24時間テレビと言えばチャリティマラソン!歴代ランナーまとめ

    毎年ついつい応援してしまう24時間テレビのチャリティマラソン。そんな歴代ランナーですが、今まで誰が走ったか覚えていますか?今回は、これまで走った24時間テレビの歴代ランナー、総勢24組を、走った当時の年齢と走行距離と一緒にまとめてみました。

    24時間テレビと言えばチャリティマラソン!

    日本テレビの24時間テレビと言えば、チャリティマラソンですね。毎年走者は誰なのか、無事に完走できるのか話題になっています。そんな26年間続いているチャリティマラソンの歴代走者を、走った当時の年齢と走行距離と一緒にチェックしてみましょう。

    24時間テレビの歴代ランナー・1992年~2000年

    24時間テレビ歴代ランナー1・間寛平

    ・1992年、43歳、153km
    ・1993年、44歳、200km
    ・1995年、46歳、600km

    記念すべき最初のランナーは間寛平さんで、3回にわたってランナーを務めています。1995年は、阪神淡路大震災があったため、神戸から東京の600kmを1週間かけて走りました。

    24時間テレビ歴代ランナー2・ダチョウ倶楽部(1994年)

    肥後・寺門31歳・上島33歳、100km

    2代目のランナーは1994年のダチョウ俱楽部でした。3人同時での挑戦が話題になりました。

    24時間テレビ歴代ランナー3・赤井英和(1996年)

    37歳、100km

    1996年のランナーは赤井英和さんでした。たすきリレーのアンカーとして、赤井さんが100kmを走りました。

    24時間テレビ歴代ランナー4・TOKIO山口達也(1997年)

    25歳、100km

    ジャニーズ事務所所属で初のランナーは、1997年に走ったTOKIOの山口達也さんでした。

    24時間テレビ歴代ランナー5・V6森田剛(1998年)

    19歳、100km

    1998年は、前年に引き続き、ジャニーズ勢のV6・森田剛さんが19歳で挑戦しました。

    24時間テレビ歴代ランナー6・にしきのあきら(1999年)

    50歳、110km

    1999年のランナーは、「スターにしきの」こと、にしきのあきらさんが50歳で挑戦しました。

    24時間テレビ歴代ランナー7・トミーズ雅(2000年)

    40歳、150km

    2000年のランナーは、トミーズ雅さんでした。マラソン経験者でもあることから、150kmという長距離を無事に完走しました。

    24時間テレビの歴代ランナー・2001年~2010年

    24時間テレビ歴代ランナー8・研ナオコ(2001年)

    48歳、85km

    2001年のランナーは、当時初の女性ランナーである研ナオコさんでした。女性ランナーの中では歴代最年長でもあります。

    24時間テレビ歴代ランナー9・西村知美(2002年)

    31歳、100km

    2002年のランナーは前年に引き続き女性の西村知美さんが無事に100kmを完走しました。

    24時間テレビ歴代ランナー10・山田花子(2003年)

    28歳、110km

    2003年は、引き続き女性ランナーの芸人・山田花子さんが110kmを走り切りました。

    24時間テレビ歴代ランナー11・杉田かおる(2004年)

    39歳、100km

    2004年も引き続き女性ランナーで、子供のころから女優として活躍する杉田かおるさんが走りました。

    24時間テレビ歴代ランナー12・丸山和也(2005年)

    59歳、100km

    2005年のランナーは、当時「行列のできる法律相談所」の人気弁護士として活躍していた丸山和也さんでした。

    24時間テレビ歴代ランナー13・アンガールズ(2006年)

    田中・山根ともに30歳、100km

    2006年のランナーは、「ジャンガジャンガ」で人気のお笑いコンビ、アンガールズの2人でした。

    24時間テレビ歴代ランナー14・萩本欽一(2007年)

    66歳、70km

    2007年は、仮装大賞でもおなじみの、欽ちゃんこと萩本欽一さんが70kmを走りました。

    24時間テレビ歴代ランナー15・エド・はるみ(2008年)

    年齢非公表、113km

    2008年のランナーは、「グゥ〜」のネタで人気だった女芸人、エド・はるみさんでした。

    24時間テレビ歴代ランナー16・イモトアヤコ(2009年)

    23歳、126.585km

    2009年のランナー、イモトアヤコさんは、フルマラソンの3倍の距離を完走しました。

    24時間テレビ歴代ランナー17・はるな愛(2010年)

    38歳、85km

    2010年のランナーは、初のニューハーフランナーとして話題になった、はるな愛さんでした。

    24時間テレビの歴代ランナー・2011年~2017年

    24時間テレビ歴代ランナー18・徳光和夫(2011年)

    70歳、63km?

    2011年のランナーは徳光和夫さんでした。走行距離はネットでは様々に推定されています。

    24時間テレビ歴代ランナー19・佐々木健介・北斗晶一家(2012年)

    佐々木健介46歳・北斗晶45歳・佐々木健之介13歳・佐々木誠之介9歳

    2012年は家族でのリレーマラソンで、合計120kmを走りました。

    24時間テレビ歴代ランナー20・森三中、大島美幸(2013年)

    33歳、88km

    2013年は、森三中の大島美幸さんが、減量前の体重88kgに合わせて、88kmを走りました。

    24時間テレビ歴代ランナー21・TOKIO城島茂(2014年)

    43歳、101km

    2014年は、1998年の森田さん以来16年ぶりのジャニーズ、TOKIO城島さんが走りました。

    24時間テレビ歴代ランナー22・DAIGO(2015年)

    37歳、100km

    2015年はDAIGOさんが挑戦し、完走後に北川景子さんにプロポーズしたことも話題になりました。

    24時間テレビ歴代ランナー23・林家たい平(2016年)

    51歳、100.5km

    2016年は、笑点でおなじみの落語家、林家たい平さんが100.5kmを完走しました。

    24時間テレビ歴代ランナー24・ブルゾンちえみ(2017年)

    27歳、90km

    2017年は、ランナーの発表が当日になったことも大きな話題になったブルゾンちえみさんでした。

    24時間テレビの歴代ランナー・まとめ

    総勢24組の歴代ランナーをご紹介しました。毎年ついつい応援してしまう24時間テレビのチャリティマラソン、来年は誰が走るのか今から楽しみですね!

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ