【動画あり】perfumeのキレある美しすぎるダンスのCMが見たい!

    誰もが知っている大人気のperfumeはキレキレのダンスも見どころ!そんなperfumeはCMには最高なパフォーマンスをしてくれますよね!美しすぎるダンスの曲を使った今年2017年までのCMを動画とともにご紹介していきます。

    CMの前にperfumeのこと

    Perfume(パフューム)は、アミューズ所属の中田ヤスタカがプロデュースする日本の女性3人組テクノポップユニットです。
    メンバーは、樫野有香(かしゆか)、西脇綾香(あ〜ちゃん)、大本彩乃(のっち)の三人グループ。三人とも広島県出身の同級生でとても仲が良いんです。
    曲は、テクノポップ、EDM、エレクトロ・ポップが特徴。
    perfumeというグループ名は英語で香水を表す言葉なんだそう。グループ名としての由来は、結成時のメンバー(西脇綾香・樫野有香・河島佑香)全員の名前に「香」の文字が入っていたことにちなんでいるらしいのですが、河島がグループを脱退し、大本彩乃が加入したため、グループ名の由来を「香りは人の気持ちを和ませたり、楽しい気持ちにさせたりできるので、私たちもそういう存在になりたいという気持ちを込めて、英語で香水を意味するPerfumeというグループ名にした」と説明するように変わったそうです。
    現在は日本や海外でも大人気で、とても広く活動の幅を広げています。

    perfume AC・NHK共同 環境・リサイクルキャンペーンCM

    2007年放送のAC・NHK共同 環境・リサイクルキャンペーンCM 「リサイクルマークがECOマーク。」にperfumeがCM出演しています。
    曲はポリリズムで、テーマのエコにピッタリの曲ですね!
    ダンスの振り付けもポリリズムのダンスを踊っています。
    曲とエコがすごく注目され話題になったこのCMですが、これをきっかけにperfumeを知った人は多いと思います。
    このCMがperfumeにとって2つ目のCMでした。

    perfume キリンチューハイ 氷結 CM

    perfumeのキリンチューハイ氷結のCMです。
    2011年放送で、この氷結のCMは全10種類あります。
    「氷結ICE MUSIC」篇(レーザービーム)
    「氷結Sparkling」篇(GLITTER)
    「氷結MAGICAL MUSIC」篇(Spring of Life)
    「氷結MAGIC MOMENT」篇(Hurly Burly)
    氷結 やさしい果実の3%で
    「やさしい氷結、誕生」篇(微かなカオリ)
    「氷結Balloon」篇(ポイント)

    種類はこれですが、バージョンがあってレーザービームだけでperfume本人の映像はなしの2パターンとperfume本人が歌ってダンスをしているCMとperfumeがアニメ化されて踊っている4バージョンと、微かなカオリで2バージョン、あとは各1パターンずつで全10種です。
    動画はこの10種が全て見られるのでぜひ見てみてください!
    氷結のイメージにピッタリのさわやかなCMです。
    おすすめはやはり話題のperfumeの三人がアニメ化されているCM。クオリティが高くて、最後にアニメから実写に戻る瞬間はびっくりしてしまいます!

    perfume カンロ ピュレグミ CM

    perfumeのカンロ ピュレグミCMです。
    これは2012年と2013年の放送で、全2種類あります。2012年「恋の味」篇の曲はコミュニケーション。
    2013年『ピュレグミは、恋の味。』篇の曲はMagic of Loveが使用されています。
    コミュニケーションのCMのほうは、カラフルでポップなCMなので可愛い恋をイメージさせてくれます。Magic of LoveのCMはコミュニケーションとは対照的にシックで大人な恋をイメージさせてくれるようなCMになっています。
    なんとも、ピュレグミが食べたくなってしまうCMです。

    いかがでしたでしょうか?

    今回は、perfumeの有名なCMをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
    ご存知のCMはありましたか?
    perfumeの曲はほとんどがCMに使われていますが、それは曲がテーマのあるものが多いのと、perfumeのそろった綺麗なダンスがCMに起用しやすいのが大きな理由何ではないかと思います!
    是非今回ご紹介したCM以外にもperfumeはエーザイチョコラBBのCMやサンスターOra2などのCMに出演しているので見てみてくださいね!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ