記事ID11303のサムネイル画像

【画像あり】黒柳徹子さん、昔はめちゃくちゃ美人だった!?【昔】

黒柳徹子さんと言えば「徹子の部屋」。黒柳徹子さんの早口なしゃべり方と独特なキャラクターは、昔から知らない人はいないのでは。TV女優第一号と言われ、今なお現役。そんな黒柳徹子さんのデビューしたばかりの頃などの昔のエピソードを、昔の画像とともに集めてみました。

唯一無二のキャラクター!黒柳徹子

黒柳徹子さんプロフィール

1933年8月9日、東京都生まれ。
1953年、芸能活動開始。

NHK放送劇団、文学座研究所を経て女優デビュー。テレビ女優の第一号である。また、テレビ誕生と同時に生まれた日本初のテレビタレントにして、テレビ創生期からテレビ番組のレギュラーを継続して持ち続けている唯一のタレント。

黒柳徹子さんの昔からこれまで

黒柳さんのご家族

父はヴァイオリニストの黒柳守綱。母は声楽家でエッセイストの黒柳朝。
弟はヴァイオリニストの黒柳紀明、妹はバレリーナでエッセイストの黒柳眞理。

黒柳朝さんの半生は、NHKの朝ドラ『チョッちゃん』のもとにもなりました。

デビューまで

東京府東京市赤坂区(現:東京都港区)に生まれました。
名前は、両親たちが男の子が生まれると思い「徹」という名前を考えていたのだが、実際は女の子が生まれたため「子」をつけて「徹子」としたそうです。

公立小学校を1年生時代に退学させられ、トモエ学園1年生に転校する。
その後、香蘭女学校、東洋音楽学校(現:東京音楽大学)で学ぶ。慶應義塾大学文学部に聴講生として通っていたことも。

NHKへ!

1952年、NHKへ入局。
女優の志望動機は、母親になった時に子供に絵本を読み聞かせられるようになりたかったからでした。
(写真はNHKドラマ『とっとチャンネル』より)

入局後、アメリカ合衆国NBCプロデューサーの「永久的な平和がテレビによってもたらせる。」という講演を聞いてプロとしての意識が目覚めたといいます。

単身ニューヨークへ

38歳のとき、「一度しっかりと演技の勉強をしたい」という気持ちから、当時はまだ女性1人で生活するには危険とされていたニューヨークへ留学。黒柳徹子を誰一人知らない環境で、演技に磨きをかけました。

黒柳徹子さんといえば、玉ねぎ頭!
ニューヨークにいた時に考えたものだそうです。

黒柳徹子さんの主な出演番組

ご存じ『徹子の部屋』

誰もが知っている番組『徹子の部屋』。
日本初のトーク番組だそうです!
黒柳徹子さんは「一切編集をしない。ほぼ生放送の状態。だからみなさん本心を話してくれるんでしょう。」と語っています。

『徹子の部屋』の衣装は、全て自前だそう。

懐かしい『ザ・ベストテン』

こちらは懐かしい!と思う方も多いのでは。
毎週、生放送で邦楽ランキング上位10曲をカウントダウン形式で発表し、ランキングに入った曲を歌手が披露するという音楽番組でした。

土曜日の定番、『世界・ふしぎ発見!』

土曜日の夜は、これという人も多いのでは。
世界各地の様々な歴史や文化の不思議に関することを紹介する番組です。
黒柳徹子さんはいつも着物姿ですよね。お似合いです。

黒柳徹子さんの昔の写真をどうぞ!!

最後に昔の黒柳徹子さんの画像を集めてみました。

女学生のころ

学生の頃の黒柳徹子さん。素朴な女学生という感じがします。

NHK時代の黒柳徹子さん

20歳頃の黒柳徹子さん。
上品な美しさがありますね。

こちらもNHK時代の黒柳徹子さん。チャーミング!

ドラマ『若い季節』に出演されていた黒柳さん。
渥美清さんと共演されていました。

38歳の黒柳徹子さん。
30代とは思えません。

ニユセフの親善大使に

1984年に国連ユニセフから親善大使として任命されました。

黒柳徹子さんは、昔もめちゃくちゃ美人だった!!

いかがでしたでしょうか?
黒柳徹子さんの昔のエピソードや出演番組、昔の画像集まで!!
昔から黒柳徹子さんはとても美しいですね。

日本のテレビ界の第一線で活躍してきた黒柳徹子さん。
ユニセフ親善大使や平和運動家としても活動されています。
黒柳徹子さんの今後の活躍にも期待ですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ