記事ID10448のサムネイル画像

濡れ場あり!?さよなら渓谷で魅せる過激な真木よう子の演技とは?

ドラマや映画で活躍中の真木よう子さん。クールなイメージとセクシーな印象で男女問わず大変に人気があります。そんな、彼女が主演の映画「さよなら渓谷」は、過激な濡れ場があると当時話題になりました。今回は真木よう子さんのプロフィールと共に、主演の映画「さよなら渓谷」についてご紹介します!必見の濡れ場シーンもお楽しみに!

「さよなら渓谷」主演の真木よう子さんのプロフィールとは?

プロフィール

真木 よう子(まき ようこ、1982年10月15日 - )は、日本の女優、歌手。千葉県印西市出身。フライングボックス所属。
身長160cm。バストサイズは以前から非公表。趣味は映画鑑賞。特技はスポーツ。

出典:http://ja.wikipedia.org

家族構成・女優になるまで

4人兄弟で唯一の娘。兄、2人の弟に囲まれた男兄弟の中で育つ。
小学生2年生の時に安達祐実主演の『REX 恐竜物語』を鑑賞し、同世代の安達が活躍しているのを見て、芸能界に入りたいと強く思った。中学3年生の時に両親に『無名塾』入りと芸能界入りを相談したところ、父から猛反対を受けるが、どうしても女優になりたかった真木は「(女優になるのを反対するなら)援助交際してやる!!」と父を脅し、芸能界入りの許可をもらった。

出典:http://ja.wikipedia.org

主な作品

映画
『パッチギ!』
『ベロニカは死ぬことにした』
『ゆれる』
『さよなら渓谷』 テレビドラマ
『SP』
『龍馬伝』
『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜』
『最高の離婚』

出典:http://ja.wikipedia.org

真木よう子さんが出演した「さよなら渓谷」の内容とは?

「さよなら渓谷」とは?

『さよなら渓谷』(さよならけいこく)は、吉田修一による日本の小説、およびそれを原作とする2013年の日本の映画。『週刊新潮』(新潮社)にて2007年7月26日号から同年12月27日号まで連載され、2008年6月に刊行された。

出典:http://ja.wikipedia.org

2013年6月22日公開。R15+に指定されている。主演は真木よう子。監督は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が第60回ベルリン国際映画祭で上映されるなど海外からも注目されている大森立嗣。実の弟である大森南朋も夫婦の秘密を明らかにする週刊誌記者役で出演している。

出典:http://ja.wikipedia.org

あらすじ

都心からほど近い山間の景勝地の渓流で幼い男児の遺体が見つかり、間もなく男児の母親・立花里美が殺害容疑で逮捕される。事情聴取で黙秘を続けていた里美が、隣人の尾崎俊介と肉体関係があったと供述を始め、俊介の妻・かなこもそれを裏付ける証言をする。記者の渡辺一彦は、事件を取材するうちに尾崎夫妻の暗い過去にたどり着く。尾崎は大学時代、野球部のエースとして将来を嘱望されていたが、夏休みのある日仲間らと共に集団レイプ事件を起こす。そんな過去を持つ尾崎に対し、なぜか完全に否定的な気持ちを持つことができない渡辺は、同僚の小林と共に事件の周辺を洗いなおす。そこで明らかになったのは、事件の被害者である水谷夏美が自殺未遂のあと行方不明になっている、という残酷すぎる事実だった。

出典:http://ja.wikipedia.org

評価そして受賞歴

完成した作品を観た原作者の吉田修一からは、6月22日に有楽町スバル座で行われた初日舞台挨拶の場で「真木よう子という女優に出会えて本当に良かったと思います」「かなこを演じてくれて、本当にありがとうございました」など賛辞の言葉がオンパレードの手紙をサプライズで読み上げられ、真木は目にうっすら涙を浮かべて聞き入っていた。吉田はこの他にも真木との対談の場で「自分が書いたカギカッコの中の文章が、まったくニュアンスが違って聞こえたり、強くなったりする」「原作者の自分でさえ価値観がガラッと変わった」と作品自体にも評価の言葉を述べている。

出典:http://ja.wikipedia.org

真木よう子さん大絶賛されていますね。それほど「さよなら渓谷」での演技が素晴らしかったのでしょう!


第35回モスクワ国際映画祭 審査員特別賞
第5回TAMA映画賞
最優秀作品賞
最優秀女優賞(真木よう子)
第38回報知映画賞 主演女優賞(真木よう子)
第37回山路ふみ子映画賞 女優賞(真木よう子)
第35回ヨコハマ映画祭
日本映画ベストテン第6位
主演女優賞(真木よう子)
第26回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞(真木よう子)
2013年第87回キネマ旬報ベスト・テン
日本映画ベストテン 第8位
主演女優賞(真木よう子)※『そして父になる』『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の演技と合わせて
第37回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞(真木よう子)
第56回ブルーリボン賞 監督賞(大森立嗣)
第23回東京スポーツ映画大賞 主演女優賞(真木よう子)

出典:http://ja.wikipedia.org

真木よう子さんは、「さよなら渓谷」だけで数々の賞を受賞しています!!

お待ちかね、真木よう子さんの「さよなら渓谷」での濡れ場シーンついてまとめてみました。

過激すぎると話題!!「さよなら渓谷」の真木よう子さんの濡れ場とは?

濡れ場の詳細とは?

映画のストーリーですが周りからは一般的な普通の夫婦に見える二人が主人公です。
その二人が実は残酷な事件の被害者と加害者だったという内容です。
残酷な事件というのがレイプという事でかなり難しい内容になっています。
しかし、その難しい内容の中にエロティックなシーンが含まれており、体当たりで演じている真木よう子さんの姿が何ともそそられるのです。
そして、この映画はスタート直前から加害者と被害者でありながらも夫婦となった二人の濡れ場からスタートしています。
しっかりとしたヌードを披露していることもあり、最初からかなり過激なシーンを堪能できるでしょう。
映画全体で絡みのあるシーンは2シーンとなっています。
この2シーンで充分に真木よう子さんの素晴らしい演技力と共に素敵な絡みを楽しめる映画です。

出典:http://www.phptunisie.net

「さよなら渓谷」で披露された真木ようこさんの過激な濡れ場ですが、いやらしい目で見てしまいがちですが、しっかりとした演技力にも注目ですね♪

予告編

「さよなら渓谷」の予告編でも冒頭から真木よう子さんの濡れ場が見れます!!

真木よう子さんの実際の濡れ場は、「さよなら渓谷」の本編でご覧下さい!!

その変わりに・・・

「さよなら渓谷」以外でもセクシー!?真木よう子さんのセクシーな画像集!!

画像集

真木よう子さんは一見細く見えますが、とてもスタイルが良いですね!!

素晴らしい!!とてもセクシーな真木よう子さんです♪

真木よう子さんは、小顔でスタイルも良いので羨ましい限りです!!

とてもセクシーな画像です!!胸が大きい!!

今後も「さよなら渓谷」のような、真木よう子さんの過激な映画の出演に期待大!!

今後「さよなら渓谷」以外でも真木よう子さんの濡れ場を見てみたいですよね!!
変な目線だけでなく、演技としても一級品なので今後の真木よう子さんの活躍に期待しています!!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ