記事ID126472のサムネイル画像

    ドラマ「MOZU」でも怪演が光った!若手俳優・池松壮亮の魅力とは?

    近年、各方面から高い評価を得ている俳優・池松壮亮さん。特にドラマ「MOZU」では難しい役どころを見事に演じきりました。このドラマで池松壮亮さんを知ったという方も多いのでは?そんな俳優・池松壮亮さんの魅力を「MOZU」も含めてご紹介しちゃいます!

    ドラマ「MOZU」とは?劇場版とのつながりは?

    ドラマ「MOZU」

    「MOZU」はWOWOWとTBS合作の2014年に放送されたテレビドラマです。
    原作は作家逢坂剛の「百舌の叫ぶ夜」と「幻の翼」の2作からなるシリーズもので、ドラマ版「MOZU」ではそれぞれ「MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜」と「MOZU Season2〜幻の翼〜」に分けられて放送されました。

    東京・銀座の繁華街で爆弾による爆発事件が起こる。白昼の惨劇に多くの人々が巻き込まれ、警視庁公安部に所属する倉木警部の妻・千尋が犠牲になり死亡する。計画的なテロか、誤爆なのか、倉木は妻が死んだ理由を知るべく独自に調査を開始する。ノンキャリアで叩き上げの大杉警部補も事件を追う過程で、倉木とぶつかりながらも協力してゆくことになる。一方、爆発事件の現場に居合わせていた公安部の明星巡査部長は、特別任務である人物を追っていた。その人物はプロの殺し屋、新谷和彦。新谷は事件当日、サイバーテログループの幹部、筧俊三の暗殺を目的に尾行していたが、爆発に巻き込まれ行方をくらます。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    日本のドラマとしては珍しく多額の予算と大規模なロケを敢行し作られた作品で、当時リアルタイムで鑑賞していた筆者もその迫力に度肝を抜かれた覚えがあります。

    劇場版「MOZU」

    またテレビ放送終了後、MOZUシリーズ完結編として劇場版も公開されました。
    主要キャストはそのままに、さらに豪華なゲストや海外ロケも加えて、ドラマ版を超えるスケールで制作されました。こちらの作品は、ドラマ版からの完全な続編となっておりますので、鑑賞される際はドラマ版を見てからにしてください。

    「MOZU」のキャストは?池松壮亮はどんな役?

    西島秀俊:倉木尚武

    「MOZU」では主人公の公安部捜査官、倉木尚武を演じています。
    1971年3月29日生まれ。東京都八王子市出身。19歳の時に受けたオーディションに合格し俳優の道へと入ります。

    近年では「MOZU」、「流星ワゴン」、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」、「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」、「クリーピー 偽りの隣人」などに出演。
    また、宮﨑駿監督の「風立ちぬ」で声優としても活動していらっしゃいます。

    主な受賞歴には、「ヨコハマ映画祭助演男優賞(2009年)」、「高崎映画祭最優秀主演男優賞(2011年)」、「日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞(2011年)」、「TVnavi ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012最優秀助演男優賞(2013年)」など多数の賞を受賞されています。

    香川照之:大杉良太

    「MOZU」では倉木の相棒、大杉良太役を演じています。
    1965年12月7日生まれ、東京都出身。父は歌舞伎役者、母は元タカラジェンヌという役者の家系です。

    出演作品には、大河ドラマ「龍馬伝」、「アンフェア」、「半沢直樹」、「キサラギ」、「20世紀少年」、「るろうに剣心」など話題作多数。

    「ヨコハマ映画祭助演男優賞(2000年)」受賞を皮切りに、「日本アカデミー賞優秀助演男優賞」や「ブルーリボン賞助演男優賞」を複数回受賞しており、名助演としてその演技を高く評価されています。

    真木よう子:明星美希

    「MOZU」では倉木や大杉とともに事件を追う女性捜査官、明星美希役を演じています。
    1982年10月15日生まれ。千葉県印西市出身。4人兄弟の唯一の女性という家庭環境のためか、男っぽい性格だとご自身で語られています。

    映画やドラマなど幅広く活動されており、「THE JUON/呪怨」、「モテキ」、「SP」など話題作はもちろんのこと、「さよなら渓谷」、「そして父になる」など文学的な小規模作品にも多数出演していらっしゃいます。

    主な受賞歴には、「報知映画賞主演女優賞(2013年)」、「ヨコハマ映画祭主演女優賞(2013年)」、「キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞(2013年)」、「日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞(2013年)」などがあります。

    池松壮亮:新谷和彦

    「MOZU」では事件の鍵を握る殺し屋、新谷和彦を演じています。
    1990年7月9日生まれ。福岡県出身。10歳のときに名作ミュージカル「ライオンキング」のヤングシンバ役を射止め舞台デビュー。その後、トム・クルーズ主演のハリウッド映画「ラストサムライ」にて映画初出演を果たします。

    映画では「愛の渦」、「紙の月」、「バンクーバーの朝日」、「デスノート Light up the NEW world」などに多数出演。

    主な受賞歴には、「日刊スポーツ映画大賞助演男優賞(2014年)」、「ヨコハマ映画祭最優秀助演男優賞(2014年)」、「キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞(2014年)」、「日本アカデミー賞新人俳優賞(2014年)」、「ブルーリボン賞助演男優賞(2014年)」などがあります。

    小日向文世:津城俊輔

    「MOZU」では警察内部の不正などを取り締まる特別監察官、津城俊輔を演じています。
    1954年1月23日生まれ。北海道三笠市出身。映画やドラマなどで主演をはることはあまりありませんが、主人公たちに関わる重要な役どころとして味わい深い演技を見せることの多い俳優さんです。

    主な出演作には、「HERO」、「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」、「ALWAYS 三丁目の夕日」、「アウトレイジ」、「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」など。

    また、「キネマ旬報ベスト・テン 助演男優賞(2013年)」を受賞したこともあります。

    伊藤淳史:鳴宮啓介

    「MOZU」の中でも唯一の三枚目キャラとして登場する警察官、鳴宮啓介を演じています。1983年11月25日生まれ。千葉県船橋市出身。出世作となったテレビドラマ「電車男」ではヒロインに恋する純朴な青年の役を見事に演じています。

    出演作には「渡る世間は鬼ばかり」、「西遊記」、「電車男」、「チーム・バチスタ」シリーズ、「とと姉ちゃん」、「CASSHERN」、「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」、「劇場版 SPEC〜天〜」、「映画 ビリギャル」など多数。

    また過去に、「日本アカデミー賞 優秀助演男優賞(2016年)」、「日本映画批評家大賞 助演男優賞(2016年)」などを受賞されています。

    圧倒的存在感!「MOZU」で見せた池松壮亮の驚くべき演技力!

    鬼気迫る演技を見せる池松壮亮

    豪華キャスト陣が出演する「MOZU」シリーズですが、その中にあっても池松壮亮さんの存在感は群を抜いて際立っています。殺し屋という難しい役どころであるにも関わらず、その役を見事に演じきっています。
    一見すると普通の青年にも見える役柄なのですが、ときおり見せる鋭い眼差しと鬼気迫る演技に恐怖感すら覚えます。普段の池松壮亮さんからは、想像もつかないような恐ろしい殺人鬼に変貌しています。

    物語が進むに連れて新たな一面も見せる

    ストーリーが進むにつれて、池松壮亮さん演じる殺し屋の過去が明らかになっていくのですが、その過程でそれまでの恐ろしい表情とは違う一面も見せるようになります。
    見ているこちらにまで気持ちが伝わってきてしまうような、悲しくて切ない表情です。
    ひとつのドラマの中で繊細な心の揺れ動きを、あまり多くを語ることなく表情だけで見せる池松壮亮さんの演技力にはただただ驚かされるばかりです。

    激しいアクションも難なくこなす!池松壮亮の運動神経は?

    アクションシーンも多い「MOZU」シリーズ

    次から次へと謎が生まれる展開も魅力のひとつである「MOZU」シリーズですが、もうひとつの魅力といえばやはり激しいアクションシーンでしょう。格闘やカーアクションも含めて、登場人物たちの体を張ったアクションも今作の見どころのひとつです。
    もちろん、池松壮亮さんも例外ではなく、手に汗握るアクションシーンが繰り広げられます。また、役どころとして高い身体能力の持ち主、という設定もあり池松壮亮さん自身撮影中はかなり苦労されたはず。
    そう思いながら調べていくと池松壮亮さんの意外な過去が明らかになりました。

    子供時代は野球少年だった池松壮亮

    なんと少年時代は、小・中・高と野球部に所属しており、一時はプロ野球選手も目指していたという池松壮亮さん。特に象徴的なのは、子役オーディション受験を嫌がる池松壮亮さんを「野球カードを買ってあげるから」という言葉で釣って受験させたというエピソードがあります。
    それほど野球が大好きだったんですね。
    こういう経歴を見ると、「MOZU」のあの激しいアクションシーンを見事に演じきれた理由もわかります。おそらく、小・中・高と役者の仕事と並行しながら行っていた野球が、あの激しいアクションシーンをこなすまでの運動神経を培っていたのではないでしょうか。

    「MOZU」での怪演が光る!若手俳優・池松壮亮の魅力まとめ

    「MOZU」シリーズを通してお伝えしてきた池松壮亮さんの数々の魅力、皆さんには伝わりましたでしょうか?
    「MOZU」以外の作品でも色んな一面を見せてくれている池松壮亮さんですが、個人的には特にこの「MOZU」作品での池松壮亮さんの演技が好きです。というのも筆者自身、池松壮亮さんという役者さんを意識するようになったのがこの作品がきっかけだったからです。

    もしまだ未見の方は是非ご覧ください。
    そしてご覧になられる際には是非、池松壮亮さん演じる新谷に注目してみてくださいね!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ