記事ID125633のサムネイル画像

    身体を張ってチャレンジ!いとうあさこがイッテqで残した伝説の数々

    いとうあさこさんを始め、数々の芸人さんがバラエティ番組の「世界の果てまでイッテq」で身体を張ったアクティビティやパフォーマンスに日々挑戦しています。そんな中でいとうあさこさんがイッテqで残した「伝説」となっている放送をいくつか紹介します。

    はじめに:イッテqとは?

    イッテqの正式名称は「世界の果てまで!イッテq」と言います。
    出演者の皆さんが世界中を飛び回って新しい発見をしたり、その場所にしかないアクティビティやイベントに挑戦をする番組です。イッテqは普段知ることが出来ないようなマニアックな国もとりあげてくれるので知らない国の習慣や伝統を知る事ができ、とても勉強になりますよ。イッテqの中でも芸人の宮川大輔さんが世界中の祭りに参加する企画はとても面白く、特に小さい子に人気ですね。

    はじめに2:いとうあさこさんとは?

    いとうあさこさんは、マセキ芸能社所属のピンの女性芸人さんです。現在47歳。あだち充先生の野球漫画「タッチ」のヒロイン、朝倉南に扮したネタで一気に注目を浴びるようになりました。その表情の豊かさやアクティブさでテレビに引っ張りだこです。舞台芸術学院ミュージカル別科卒業という経歴もあり、歌やダンスも得意です。イッテqでもその才能とキャラクターを生かし、様々なコーナーで活躍されています。

    いとうあさこイッテq伝説その一 尻パーカッション

    それでは、いとうあさこさんがイッテqで残した数々の伝説シーンを紹介しましょう。
    まずは、2017年6月に放送された「いとうあさこのミステリーツアーinスペイン」でのアクティビティです。紹介されたのは、女性のお尻を叩いてドラムのように演奏するというホルヘさん。おもむろにTバックの水着を着たいとうあさこさんを含む4人の女性をお尻を突き出す形で四つん這いにさせ、お尻を叩きだしました。いとうあさこさんは演奏中終始「痛い…!」と悶絶の表情を見せました。なんといとうあさこさんはイッテqのコーナーで人生で初めてTバックを着たのだそうです。なんとも痛々しいTバックデビューとなりました。

    いとうあさこイッテq伝説その二 ボディペインティング

    次に紹介するいとうあさこさんのイッテqでの伝説は、ボディペインティングです。普通のことだと思う方もいるでしょう。しかし、このボディペインティングをするために、いとうあさこさんは全裸になってしまったのです!(正確にはニップレスとパンツ装着)
    こちらも2017年2月に放送された「いとうあさこのミステリーツアー」という企画の中でのできごとです。肌に絵を描いて別なもののように見せることが得意なさんのもと、体に臓器を描き人体模型に扮したいとうあさこさん。裸の為、放漫なお胸がなんともセクシーな状態に。見ているこっちが恥ずかしくなる映像ですが、いとうあさこさんはちっともそのようなそぶりを見せず、堂々と外を走ってしまう事態に。いとうあさこさんのイッテqでの芸人魂、さすがです!

    いとうあさこイッテq伝説その三 ボイスパーカッション

    最後に紹介するいとうあさこさんのイッテqでの伝説は、ヒューマンビートボックスの演奏です。こちらは2017年月に放送された「温泉同好会」というコーナーでのチャレンジです。温泉同好会とは、いとうあさこさんをはじめ女性芸人さんが集まっていろいろな企画にチャレンジするコーナーです。そのコーナーの中で女性芸人さんたちは口を使っていろいろな楽器の音を出すボイスパーカッションに挑戦しました。講師はヒューマンビートボクサーのDaichiさん。プロの指導の下、見事な演奏を成し遂げました。その中でももともと歌が上手ないとうあさこさんはイッテqのメンバーや視聴者からその実力を大絶賛していました。

    おわりに:みんなは真似しないでくださいね

    いかがでしたでしょうか?いとうあさこさんがイッテqの中で残した数々の伝説ですが、これらはいとうあさこさんが持つ高いポテンシャル、挑戦する姿勢、恥を捨てる勇気、そしてなによりイッテqという番組への愛、視聴者へ最高のパフォーマンスをするぞ、という高い心意気がないとなし得ないでしょう。改めていとうあさこさんの芸人としてのプライドの高さを知る事ができました。
    さて、イッテqで伝説を残しているのはじつはいとうあさこさんに限りません。皆さんもぜひイッテqを毎週チェックして、色々な芸人さん(タレントさん)の伝説的なパフォーマンスを目にしてみてくださいね。
    くれぐれも、気軽に真似してはいけませんよ。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ