記事ID126467のサムネイル画像

    日本のサムライ香川真司はサムライブルーを背負って世界で活躍!

    現在、ボルシアドルトムントに所属している香川真司はサムライブルーの頼もしい司令塔です。世界の舞台でもサムライ魂を胸に秘め、大活躍を続けています。サムライブルーを引っ張っていってくれる香川真司の活躍からは今後も目が離せません。

    サムライブルーの司令塔である香川真司は海外リーグで大活躍!

    サッカー日本代表、通称「サムライブルー」は世界に通用する力をつけてきており、今やワールドカップの常連となっています。サムライブルーはワールドカップで好成績を残すことを日本国民から期待されており、多くのスター選手を抱えながら日の丸を背負って戦っています。そのサムライブルーを牽引している選手の一人が香川真司です。

    香川真司は2010年にボルシア・ドルトムントに移籍し、その後2012年から2014年にはイングランドの強豪マンチェスターユナイテッドにも所属していました。2014年以降、ボルシア・ドルトムントに再び所属しており、世界中の注目を集める選手にまで成長を遂げました。まさに、世界中にサムライのスピリットを伝えた選手です。

    香川真司は日本でセレッソ大阪に所属!そのころからサムライとして大活躍!

    香川真司は日本時代にはセレッソ大阪に所属していました。セレッソ大阪は海外クラブに多くの選手を輩出しています。その多くはサムライ魂を胸に活躍しています。例えば、バルセロナやレアルマドリード相手にゴールを決めているエイバルの乾貴士や現在は日本に戻ってきている清武弘嗣などがいます。

    香川真司はセレッソ大阪に所属している際もサムライとしての片鱗を見せ始めていました。セレッソ大阪がJ2に所属をしていた際には1年に27ゴールとゴールを量産し、セレッソ大阪のJ1昇格の大きな原動力となりました。

    セレッソ大阪の最後の試合で魅せる!

    香川真司がセレッソ大阪で最後の試合に挑んだのは2010年5月15日のヴィッセル神戸戦です。この試合、香川真司は自身初となる直接フリーキックを決め、大きな期待を背負いながら海外へと挑戦していきました。まさに、日本での有終の美を飾るところがサムライのようです。

    香川真司はブンデスリーガでサムライ魂を発揮!

    2010年にボルシア・ドルトムントに移籍した香川真司はドルトムントに勢いをもたらしました。移籍初年度は2011年1月のアジアカップの際に負傷し、4か月の離脱を強いられましたが、それにもかかわらず、ドイツのキッカー誌によるブンデスリーガベストイレブンに選出されました。香川真司の力もあり、ドルトムントは2010-2011年シーズンにおいて9年ぶりにリーグ優勝を果たしました。

    また、翌年も香川真司はコンスタントに試合に出続け、ドルトムントはリーグ連覇を果たし、さらには国内カップのDFBポカールとブンデスリーガの2冠を達成しました。

    マンチェスター・ユナイテッドでも優勝に貢献!

    香川真司は2012年にドルトムントを離れ、イングランドの強豪マンチェスター・ユナイテッドに移籍をしました。香川真司はサムライのようにまじめに練習に取り組み、強豪チームであるマンチェスター・ユナイテッドには強力なライバルもいたため、出場機会も限られましたが、それでもチームの躍進に貢献し、2012年にはチームのリーグ優勝をもたらしました。

    再びドルトムントで香川真司はサムライとなる!

    香川真司はマンチェスター・ユナイテッドで出場機会に恵まれず、2014年に再びボルシア・ドルトムントに移籍をしました。以前在籍していた際にも指揮をとっていたクロップ監督との信頼関係は厚く、一時はスタメンを外されることもありましたが、サムライの底力を発揮し、再びスタメンに返り咲きました。
    また、クロップ監督の後任であるトーマス・トゥヘル監督からも一定の信頼を得ることが出来、再びブンデスリーガに戻ってきた後に、サムライの勝負強さを活かし、日本人で最多のブンデスリーガ38ゴールを決めました。

    香川真司はドルトムントでも日本代表でも立派なサムライ!

    香川真司は強いサムライ魂を持った選手で、クラブチームや日本代表でサムライとしてチームを牽引しています。サムライブルーは香川真司をはじめとしたサムライたちによって躍進を続けていきます。サムライの国日本が世界の頂点に立つ日もそう遠くはないかもしれません。また、今後も香川真司の活躍から目が離せません。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ