記事ID50587のサムネイル画像

女優:児島美ゆきさん昭和の名優「高倉健」との思い出を語る!

高倉健さんと児島美ゆきさんの関係について探ってみました。すると、児島美ゆきさん自らが、高倉健さんとの思い出について語ったエピソードを発見しました!読んでみると、役者としての高倉健さんではなく、素顔の高倉健さんを思わせるエピソードが満載!?

高倉健さんのプロフィール

高倉健さんと児島美ゆきさんの関係を見ていく前に、高倉健さんのプロフィールを見ていきましょう。

高倉健[注釈 1](たかくら けん、1931年(昭和6年)2月16日 - 2014年(平成26年)11月10日)は、日本の俳優・歌手。愛称、健さん。福岡県中間市出身、身長180cm、体重71kg、血液型はB型[2]。高倉プロモーション所属。日本を代表する映画スターで、半世紀以上にわたり活躍してきた。代表作は映画『日本侠客伝シリーズ』、『網走番外地シリーズ』、『昭和残侠伝シリーズ』、『新幹線大爆破』、『八甲田山』、『幸福の黄色いハンカチ』、『野性の証明』、『南極物語』、『ブラック・レイン』、『鉄道員(ぽっぽや)』、『あなたへ』など。2006年に文化功労者、2013年には文化勲章を受章した。

出典:http://ja.wikipedia.org

高倉健さん、昭和を代表する名優ですね〜。

高倉健さんと児島美ゆきさんの熱烈交際

高倉健さんと児島美ゆきさんはどういうふうに知り合ったのでしょうか?

 その直後、不器用すぎるモテ男は、女優・児島美ゆきと熱烈交際、半同棲にまで至っている。83年から84年にかけてのことだった。ドラマ「北の国から」(フジテレビ系)にスナックのホステス役で出演した児島を見た高倉が気に入り、ドラマ共演者を介して電話がかかってきたのだという。

出典:http://www.asagei.com

なるほど。高倉健さんの方から、児島美ゆきへアプローチがあったのですか!?

北の国から

児島美ゆきさんのプロフィール

ところで、高倉健さんと関係があった児島美ゆきさんはどういう方なのでしょうか?児島美ゆきさんのプロフィールを見ていきましょう。

児島美ゆき(こじま みゆき、1952年3月23日 - )は東京都出身の女優[1]、歌手。1970年までは、芸名児島 みゆきとして活動。血液型、O型。加川事務所所属。

出典:http://ja.wikipedia.org

なるほど。児島美ゆきさんは東京都出身の役者さんなのですね。

武蔵野市立第一小学校から武蔵野市立第一中学校卒業。 中野文園高等学校(現・大妻中野高等学校)卒業。1968年、長編アニメ映画『アンデルセン物語』に声優として出演。
1970年、日活末期に全4作が製作された(第4作は1971年製作)『ハレンチ学園』3作にて主演デビュー[1]。同年東京12チャンネル(現・テレビ東京)のゴールデン枠で放映された『ハレンチ学園』においても映画版と同じ柳生みつ子役を演じ一躍脚光を浴びた。その後は映画、テレビドラマ、司会などに出演し、現在も活躍中である。

出典:http://ja.wikipedia.org

児島美ゆきさんは「ハレンチ学園」に出演されてたのですか。昭和のサブカル文化、良いっすね〜。

高倉健さんと児島美ゆきさんの馴れ初め

女優・児島美ゆきが高倉健とつきあっていた日々を告白している『週刊現代』を、MAISON TROISGROSのインスタントコーヒーを飲みながら読み始めた。とうとう出てきたという気持ちと、なぜ児島なんだという気持ちがないまぜになる。健さんだったら大原麗子か吉永小百合との「忍ぶ恋」が似合うのに......。そういえば歌手の石野真子を熱心に口説き落としたと書いた週刊誌もあった。女性の好みは人それぞれ。健さんはこういうタイプが好きなのかもしれない。

出典:http://www.j-cast.com

高倉健さんは石野真子さんとの噂もあったのですか!?

石野真子さんとも噂が!?

石野真子さんの若い時

当時、健さん52歳、児島31歳。児島がテレビドラマ「北の国から」で富良野のスナックのホステスを演じたのを健さんが見て、田中邦衛を介して「会いたい」と伝えてきたという。日に何度も電話があり、「うちにコーヒーを飲みに来ませんか」と誘われ、彼のマンションへ行く。結ばれたのは2度目に訪れたときだった。

出典:http://www.j-cast.com

高倉健さんが52歳、児島美ゆきさんが31歳のときだったのですね。

<「寝室の大きなダブルベッドで。彼は体は筋骨隆々でしたが、やさしい人でした」>
彼女は彼のためにステーキや生姜焼き、肉じゃがなどをつくる。黙々と食べる健さん。終わるといつの間にか食器を洗ってくれていた。

出典:http://www.j-cast.com

生々しい描写ですね。高倉健さんと児島美ゆきさんの逢瀬がイメージできそうですね。

<「とにかく、時間のあるときには、映画を観るか(マンションに小さな映写室があった=筆者注)、腹筋や腕立て伏せをしているか、あとは洋服の整理(笑)。セータを畳んだり、シャツなどを並べたり、整理整頓が趣味のような人でした」>
健さんは警察無線や消防無線を聞くのが好きだったという。児島が茶目っ気たっぷりにヌードダンサーの真似をすると、顔をほころばせ手を叩いて子どもみたいに喜んだそうだ。

出典:http://www.j-cast.com

なるほど。高倉健さん、結構ストイックな生活をされていたのですね。まあ役者は体力作りも仕事のうちなのでしょうかね。気難しい高倉健さんと茶目っ気たっぷりの児島美ゆきさん、お似合いだったのですね〜。

<「ある日、彼に膝枕をしてあげたら、彼はふいに、
『幸せだなぁ。こんなに幸せでいいのかなぁ......』
驚いて彼の顔を見ると、目に涙まで浮かべていたんです。膝枕ぐらいで泣くなんて、と驚くと同時に、『普通の幸せを、こんなに恋しいほど求めている人なんだ』と、私まで切なくなって......」>
スーパーへ一緒に行って、児島が買い物袋を抱えてクルマまで戻ってくると、こういったそうだ。「剛ちゃんはこういうことがしたかったんだ」

出典:http://www.j-cast.com

児島美ゆきさん「剛ちゃん」って呼んでたのですか。

児島美ゆきさんの詫び状・高倉健さんの悲報

それほどまでに彼の生活は孤独でストイックだったと児島は話している。そんな生活が300日続いた。だが二人のことが芸能誌で報じられ、健さんから「しばらく会えない」といわれ、世間体が大事で私を捨てたと怒った児島は彼の許から去る。そして30年が経ち、「あなたの気持ちをわかってあげられなかった」という詫び状を送った直後、高倉健の悲報が届く。

出典:http://www.j-cast.com

なるほど。児島美ゆきさんとの仲を芸能誌があばいちゃったのですね。でも切ないですね。30年後に高倉健さんの気持ちを児島美ゆきさんがわかった、しかし、彼は死んでしまったなんて。

高倉健さんのご冥福をお祈り申し上げます。

高倉健さんと児島美ゆきさんの関係を探ってみました。高倉健さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ