜を常に思い遣っています。

    元々は攻略対象になるヒロインとして設定されていたらしいです。

    Fate stay night のキャスターのサーヴァントは誰?

    Fate stay night のキャスターのサーヴァントはギリシャ神話で裏切りの魔女と呼ばれるコルカスの王女メディアです。

    目的のためには手段を選ばない冷酷で残忍な悪女に見えますが、これは自分が裏切られ続けた反動によるもの。

    裏切られた続けた分、誠実な人間には弱いです。

    Fateの世界観における魔術師らしい魔術師と言えますが、根っこの部分では悪人になりきれません。

    命の恩人である葛木宗一郎に対する態度を見ていれば、彼女の本質がよく分かります。

    Fate stay night のバーサーカーのサーヴァントは誰?

    Fate stay night のバーサーカーのサーヴァントはギリシャの大英雄ヘラクレスです。

    非常に強力なサーヴァントですが、他のクラスで召喚した方が強いと言われています。

    キャスター以外のクラスには適性を持ち、適性の多さではFateシリーズのサーヴァントの中でもトップと言われています。

    狂化で理性を失っていても、マスターに対して強い忠誠心を示します。

    Fate stay night のアサシンのサーヴァントは誰?

    Fate stay night のアサシンのサーヴァントはまさかの佐々木小次郎です。

    アサシンは暗殺者として適性のある英雄がサーヴァントになるはずですが、非正規のサーヴァントとして召喚されたため暗殺者としてのスキルは皆無です。

    正式な宝具も持たず、己の剣技だけで戦います。

    ステータスは低めですが、敏捷性はFate stay night のサーヴァントで最高。

    剣技ではFate stay nightのサーヴァントの中では圧倒的と呼ばれかなりの強さを誇ります。

    Fate stay night のサーヴァント、真アサシンとは?

    Fate stay night のアサシンのサーヴァントとして本来召喚されるはずだったため、真アサシンと呼ばれるのがハサン・サッバーハです。

    暗殺者の上に属性が「秩序・悪」という事、更に衝撃的な登場シーンから明らかに悪人に思われがちですが、主人は絶対に裏切らない義理堅い人物です。

    stay night後の作品でも、子供に優しかったり精神の高尚さを見せるなどの人格者として側面が描かれる、なぜ「秩序・悪」なのか謎の人物。

    まあ属性は同じ人物でも立場によって変わるので、アサシンだから「秩序・悪」なのであって性格とは必ずしも関係ないのかもしれません。

    戦闘では罠や策謀を巡らせるなどアサシンらしい戦いを見せます。

    Fate stay night の8人目のサーヴァントとは?

    本来存在しない8人目のサーヴァントが古代メソポタミア、ウルク王朝のギルガメッシュです。

    前回の聖杯戦争でアーチャーのサーヴァントとして召喚されたギルガメッシュが受肉しているため、5次の聖杯戦争とは無関係に存在しています。

    最古の英雄で作中では英雄王と呼ばれています。

    全ての宝具の原典を所有して使用できる宝具ゲートオブバビロンを持つ破格のサーヴァントです。

    ギルガメッシュ独自の宝具であるエヌマ・エリシュは規格外にして、最強の宝具と呼ばれています。

    これを使われたら誰も勝てないと言われますが、傲慢な性格のため慢心していて、基本的に使いません。

    そもそも、この性格でなければ他のサーヴァントには勝ち目がないでしょう。

    年々Fateシリーズのサーヴァントが増える中でも、常に最強クラスのサーヴァントであり、Fate stay nightでは間違いなく最強のサーヴァントでしょう。

    Fate stay nightのサーヴァントについてまとめ

    Fate stay nightのサーヴァントについてご紹介しました。

    この作品は本当にキャラクターが良く作りこまれていて魅力的だなと思います。

    ヘブンズフィールの映画が公開されて、ステイナイトの全ルートのアニメが見られるようになり、派生作品でさらにサーヴァントの数も増えています。

    フェイトシリーズの更なる飛躍に期待しましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ