記事ID129394のサムネイル画像

世界で活躍する錦織圭!トッププレイヤーの中では身長が低い!?

世界で活躍する錦織圭選手ですが、トップ選手と錦織圭選手が一緒に写っている写真を見てみると、とても身長が小さく見えることがありませんか?日本人は欧米人と比べて小さいのは周知の事実ですが、テニスには身長がどのように影響するのか!しらべてみました。

錦織圭(にしこりけい)のプロフィール

錦織圭のプロフィール

生年月日:1989年12月29日
身長:178cm
体重:75kg
特技:ジャックナイフ(エアK)・また抜きショット
出身地:島根県松江市

錦織圭といえば、バックハンドストロークでジャンプをしながら、高い打点でボールを打つジャックナイフという得意技、通称「エアK」が有名になりました。
身長が高くない錦織圭の武器として生まれた技です。
そのカッコ良ささから、テニスをしている子供なら、1度はチャレンジしてみたことがある技です。

錦織圭の「エアK」

得意技に自分の名前が入って有名になったのも、ご両親の「世界で活躍してほしい」とという思いのもと名付けられた「圭」という名前が関係しているかもしれません。
ご両親は広い世界で活躍し、名前を憶えてもらえるようにと、海外でも呼びやすい「圭(KEI)」という名前を名付けたそうです。

錦織圭はどんな子供だった?身長は小さかったの?

5歳の時からテニスを始める

錦織圭がテニスを始めたのは5歳の時。
父と4つ離れた姉と公園でテニスをしたのが始まりです。
そのほかにも、水泳やサッカーも習っていた錦織圭。
ご両親が子供のいろいろな可能性を試すために習わせていたようです。

しかし、その中でもテニスの才能が抜きんでており、小学生になるころには週4回テニススクールに通っていたとか。
そして小学年6年生の時、全国選抜ジュニアテニス選手権大会という全国大会優勝を果たします。
その全国大会で後の師匠となる松岡修造の目に留まり、かの有名な「修造チャレンジ」への招待状が届くのです。

松岡修造(まつおかしゅうぞう)

ここで少し松岡修造と修三チャレンジについて解説したいと思います。

松岡修造(まつおかしゅうぞう)
生年月日:1967年11月6日
身長:188cm
体重:85kg
特技:200キロを超えるサーブ
出身地:東京都
主な経歴:世界ランク最高46位
     日本人男子初のATPツアー優勝
     ウインブルドンベスト8

修造チャレンジとは
修造チャレンジとは、将来有望なジュニア選手を松岡修造が直接指導する合宿です。
錦織圭をして、「修造チャレンジが無かったら今の自分はなかった」と言わしめるほど、テニス界では有名になったテニス合宿です。

では、その修造チャレンジで錦織圭はどのような成果を残したのでしょうか。

身長差30cmもある高校生を撃破

修造チャレンジに参加した時の錦織圭はまだ身長も小さく、いかにも「少年」という風貌でした。
しかし、試合を始めるとその才能を発揮し、身長差30cmもある、そしてトップジュニアである高校性に勝利してしまうのです!

動画を見ていただくとお分かりの通り、子供のころから特別身長が高いわけではなく、体格に恵まれていたわけではない錦織圭ですが、小学生の時に松岡修造の目に留まるほどのテニスの才能の持ち主だったことがわかります。

このころの錦織圭は自分の意見をしっかりと伝えることができず、すぐに泣いてしまうような内気な少年でしたが、
この修造チャレンジにより変わるきっかけを得たのかもしれません。

テニスの強さに身長は関係する??

アメリカへテニス留学してからメキメキ実力をつける

小学生で全国を制覇した錦織圭は、中学校に上がりアメリカへテニス留学します。
そこからめきめきと実力をつけ、ついに2007年にプロに転向しました。
この時、錦織圭は17歳でした。

プロ転向後次々とツアー優勝を果たし、途中怪我をはさみながらも2011年には世界ランクを30位まで駆け上がりました。

トップ10が視野に入り始めた錦織圭ですが、ここからトップ10に入るまで3年の月日がかかります。

もちろん、トップランカーになればなるほど、ランキングを上げるのは難しくなりますが、その中でも不利な条件の一つが身長でした。

というのも、テニスでは身長の高さが物を言う「サーブ」のターンが半分あります。
身長が高ければ高いほど、高い打点から早いサーブを打つことができるため、自分のサービスゲームを有利に進めることができるのです。
また、手足が長いことによって、より遠くのボールを取ることができるため、テニス選手にとって身長は

実際、世界ランキングトップ10の選手の平均身長は、その時によってばらつきはあるものの、185センチより大きいケースがほとんどなのです。

そんな中錦織圭の身長は178cmで、日本人の平均身長と比べれば大きいですが、トップランカーの中では低い方です。

錦織圭は身長のハンデを超えて一時世界のトップ5に!

ATPファイナルでの一幕

トップランカーの中では身長が低いというハンデを持ちつつ、錦織圭は世界のトップ8しか出場できない「ATPファイナル」という大会に出場するまでになりました。

錦織圭は、マイケル・チャンという素晴らしいコーチに出会ったことで、
サーブの球速をフォームの改善によって克服し、さらにベースラインより一歩前に出てストロークを行うというプレイスタイルに変え、一時は世界のトップ5まで上り詰めました。

ATPファイナルでの写真を見ていただくとわかる通り、錦織圭だけとても小さく見えますよね。
体格ばかりは天に授けられたものですから変えることはできません。
しかし、それを努力で克服し、世界のトップランカーになったのです!

錦織圭のテニスに身長は関係なかった!

どこまでも人を魅了する錦織圭

2017年11月現在、錦織圭は怪我で戦線を離脱していますが、それでも錦織圭の活躍を待ち望んでいるファンはたくさんいます。

錦織圭のテニスの一番の魅力は、サーブのスピードでも、リターンの速さでもなく、楽しそうにテニスをするその姿です。
錦織圭のテニスには身長は関係ありません!
今後の活躍も期待しましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ