記事ID9697のサムネイル画像

【若手女優】蓮佛美沙子のキスシーンを紹介します!!~全開ガールより

若手気鋭の女優蓮佛美沙子の最近の活躍から、『全開ガール』のキスシーンを紹介します。今回は、いわゆる恋人同士のそういうシチュエーションではなく、違った展開で現れるのですが、それは記事を読んでみてください!!

Introduction 蓮佛美沙子のプロフィールから!

蓮佛美沙子は1991年の2月27日生まれの24歳。
鳥取県鳥取市出身。
2013年には、白百合女子大学文学部児童文化学科児童文学・文化専攻を卒業し、卒業論文の代わりに絵本を作成したらしい。
将来は、児童絵本作家としてもデビューするのが夢だとか?
女優としては『七瀬ふたたび』でヒロインを演じて、一躍有名になった。

蓮佛美沙子のキスシーンがある『全開ガール』とはどんなドラマ?

男女の境がなくなりつつある今日、男女を逆転させたような、最強の女と最弱な男が繰り広げる痛快子育てラブコメディー。現代において男と女が愛することとは何かという軸を基点としつつ、昨今の子育て事情を踏まえながら、親子愛・家族愛も同時に描かれる[2]。

出典:http://ja.wikipedia.org

国際弁護士を目指す鮎川若葉は、新規採用されたばかりの外資系法律事務所が閉鎖されたが、運良く鮫島桜川法律事務所に拾われた。だが、任された仕事は所長・桜川昇子の娘の世話だった。子供も育児も大嫌いな若葉だったが仕方なく世話をすることになる。

そんな中で、最悪の出会いをし、再会することとなったのが、若葉が忌み嫌う「金なし、学なし」男、山田草太であった。子供を通じて嫌でも顔を合わせなければいけなくなった2人。全く理想と正反対の草太とかかわる中で、若葉は自分に向き合ってゆく。

出典:http://ja.wikipedia.org

蓮佛美沙子のキスシーンのお相手は・・・錦戸亮

1984年生まれの錦戸亮は現在30歳になる。関ジャニ∞のメンバー。
アイドルや俳優として活動している。
代表作は、『1リットルの涙』・ 『ラスト・フレンズ』 ・『流星の絆』など。
最近は教師役として『ごめんね青春!』で主演を務める。

蓮佛美沙子×錦戸亮~キスシーンは一体どんなシチュエーション?

第5話に蓮佛美沙子さんのキスシーンがあります。保育園のお泊り会に参加する事になり、その時新垣結衣が疲れから寝てしまったのを心配して山田草太役の錦戸亮もその場に座ったまま眠ってしまった所へ、帰ってこないのが気になった汐田そよ子役の蓮佛美沙子が保育園で座ったまま眠っている錦戸亮を見つけ、自ら近づきキスをしているキスシーンがあります。

出典:http://kissscene8.seesaa.net

キスシーンに関して『全開ガール』の評判はどうなっているのでしょうか?

ラブコメは王道で良い。
飽きたテーマという人もいるけど、ラブコメはそれでなくちゃ。
ここ数年の月9じゃ一番おもしろいんじゃないですか?
普通に笑えて、きゅんとして、うるっとできて、久々に良い!

出典:http://www.ch-review.net

キャラ弁の復元、すごく感謝してるくせに、心とは裏腹な言動。
全く素直でない主人公のこういうとこも「やまとなでしこ」に似てるね。
話の流れが見えてるけど、キャストが魅力的だから観ます!

出典:http://www.ch-review.net

なんだか、若葉より汐田さんの方が魅力ある。
性格的に反対だから余計にかな。
いや、女優としても汐田さん(蓮沸美沙子)がよく見える。Q10の時から目立ってたものね。

出典:http://www.ch-review.net

なぜか気になるこのドラマ。
新堂さんに裏はあるの?とか、汐田さんも・・・。裏を裏をみてしまう。 何より草太がいい人過ぎて・・・。
まぁ、コメディだからこんなのも有りかなぁ。

出典:http://www.ch-review.net

ではでは!!キスシーン・蓮佛美沙子×錦戸亮『全開ガール』の動画を!

後半部分に注目しましょう!ただし上手く音声が入らない可能性がありますので、以下のURLも併せて確認してみましょう。

参考URL:http://www.bing.com/videos/search?q=%E5%85%A8%E9%96%8B%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%805&qs=n&form=QBVR&pq=%E5%85%A8%E9%96%8B%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%205&sc=6-7&sp=-1&sk=#a

最後に・・・蓮佛美沙子の2015はいかに!?

NHKのドラマ『ランチのアッコちゃん』に2015年5月12日より主演するとの情報が入りました!
2015年度は主演でスタート!
ファンの人は併せてカレンダーも買っておきましょう☆

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ