記事ID55889のサムネイル画像

ピッコロの声優さんは誰?あの人気アニメも同じ声優さんなの?

『ドラゴンボール』シリーズで、当初は敵キャラ「ピッコロ大魔王」として登場したピッコロさんですが、「中の人」こと声優さんは一体どういう人で、どんなキャラを演じてこられたんでしょうか?「声優」という職業は声色を操る職人です。声優志望の方のご参考になれば幸いです。

ドラゴンボールのピッコロの声優さんとは?

知らない世代もいるでしょうし、一応復習の意味合いで。鳥山明さんの漫画作品『ドラゴンボールシリーズ』初期(悟空の少年期)における、最後の敵キャラクターです。「敵という立場から、共闘を経て仲間になる」というパターンの一つですね。

ピッコロ(マジュニア)

では、どんな方が声を担当しているのでしょうか。

古川登志夫さん

ピッコロの声優は古川登志夫さん!!

本名:古川 利夫(ふるかわ としお)
性別 :男性
出生地:栃木県栃木市
生年月日:1946年7月16日(69歳)
血液型:B型
身長:164 cm
職業:声優、俳優、ナレーター
事務所:青二プロダクション

当初は栃木から東京へ通っていたが大変だったので、一年ほど経って親元を離れ東京の兄の元で暮らすようになった。とにかく坊主頭が嫌で、東京に出れば髪を伸ばせるということも動機になったとのこと

出典:https://ja.wikipedia.org

2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』で第9位に選ばれる

出典:https://ja.wikipedia.org

ベテラン声優の古川登志夫さんですが、「ドラゴンボール」のピッコロ役以外にも様々なアニメ作品に登場をしています。

どんな作品でどんなキャラクターを演じたのか、人気作をご紹介します!

古川登志夫さん声優作品⑴『ワンピース』ポートガス・D・エース

ワンピース

現在も連載中であり、絶大な人気を誇る「ワンピース」です。
このアニメでも、ピッコロの声優さんが活躍しています。

ポートガス・D・エースの名シーン

ワンピースのエースといえば名シーンはこちらですね。

 

古川登志夫さん声優作品⑵『機動戦士ガンダム』カイ・シデン

カイ・シデン(『機動戦士ガンダム』)

「機動戦士ガンダム」のカイ・シデンの声として出演していました。
少し曲がった性格のカイを見事に演じていましたね。

カイ・シデンの名言を集めた動画をぜひチェックしてみてください!

古川登志夫さん声優作品⑶『うる星やつら』諸星あたる

超女好きでお調子者な性格。
ピッコロさんとはまるで違うタイプですが、結構違和感なく、むしろはまってましたね。
でも声優とキャラは別人。
古川さん自身、女性と話すのは苦手だそうです。

古川登志夫さん声優作品⑷『ドクター・スランプ』空豆タロウ

空豆タロウ(『ドクター・スランプ』)

ピッコロ出演作『ドラゴンボール』と同一作者の作品から。ワルに憧れる少年です。
「高校生だからタバコ吸える」とか言ってましたが、吸っちゃいけません。

古川登志夫さん声優作品⑸『ソウルイーター』鬼神・阿修羅

鬼神・阿修羅(『ソウルイーター』)

戦闘時に武器の姿を取り(普段は人型)、「魂を食べる」「武器」と「職人」がコンビを組んで戦う、という作品のキャラです。
基本的に武器が食べる魂は悪人のものなんですが、彼は善人の魂を食べさせてしまったそうです。ある意味「悪」なところが、マジュニア時代のピッコロさんですね。

古川登志夫さん声優作品⑹

あの人気アニメ「ルパン三世」のルパンとして声優経験もある古川登志夫さん。

当時出演時にはルパン三世のファンから批判的な言葉を多く浴びせられ、古川登志夫さんもかなり落ち込んでいたそうです。

この『風魔一族の陰謀』は、山田がキャスト変更をスタッフからではなく、あいさつにきた古川から知らされたことで山田が製作サイドに激怒。またファンによる大規模な抗議の投稿などもあり、以後の作品ではキャストが元に戻された。

出典:https://www.pinterest.jp

古川登志夫さん声優作品⑺『名探偵コナン』山村ミサオ警部

「名探偵コナン」にたまに登場し、印象を強く残すキャラクター山村ミサオ警部を演じているのも古川登志夫さん。

少しの出演の予定が準レギュラー並みに出演する役どころになっていたそうです。

最初はチョイ役程度のつもりで登場させたが、担当声優の古川の声が好きだったため、「もっと聞きたい」と考えているうちに原作でも登場回数が増え、結果的に準レギュラー的な役どころになったという。古川もこの作中で「へっぽこ」と渾名される山村のキャラを気に入っていて、どこか憎めない感じが出るように演じているとのこと。

出典:https://ja.wikipedia.org

ここまで古川登志夫さんが声優を担当していたキャラクターについて紹介してきましたが、やはり中でも印象的なキャラクター「ドラゴンボール」のピッコロについて可愛いシーンをご紹介していきます!

古川登志夫さんの演じるピッコロの可愛い姿をご紹介します!

クールな印象のピッコロさんですが、「何かかわいい」と思うシーンも多々あります。

昔、「みどりのおばさん」という人たち(親御さん)が子供たちの登下校を見守って・・・「どーでもいーわ」とお思いでしょうが、一応悟飯を見守ってはいましたし、ピッコロさん。焦ってるだけでかわいく見えるってどういうことなんでしょうか。

「顔色が悪い」言われて赤面しつつ「放っといて」・・・焦らなくてもいいじゃないですか、ピッコロさん。マジュニア時代だともっとクールに対処したんでしょうけども。

ナメック星人は口笛が弱点とのことですが、ピッコロさん自身、壊滅的な歌という立派な武器がありました・・・大魔王時代にこのことに気づいていればもっと楽に世界征服を行えたでしょう・・・。この後ビンゴ大会でちっとも揃わないからって捨ててました・・・。

声優さんの豪華なコラボと古川登志夫さんの声量に注目!

声優さんの力量は、声のみでいろんな役を演じるということ。古川さんの声優としての妙技を堪能しましょう。

カイ・シデン

年代のせいか、まだ声が若いです。初々しいというか、何か爽やかです。ベテラン声優となられた今でも若者役を演じられる古川さんの、若き日の熱演。

あたる

軽い印象ですね、あたる。この軽さがいいというのか何なのか・・・なりきっているのはもちろん、声の質は同じなのに「ピッコロさんと同じだった」と思わせるのが、声優さんのすごいところ。

トリビアの泉にて

工事現場によくある看板の「声優」を決める、というもの。いろんな声優さんが参加しておられました。みんな違和感なかったです、さすがに。古川さんの出番は1分30秒あたりから。

では、ピッコロ大魔王の声優さんは?

ピッコロ大魔王

ドラゴンボールではじめの強敵であった、ピッコロ大魔王です。
ドラゴンボールで若返り、神龍殺すわ、世界征服して悪の帝国を築こうとするわの外道でした。
ピッコロとは違う声優さんが担当しています。

この「ピッコロ大魔王」は悟空との死闘の果て、倒されましたが、死ぬ直前口から卵を吐き出し、仇を討つように「託す」のです。そして生まれたのが、マジュニアこと現在のピッコロです。

神様

実は、ピッコロ大魔王は元々「神様」と同一人物でした。「どうしても神になりたい」と切り離した悪の心がピッコロ大魔王になってしまったわけです。
二人は一心同体。
なのでピッコロが死ねば神様も死にます。
大魔王が死んでも神様が生きていたのは、「子供」がいたからです。神様は自殺も許されないため、歯がゆい思いで大魔王の所業を見ていたことでしょう。

では、ピッコロ大魔王と神様の声優さんを紹介します。

青野武さん

性別:男性
出生地:北海道旭川市
生年月日:1936年6月19日
没年月日:2012年4月9日(満75歳没)
血液型:O型
身長:169 cm
職業:声優、俳優、ナレーター
事務所:青二プロダクション

ピッコロ大魔王の声が変わった?気づきましたか?

実は、このピッコロ大魔王(神様)の声優、青野さんは2012年4月9日にお亡くなりになりました。

引き継いだのは島田敏さん

本名:島田 敏(しまだ さとし)
性別:男性
出生地:新潟県新潟市
生年月日:1954年11月20日(61歳)
血液型:B型
身長:164 cm
職業:声優、俳優、ナレーター
事務所:青二プロダクション

島田さんは、ドラゴンボールの神様のほかにも、青野さんが担当していた作品を引き継いでいます。
有名なのはちびまるこちゃんのおじいちゃんです。
こちらも、声が代わって驚いた方も多くいたかと思いますが、すっかり馴染みましたね。

NHKの「にこにこぷん」のピッコロは?

大概の方が「ピッコロ」というと、ナメック星人の方を思い浮かべるかもしれませんが、他にもいたんですよ、「ピッコロ」の名を持つキャラクターが。

数十年前の『おかあさんといっしょ』に登場していた、ペンギンの女の子。『にこにこ、ぷん』というコーナーで、何だかお姉さん的な印象だったピッコロちゃんです。しかし、彼女を演じた声優さんもまた、凄い人でした。

ピッコロちゃんの声優「よこざわけい子」さん

こちらがピッコロちゃんの声優さんであるよこざわけい子さんです。演じた役を見たら、若い人でも驚くかもしれません。

シータ(『天空の城ラピュタ』)

ここのシーンでの泣きながらの絶叫シーンもまた、声優という職業の技が光っていました。明るい笑い声なんかはピッコロちゃんと似てるかな?

ドラミ(声優交代前の『ドラえもん』)

声優さんを一新する前のドラミちゃんも演じてました。「お姉さんタイプ」という点では同じですね。シータとはまるで違うキャラですが、底は声優さんの職人技です。

声のお仕事、声優さんの魅力がいかがでしたか?

声優さんは、姿を見せなくても、ご家庭に笑顔を届けてくれる素敵なお仕事ですね。
そして、ベテランの方はどうしても体調とも戦っています。
声の変化があったときには、合わないとか思わずに、頑張っていると思えることがいいですね。
これからも、声優さんの活躍を応援しています。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ