記事ID40237のサムネイル画像

「小公女セイラ」に主演していた志田未来さんについてまとめました

「小公女セイラ」は昔アニメで放送していたこともあるし、本として出版もせれていますが、志田未来さんが演じた「小公女セイラ」や志田未来さん自身について、調べてまとめてみました。一体志田未来さんとはどのような女優さんなのでしょうか?

志田未来 プロフィール

志田 未来(しだ みらい、1993年(平成5年)5月10日 - )は、日本の女優である。神奈川県出身。研音所属。

出典:https://ja.wikipedia.org

志田未来主演 「小公女セイラ」

「小公女セイラ」あらすじ

幼くして母親を亡くした黒田セイラは、実業家の父・黒田龍之介にインド・ジャイプルで育てられた。

龍之介は、セイラが高校生になった年の秋、娘を妻の母校である日本の全寮制高校・ミレニウス女学院に入学させる事を決意。一方、院長の三村千恵子は、セイラの母・薫子と元同級生であり、彼女にコンプレックスを抱いていた為、受け入れを躊躇。しかし龍之介が、セイラと共にミレニウス女学院を訪れ、千恵子にセイラを特別待遇で扱う代わりに、学院に多大な寄付を約束した事から、逼迫した学院の経営を立て直す為にも、と受け入れを決意する
父の龍之介がダイヤモンド鉱山で事故死したのだ。そして鉱山では父の他にも多くの人が事故死し、それが父の会社の責任となり、黒田家の財産は全て凍結された。セイラは無一文の孤児になり、寄付の約束も破談になった…と。
唯一の身寄りをなくし、超お嬢様から無一文の使用人へ。そしてそれ以上の困難が襲うことになる。そんなセイラに、再び光は訪れるのだろうか

出典:https://ja.wikipedia.org

若干原作とは違う「小公女セイラ」。主人公の「小公女セイラ」を演じる志田未来。どのような「小公女セイラ」を演じるのか?

「小公女セイラ」役 志田未来


・龍之介と母・薫子に大切に愛されて育った本物のお嬢様。
人を疑ったり憎んだりすることを知らないピュアな心と優しさ、そして自分に誇りを持って気高く生きる強さを持ち合わせている。
幼い頃亡くなった薫子の母校・ミレニウス女学院で学ぶため、生まれ育ったインドから日本へやってきた。学院一のお嬢様として最高級の待遇を受けるが、龍之介が事故死したことで、使用人として働かなくてはいけなくなる。
つらい労働や過酷なイジメにも、亡き母の言葉 「 女の子は誰でもプリンセスなのよ 」 を胸に立ち向かっていくが・・・。

出典:http://www.tbs.co.jp

「小公女セイラ」役の志田未来ちゃん。役になりきっている感じですね。

「小公女セイラ」主なキャスト

三浦カイト(みうらカイト) - 林遣都18歳。ミレニウスの使用人。ドラマオリジナルキャラクター。原作ではベッキーに相当する(但し、性別が原作とは異なる)。

亜蘭由紀夫(あらんゆきお) - 田辺誠一(幼少期:相澤瑠星)フランス語教師。ドラマオリジナルキャラクター。アニメ版『小公女セーラ』に登場するフランス語教師、デュファルジュ先生に似た面がある。

東海林まさみ(しょうじまさみ) - 岡本杏理16歳。女学院生徒。原作のアーメンガード・セントジョンに相当する。

武田真里亜(たけだまりあ) - 小島藤子16歳。女学院生徒。原作のラビニア・ハーバードに相当する。本名は「寛子」だが、本人の意向で「真里亜」と名乗っている。

三村笑美子(みむらえみこ) - 斉藤由貴千恵子の妹で、古文教師。原作のアメリア・ミンチン(アメリア嬢)に相当する。

三村千恵子(みむらちえこ) - 樋口可南子(少女期 - 溝口まりも)ミレニウス女学院の院長。原作のマリア・ミンチン(ミンチン院長)に相当する。

出典:http://ja.wikipedia.org

全体的な内容は原作の「小公女セイラ」ではあるが、ベッキーが女の子ではなく男の子というのが、しっくりこない感じがしました。「小公女セイラ」の日本語版であるかと思いますが、原作に血かい状態が良かったように感じました。

「小公女セイラ」を振り返ってみて

「小公女セイラ」で主演を果たした志田未来さんでしたが、「小公女セイラ」の視聴率はなかなか伸びなかったみたいです。「小公女セイラ」になり切っている志田未来ちゃんはとてもかわいく「小公女セイラ」そのものでしたが、何が原因だったのでしょうか?「小公女セイラ」では残念な結果に終わってしまいましたが、「小公女セイラ」以外での活躍を期待しましょう。でも、「小公女セイラ」もよかったとは思いますよ。

志田未来 「小公女セイラ」以外のドラマ

志田未来 初主演ドラマ

『永遠の1/2』(えいえんのにぶんのいち)は、TBS系列の「愛の劇場」枠で放送された昼ドラマ。主演は戸田麻衣子、小沢真珠。2000年9月4日〜11月24日に全60話が放送された。

出典:http://www.ammanu.edu.jo

7歳のときにこのドラマ第三話に初出演した志田未来ちゃん。子役デビューですね。

志田未来 「女王の教室」民法連続ドラマ初レギュラー

クラスを女王の様に支配する女教師・阿久津真矢(天海祐希)と半崎小学校6年3組の児童との1年間にわたる「闘い」を描いたドラマ。神田和美(志田未来)を中心とした24名の教え子の思想・心理・成長を軸として物語が描かれている。

出典:http://www.ammanu.edu.jo

天海祐希さん主演のドラマで初レギュラーの志田未来ちゃん、ドラマ地雷は見ていなかったので、わかりませんが、インパクトなど話題性はあったような気がします。

志田未来 初主演ドラマ

『14才の母 愛するために生まれてきた』の一ノ瀬未希役で連続ドラマ初主演第10話視聴率が21.1%を記録し、平成生まれタレントの主演連続ドラマ20%超え第1号に輝いた

出典:http://www.ammanu.edu.jo

このドラマは衝撃的でした。14歳で妊娠出産するドラマだったので・・・。でも、志田未来ちゃんは妊婦や出産の役柄をよくこなしたと感心してしまいます。

志田未来 どんなひと?

志田未来 好きな食べ物は・・・これです

好きな食材のひとつにツナを挙げており、缶詰から直接スプーンですくって食べるのが1番美味しいと語っている[11]。一時期は[いつ?]特定のメーカーの商品一辺倒であった。現在はどのメーカーの商品も食する。

出典:http://ja.wikipedia.org

志田未来ちゃんも大好きな「ツナ缶」ツナはどのような料理とでも会うし、ツナ缶に調味料を合わせただけでも食べれるしご飯のお供にもなるし、とても便利な食材だと思います。

志田未来 学生時代

小学生時代は放送部、中学はバドミントン部に所属。バドミントン部は“屋内の運動部”ということで入部。ただ、試合には出たことはなかったという[12]。高校では風紀委員を務めた[11]。

出典:http://ja.wikipedia.org

小学生のころから活発に活動していた志田未来ちゃん。仕事と学業の両立ご苦労様です。

志田未来 読者が選んだ・・・

読者の[要追加記述]考えた『ドラえもん』の「源静香」役で1位、『サザエさん』の「ワカメちゃん」役で2位に選ばれた

出典:http://ja.wikipedia.org

びっくりな話ですが、以前「ぢずかちゃん」と「わかめちゃん」の声を演じていった声優さんが同じ人物でした。なんという偶然・・・

志田未来 高校時代

志田未来の出身校といわれている「堀越高校」

堀越高等学校(ほりこしこうとうがっこう)は、東京都中野区中央二丁目に位置する私立高等学校。学校法人堀越学園が運営している。通称は「堀越」。

TRAITコース(旧芸能活動コース)や体育コースなど、全日通学が困難な芸能人やスポーツ選手などに対応したカリキュラムを設置している[1]。

出典:http://ja.wikipedia.org

堀越高校は、今までにたくさんの芸能人が卒業したということは有名でした。伊田みらいちゃんもそのうちの一人みたいです。

志田未来以外の堀越高校出身の主な芸能人 2010年調べ

古くは野口五郎、松田聖子に浅野ゆう子。南野陽子、森口博子、深田恭子、安達祐実、Perfumeといった時代を彩ったアイドルを輩出してきた私立堀越高等学校(学校法人堀越学園)。現在は2年生が黄金世代と言われ、Hey! Say! JUMPの山田涼介、知念侑李、中島裕翔、ほかにも神木隆之介、志田未来、大後寿々花、川島海荷が在学中とか。ジャニーズ御用達でもあるこの夢のような学園の実態とは?

 堀越の所在地はJR中野駅と地下鉄中野坂上駅から各15分という閑静な住宅街。外部から校舎内が見えぬよう、高い塀と窓格子でガードされ、校門前には監視カメラが設置されている。登下校時は校門に教員が立ち、セキュリティは万全だが、訪れるファンは後を絶たず、学園前の公園の柱にはHey! Say! JUMPのメンバー名が恐ろしいほどに書かれていた。

 八乙女光が学校公式HPにメッセージを寄せていることからもジャニーズ御用達のイメージがあるが、意外にもジャニーズ内の堀越率は高くはない

出典:http://woman.excite.co.jp

志田未来ちゃんの同級生は「花の93年組」といわれているみたいです。今テレビで活躍している人気者ばかりみたいですね。
堀越高校時代は「小公女セイラ」にも出演していた志田未来ちゃん。ねB霊的に「小公女セイラ」と志田未来ちゃんは同年代だったのですね。なので等身大の7「小公女セイラ」を演じることができたのかもしれませんね。

「志田未来」と「小公女セイラ」と・・・

今回は志田未来ちゃんと「小公女セイラ」についてのまとめでしたが、そこに志田未来のいろいろも付け加えてみました。
志田未来ちゃんが主演した「小公女セイラ」は残念ながら視聴率はとれませんでしたが、志田未来ちゃんと「小公女セイラ」は同年代でもしかしたら、等身大の「小公女セイラ」を演じることができたかもしれませんよね。「小公女セイラ」のお話は絵はんやアニメでも紹介されています。なので、オリジナルはうけいれられなかった可能性もあるかもしれん。しかしながら、オリジナルはオリジナルの良さもあるし、「小公女セイラ」を演じていた志田未来ちゃんもとてもかわいかったです。
いろいろな役を演じながら、素敵な女優さんになってほしいと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ