記事ID126453のサムネイル画像

    人気モデル西内まりやさんに学ぶ!スタイル維持に効果的な3つの方法

    女性から圧倒的な支持を受けているモデル・女優・歌手の西内まりやさん。彼女の魅力はなんといってもスタイルの良さ。小顔ですらっとしたそのスタイルはたくさんの人々を魅了します。そんな西内まりやさんが日々行っているというスタイル維持に効果的な方法をいくつか紹介します。

    はじめに:西内まりやさんってどんな人?

    まずは、この記事の主役であります西内まりやさんがどんな人かを簡単に紹介します。
    西内まりやさんの基本情報はこちら。

    愛称 うっぴー、まりやんぬ
    生年月日 1993年12月24日
    現年齢 21歳
    出身地 福岡県福岡市
    血液型 A型

    西内まりやさんは2007年にローティーン向けの雑誌である「ニコラ」のモデルに選ばれ、卒業後は「Seventeen」で活躍しました。その後、女優デビュー、歌手デビューと続き、溢れる才能をいろいろな場所で発揮し、若い世代を中心にとても注目を集めています。

    西内まりやさんはなんといってもそのスタイルの良さがウリです。
    そのスタイルは・・・
    身長170cmに対して体重が47kg!
    女性であればこの慎重に対して体重が50kgを切っていることは、西内まりやさんがどれだけ素晴らしいスタイルを持っているかが一目で分かるかと思います。

    美人で歌も歌えて、さらにこんな素敵なスタイルを持っていれば、世の女性は皆うらやましがっていると思いますね。

    西内まりやさんのスタイル維持方法その1:低GIの食事をとる

    ここからは、西内まりやさんが実践しているスタイル維持方法を紹介していきます。
    西内まりやさんが実践しているスタイル維持方法、一つ目は「低GI」の食事を心がけることだそうです。

    GI値とは、その食品が体内で糖に変化し、血糖値の上昇スピードを表す指標のことです。血糖値をゆっくり上げるような食材を選び食事をすることで肥満のもととなるインシュリンの分泌を抑え、太りにくい身体にすることができます。
    白米の代わりに玄米を。野菜もジャガイモやニンジンなどの根菜類を減らして葉物を多くとるようにしましょう。炭水化物・糖質を減らしてタンパク質を多め取るとばっちりです。

    おやつもケーキやクッキーなど甘いものを食べたくなりますが、自然のものをなるべく選ぶようにしましょう。西内まりやさんはスタイルを維持するためにナッツや昆布などを小まめに摂取しているようです。

    西内まりやさんのスタイル維持方法その2:全身鏡で自身を見つめる

    西内まりやさんの実践するスタイル維持方法、二つ目は「全身鏡で自信を見つめる」ことです。

    毎日鏡の前に立って全身をくまなくチェックすることで、日々の体の変化に気づけるようになります。顔色が悪い、むくんでいる…身体から出ている危険信号を素早くキャッチできるようになれば、対策もすぐとることができますね。
    また、毎日鏡を見ることでダイエットへの意識付けを高めることができます。ダイエットというものはどうしても途中でやる気が無くなってしまいがちですが、そんなモチベーションを維持したいときにもこの方法は役に立ちそうです。

    西内まりやさんのスタイル維持方法その3:リンパマッサージ

    西内まりやさんが実践しているスタイル維持方法3つ目は、リンパマッサージ、いわゆるコルギです。

    コルギとは骨と筋肉に圧力をかけるマッサージ方法のことを指します。
    圧力をかけてマッサージをすることでリンパの流れを促し、老廃物を流す効果が期待できます。血液の流れを良くすることができるため、基礎代謝アップやむくみ解消などの効果が期待できるのです。

    西内まりやさんは、気になる箇所がある際はその部分に徹底的にコルギマッサージを行っているようです。短期間で集中してダイエットを行いたい際は有効でしょう。

    おわりに:健康的にスタイルを維持しよう

    いかがでしょうか?スタイル維持のために参考になる方法はありましたか?
    西内まりやさんのスタイル維持方法を振り返ってみると、どれも無理なく行えるものばかりだということが分かります。日々の中にちょっと取り入れてみるだけで綺麗なスタイルを維持できることはとても嬉しいですね。これらをストレスなく行えるからこそ、西内まりやさんは日々とっても輝いて生き生きと活躍されているのでしょうね。
    みなさんも、西内まりやさんが実践しているスタイル維持方法を真似して、彼女に負けないくらいの素敵なスタイルをゲットしてくださいね!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ