記事ID11844のサムネイル画像

安倍なつみと後藤真希は不仲?後藤真希への安倍なつみの思いとは?

「モーニング娘。」の初代メンバーである安倍なつみさん。センターとしてグループを支えてきた安倍なつみさんですが、後に後藤真希さんが加入してからはツートップと呼ばれるように。そんな2人は、不仲だったのでしょうか?安倍なつみさんが後藤真希さんに抱いていた思いとは?

安倍なつみと後藤真希は不仲だった?

モーニング娘。の全盛期のメンバーの1人である安倍なつみと後藤真希。そんな2人はかつてツートップと呼ばれるほど人気を誇っていましたが、2人は不仲であると言われていたことをご存知ですか。

実際のところはどうなのでしょうか?今回はその真相に迫ります。

後藤真希とともに全盛期を築いた安倍なつみプロフィール

出生名 安倍 なつみ
愛称 なっち
出生日 1981年8月10日
血液型 A型
身長 152cm
出生・出身地 北海道室蘭市
活動期間 1997年 〜

モー娘。の歴史も振り返えろう!初代メンバー・安倍なつみと大型ルーキー・後藤真希

モーニング娘。の結成メンバーで、今でいう所の“センター”を務めていた安倍なつみさん。
安倍なつみさんの歴史は当時のモーニング娘。の歴史と言っても過言ではないほどです!

人気を二分していた安倍なつみさんと後藤真希さんに絡めて、当時のモーニング娘。を振り返ってみます。

結成〜デビュー

 【1期】中澤裕子、石黒彩、飯田圭織、安倍なつみ、福田明日香

テレビ番組「ASAYAN!」内で結成した5人で1998年1月にデビューしました。グループ名の由来は「喫茶店のモーニングセットのような盛りだくさん感、お得感を意図して」とのことで、プロデューサーのつんく♂さんが命名しました。

後藤真希の加入

1998年5月3日 【2期】保田圭、矢口真里、市井紗耶香 加入
5月には新メンバーが3人加入し、8人での活動が始まりました。しかし翌年1999年4月18日 に初代メンバーである福田明日香さんが卒業しメンバーは7人に。

1999年8月22日【3期】後藤真希 加入
つんく♂さんをして「10年に一人の逸材」と言わしめた後藤真希さんがセンターを務める9月9日に発売の「LOVEマシーン」は、女性アイドルユニット史上最高の売り上げを誇りました。

グループは自然と安倍なつみさんと後藤真希さんのツートップ体勢に。

4期・5期メンバー加入〜後藤真希卒業

2000年4月16日 【4期】石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美、加護亜依 加入
2000年5月21日 市井紗耶香 卒業、2001年4月15日 中澤裕子 卒業

2000年は4人加入2人卒業という動きのある年でした。平均年齢がグッと下がったのもこの頃ですね。

2001年8月26日 【5期】高橋愛、紺野あさ美、小川麻琴、新垣里沙 加入
2002年9月23日 後藤真希 卒業

そして2002年、ブループ内での絶対的な人気を誇っていた後藤真希さんが卒業。モーニング娘。の転機とも言える時期です。

6期メンバー加入〜安倍なつみ卒業

2003年1月19日 【6期】藤本美貴、亀井絵里、道重さゆみ、田中れいな 加入
2003年5月5日 保田圭 卒業、2004年1月25日に安倍なつみ 卒業

勢いに少し落ち着きが出てきたこの頃、メンバー数は16人というグループ史上最多の時期でした。
デビューからちょうど6年でついに安倍なつみさんが卒業。

安倍なつみが当時の心境を吐露!後藤真希に対する思い

そんな安倍なつみさんがバラエティ番組に出演した際、モーニング娘。時代に後藤真希さんをライバル視していたことを明かし、話題になりました。

当時のメンバーは、「加入してきた後藤真希さんに対する周囲の対応が違った」と語っています。

最初から大物としてやってきた新人…、苦労してデビューしてグループを築き上げてきた安倍なつみさんからすれば、
そりゃいい気はしないですよね。

周囲も認めるほどに、安倍なつみさんと後藤真希さんはライバル関係だったといいます。
天然系の安倍なつみさんといえど、かなり精神的にくるものがあったと思います。

現在はわだかまりが溶けた安倍なつみと後藤真希!

モーニング娘。の基盤を作った安倍なつみさんと、グループの人気・知名度を一気に押し上げた後藤真希さん。当時の二人の心中は、それはもう壮絶だったのではないかと思います。
しかし現在はお互い連絡を取り合っているという話も聞きます。時間をおいて、確執やわだかまりは溶けたのではないでしょうか。

30歳を超え、大人の女性としての魅力が増した安倍なつみさん。現在でも根強いファンが大勢いる彼女の、今後の活動に期待です!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ