記事ID129294のサムネイル画像

    マリオのCM特集!絵の変化もありマリオの歴史を感じるCMを紹介します

    ファミコン時代から大人気のスーパーマリオシリーズ。今も新しいゲームソフトが発売されるなどとても人気です。そんなスーパーマリオのCM、みなさんはどれくらい覚えているでしょうか。ゲームのCMだけではなくこんなジャンルのCMもあったの?と思うものまで紹介します。

    今も大人気なスーパーマリオシリーズ

    任天堂が発売しているスーパーマリオは世界中の人々に大人気ですよね。このスーパーマリオが発売されたのは、1985年(昭和60年)の9月13日です。スーパーマリオのことをスーマリ、マリオなど略称として呼ばれています。
    初めて日本でゲームが発売されて、社会現象ともいえるくらいの大ブームが起こりました。このスーパーマリオは、シリーズとして続々と発売され今もなお新しいスーパーマリオのゲームが発売されています。

    スーパーマリオの初めてのゲームCM 

    初めてファミリーコンピューターことファミコンからでた、スーパーマリオが発売された時のCMです。とても時代を感じますね。当時は本当に感動してやりこむ方が続出して大人気となりました。bgmが当時ならではの3和音でしたが、3和音ならではの良さがありますし、3和音のbgmは当時にとって曲の表現をするにあたって、とても難しい中素晴らしい曲ばかりですよね。

    最新任天堂スイッチのスーパーマリオ オデッセイのCM

    最新の任天堂スイッチから出ている、スーパーマリオ オデッセイのゲームソフトは大好評発売中ですでに人気な商品です。なんといってもこのゲームはクオリティがとてもあり、ゲーム中にたまに初代のファミコンのスーパーマリオの場面が垣間見れるシーンもあり、マリオ好きにはたまらないゲームとなっています。

    このCMはミュージカル調でジャズの曲で、とてもかっこいいですし夢が広がるような素敵なCMですね。

    スーパーマリオのCMはゲームだけじゃない!

    実は、スーパーマリオのCMはゲームだけじゃないって知っていますか?
    昔もゲームだけじゃない違うCMでもスーパーマリオが出演していました。

    スーパーマリオふりかけのCM

    1986年に永谷園から出した、スーパーマリオブラザーズとコラボしたふりかけのCMです。実際にマリオって話すんだ!と驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。このCMのマリオの声は、ガンダムのアムロ・レイの声を務める古谷徹さん。そしてピーチ姫の声は、「新婚さんいらっしゃい」でおなじみの山瀬まみさんです。ちなみに今現在はこのスーパーマリオのふりかけは売っておりません。

    実はアニメーション化されていました。ゲームから始まり、実は1986年にタイアップとして「スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!」映画が上映されました。このふりかけで出演されている、マリオは古谷徹さん、ピーチ姫は山瀬まみさん、そしてルイージは声優で有名な水島裕さん、クッパはなんと和田アキ子さんが務めました。

    マリオを題材にしたデカビタのCM

    マリオに扮する生田斗真さん、ルイージに扮する池松 壮亮(いけまつそうすけ)さん、ピーチ姫に扮する二階堂ふみさん、キノピオに扮する寺田心くんの4人がゲームの世界で一生懸命働くようなシチュエーションで大変ユニークな設定のデカビタのCMです。

    CM内で、ゲームをしている女の子がゲームをストップすると、ゲーム内の世界でも休憩できるという仕組みが面白いですよね。

    マリオがムキムキ⁉ベンツのCM

    1つ目のCMは、初代スーパーマリオのファミコンバージョン。ベンツに乗った時、一瞬ヨッシーに乗ったときの音がしていましたね。すぐクリボーに当たる弱いマリオ。なんともシュールなCMです。
    2つ目はマリオカート。実際に最初から見てみると一見普通にマリオのゲームのCMと勘違いしてもおかしくない始まり方ですよね。引っかかったような気持ちになりますね。まず思うのが、マリオがムキムキなところ、そしてピーチ姫が美人さんで驚きですね。
    これはメルセデスベンツのCMでした。

    マリオのCMはわくわくする!

    任天堂が作ったこのスーパーマリオ。発売から今に至るまで根強いファンが今もなお定着して、当時の子供からさらにその子供へと、世代を超えてファンがどんどん増えている状態です。これからもずっとこのわくわくするスーパーマリオを作り続けて欲しいですね。そしていつも楽しい気持ちになるマリオのCMにも、これからも注目していきたいですね。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ