記事ID39037のサムネイル画像

【熱い言葉】松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメントまとめ

松岡修造さんは、テニスの4大大会のひとつ、全英オープンでベスト8まで勝ち進んだことのある日本のトッププレイヤーでした。そんな松岡修造さんが惚れ込んでいるのが、錦織圭選手。松岡修造さんの錦織圭選手に対する熱い思いのこもったコメントをまとめてみました。

どんなことにも全力な松岡修造さん

松岡修造さんのプロフィール

出身地:日本・東京都
生年月日:1967年11月6日
身長:188cm
体重:85kg
利き手:右
ツアー経歴
デビュー年:1986年  引退年:1998年
ツアー通算:2勝
シングルス:1勝 ダブルス:1勝
生涯通算成績:173勝207敗
シングルス:145勝163敗
ダブルス:28勝44敗

日本人男子として62年振りにグランドスラムベスト8に進出した人物である。また現在、ウィンブルドン選手権では日本人男子最後のベスト8進出者となっている。また、ウィンブルドン選手権での通算7勝は2015年に錦織圭に抜かれるまで日本人最多の記録であった。

現役引退後はジュニア選手の指導やテニス大会の運営、日本テニス協会の理事を務めるなど引き続きテニスに携わりつつ、スポーツキャスター、タレントとしても活動している。

出典:https://ja.wikipedia.org

なんだ負け越してるじゃん、などと言うなかれ。世界のトッププロたちと戦っての戦績なので、ツアープロになるだけでもかなりの狭き門です。
松岡修造さんの長身から繰り出すサーブは威力抜群で、調子のいいときはどんな相手とも互角以上に戦えるポテンシャルを持っていました。しかし下半身の故障が多く、試合に出られない時期も度々ありました。それでも故障の度にリハビリを経て復帰し、1995年の全英オープンではベスト8まで勝ち進みました。

世界のトップ10に入るプレイヤー 錦織圭選手

錦織圭選手のプロフィール

出身地:島根県松江市
居住地:アメリカ合衆国 フロリダ州タンパ
生年月日:1989年12月29日
身長:180cm 体重:75kg
利き手:右
ツアー経歴
デビュー年:2007年
ツアー通算 シングルス10勝

ATP世界ランキング自己最高位はシングルス4位、ダブルス160位。これまでにATPツアーシングルスで日本人最多の10度の優勝を挙げている。ダブルスでは準優勝を1度記録している。
男女通じて日本人初、男子アジア出身選手初のグランドスラム4大大会シングルスファイナリスト。また、アジア出身男子初のATPワールドツアー・ファイナル出場者。2014年マドリード・マスターズ準優勝。

出典:https://ja.wikipedia.org

これはどれだけ凄いことかは、松岡修造さんの言葉のほうがわかりやすいので後に譲りますが、簡単に言えば、過去に錦織選手以上の戦績を残している選手は、日本人では誰もいません。つまり日本人で錦織圭選手の現在いる領域に入ったことのある人は誰もいない、前人未到の道を進んでいるということになります。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント①

圭が、日本人史上初、世界ナンバーワン選手を破った!
ジョコビッチに対しファイナルセット6-0というスコアで撃破した。
ジョコビッチは、今年3度しか負けていませんが、そのうち2回は途中棄権、最後まで戦った試合ではフェデラーと圭に負けただけだ。

スイス、バゼルの会場は、世界№1選手を下した圭に対し、スタンディングオベーションで称えてくれた!
日本の歴史を大きく変えた、まさに圭は日本の誇りです!

残念ながら決勝では、史上最強プレーヤー地元の ロジャー・フェデラーに破れましたが、超満員の会場から暖かい拍手が送られました。
圭が、はじめて11歳で僕の合宿にきたとき、憧れのプレイヤーは?との質問に「ロジャー・フェデラー」と眼を輝かせて答えていたことを思い出します。
そんな尊敬する選手との戦いで、フェデラーは、今年最高のプレイではと思わせるくらい出足からミラクルテニスが繰り広げらていました。

フェデラーからも「5年前に圭と練習で打ち合ったときに、必ず強い選手になると思っていたので、とても嬉しく思う」という、すばらしい言葉をもらった圭。本当に大きく成長しました。

出典:http://www.shuzo.co.jp

ジョコビッチに勝利した錦織圭選手を讃え、手放しで成長を喜んでいる松岡修造さん。錦織圭選手の子どものころのエピソードも紹介しています。成長を見守ってきた人にとってはうれしい瞬間だったことでしょう。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント②

11歳のとき、修造チャレンジにいた圭が、なぜこれだけ強くなってきたのか、
それは、僕と違って、、、冷静だからです!

ジョコビッチ選手に勝ったときの気持ちを伺ってみると、
「勝ててうれしかった」と素直な気持ちを口にしましたが、
勝利の瞬間の映像を見てみると、大金星を挙げたというのに随分控え目なガッツポーズ。
僕が当時世界2位だったエドバーグ選手に勝ったときなんか、倒れ込んで、人生で最大の喜び!というくらい表現したのですが、圭は全然そんなことない。なぜか聞いてみると、冷静な答えが返ってきました。

「本心は本当に喜んでるんですが、そこまで喜んで表現してしまうとすごい余韻が残ってしまって、次の試合が浮いた感じになるというか、まだ大会は終わっていないし、優勝したらそこで喜ぼうと思って」

圭の心の成長を感じましたね。

出典:http://www.shuzo.co.jp

松岡修造さんから「冷静だから」という言葉が出るのは妙な感じがしますが(失礼)、現役時代の経験があるからこその説得力があります。実は松岡修造さん、現役時代に冷静さを失って優位だった試合を落とす、というパターンがけっこうあったのです。それだけに、錦織圭選手がメンタル面で大きく成長したことに感心しているのだと思います。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント③

皆さんに一言言わせていただきたい!
僕と錦織圭選手を比較することがありますが、やめてください!
失礼です!圭に対して!

僕みたいに、組み合わせがラッキー(シード勢がみんな敗退)なまぐれのベスト8とは圭は違うんです!
才能が違うんです!心の強さが違うんです!

まさに実力で勝ち上がってきた、本当のベスト8なのです。そして、今後こんなもんじゃ圭はすまないぞ!ベスト4、決勝、グランドスラム制覇もある!夢じゃないんだ!
圭は夢を見るだけではなく掴むん だ!

出典:http://www.shuzo.co.jp

2012年1月の全豪オープンで錦織圭選手がベスト8に勝ち上がったときのコメント。
松岡修造さんが熱い!・・・と話題になったコメントですが、本気度は確かにすごいです。やはりここでも心の強さに言及しています。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント④

圭は、ビッグ4に対して、4大大会以外であれば、今年も勝つチャンスがあると思います。
ビッグ4が一段とギアを上げて本気になる4大大会で勝てるかどうか、というところですね。
なぜなら、ビッグ4は4大大会にすべてを集中してきます。
その4大大会で勝つためにテニスをしていると言っても過言ではないほど。
でも、圭もその4大大会での勝利を狙える選手にまで成長したんだ、
世界で限られた立場の選手にまでなったと確信しました。
こんなすごい選手が日本に出てくるとは、以前は思わなかっただけに、本当にうれしい。
夢をただ見ているのではなく、しっかりつかみにいっている圭を、これからも心から応援します!

出典:http://www.shuzo.co.jp

ビッグ4と言われる、アンディ・マリー、ラファエル・ナダル、ロジャー・フェデラー、そしてノヴァク・ジョコビッチの4人。現状、この4人のうち少なくとも2人を倒さなければ、4大大会で優勝することはできません。しかし、松岡修造さんは、錦織圭選手には4大大会で彼らを倒す可能性があると言っています。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント⑤

錦織圭選手。
一試合目の相手はテニス界のガリバー旅行記208センチのカルロビッチ。
史上最強プレーヤー、フェデラーを破ったこともあるスカイツリーサーブが炸裂し、
メンタルもテニスもすべてのタイミングを崩された圭。
三日目本当によく勝った!メンタルが強くなった。
デ杯を戦った人にしかわからないその心境。
僕がもしも圭の状況になったら立ち直れなかったでしょう。
その試合を見て、近いうちに世界トップ10に入ると確信しました。

出典:http://www.shuzo.co.jp

テニスの国別対抗戦『デビスカップ』での錦織圭選手の勝利を喜ぶ松岡修造さん。これは2012年2月のコメントなので、錦織圭選手はまだトップ10には入っていません。しかし松岡修造さんの言葉は現実になりました。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント⑥

圭が、マイアミで行われているグランドスラムに次ぐ大きな大会「ソニー・エリクソン・オープン」の四回戦で、ビック4のナダルと対戦しました。

4-6,4-6での敗退でしたが、今後いつ破ってもおかしくないと感じる内容でした。

残念だったのは、圭のペースになっている中で、ナダルのセットポイント、チャンスボールをエアーケイでミスしてしまったこと。

出典:http://www.shuzo.co.jp

ナダルに敗れたものの、錦織圭選手の可能性を感じている松岡修造さん。勝負所でのミスを残念がっています。強い相手との勝負でチャンスはそう何度もやってきません。厳しい世界です。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント⑦

圭がウィンブルドン三回戦進出を決めた。
おめでとうとともに、シードになっている圭にとっては順当な勝ち上がりといえる。
ただ、腹筋の怪我の心配、そして二か月間試合から遠ざかっていた不安があったなか、 二回戦の特に3セットのプレイは、ファンタジスタ!
みていて笑いが止まらないくらいスーパーショットの連続で、完全に自信を取り戻したテニスだった。

出典:http://www.shuzo.co.jp

錦織圭選手の勝利を喜びつつ、体調を気遣っている松岡修造さん。ちなみに、松岡修造さんの笑いが止まらなくなったらどうなるんでしょうか(笑)

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント⑧

4大大会の全豪オープン、そして全仏オープンと2大会連続でベスト16に入り、
世界ランキングはついに11位まで上昇したのです!

ところが、誰の目にも順風満帆に見えたその裏側で、錦織選手は人知れず苦しんでいたそうです。
トップ10にこだわりすぎて、そのことで考えすぎていた時期があったんだとか。

出典:http://www.shuzo.co.jp

報道ステーションでのインタビューで出た話。錦織圭選手がプレッシャーに苦しんでいたことが明かされます。ランキングトップ10に入るということが、本人とっても予想以上にプレッシャーになっていたようです。

「この試合は負けられない」「絶対勝つ」と思えたところが一番のキッカケだった。どのショットも臆することなく打っていけたし、ミスをしてもポジティブにしっかり自分の強い気持ちを持って戦えたという錦織選手。

人知れず抱えていた、「プレッシャー」という大きな壁を乗り越えたのです。そして迎えた2014年。錦織選手が口にしたのは、「トップ10ではなく、トップ5以上に入っていくことがこれからの目標」ということ。さらに、トップ3に入るためには、自分のテニスも少しずつ変えていく必要があると。

出典:http://www.shuzo.co.jp

2013年のデビスカップできっかけを掴んだ錦織圭選手。そして変化する必要性を松岡修造さんに語っています。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント⑨

テニスの生きる伝説と言われているロジャー・フェデラーを破った圭!
最高の勝ちで最高の価値だ!
圭は、ジュニアの頃からフェデラーに憧れ、世界を目指して頑張ってきた。
そのフェデラーに昨年勝つことができた。
でも、圭もわかっていたはず。あれは本当の勝ちではなかったと。
フェデラーにとって得意でないクレーコート。
しかもあのとき、フェデラーの調子は彼のテニス人生の中で最も悪かった。
でも、今回のフェデラーは僕がみていても調子がいいと感じていた。
そのフェデラーに勝ったのだからたいしたものです。
この勝ちは圭のテニス人生で一番の自信になったと思うし、この自信は圭にとって永遠に力になる!

出典:http://www.shuzo.co.jp

調子の良かったフェデラーを相手に錦織圭選手が逆転勝ちしたことの価値を強調している松岡修造さん。確かに「勝てるかも」という希望ではなく「勝った」という結果は、計り知れない価値があります。しかも当時世界ランキング2位の相手にです。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント⑩

皆さん、錦織圭選手やりました!

クレーコートでのツアー初優勝を果たしました。
しかもヨーロッパ、しかも世界ナンバーワンのナダル選手が出場していた、しかもスペイン選手が多い最もタフなクレー大会、しかも完璧な試合内容。グランドスラムトーナメント全仏オープンが控える中、最高の状態です。

(中略)

これだけ、サーブもよく、リターンも鋭く、足も早い、安定したストローク、ドロップショットなどの想像力ショット、何をとっても文句なし。
このテニスなら世界の誰とクレーコートで当たっても怖くない!

出典:http://www.shuzo.co.jp

クレー(土)コートの大会で錦織圭選手が優勝したことを喜ぶ松岡修造さん。試合内容についても絶賛していますね。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント⑪

先日世界ランキング9位となり、日本人初のトップ10入りを果たし、今大会での活躍が期待されていましたが、マルティン・クーリザン選手(スロバキア)に、6-7、1-6、6-2のストレート負けを喫し、初戦敗退となりました。

マドリード・オープンの決勝で、腰などの状態を悪化させて途中棄権した後、治療して調子をあげてきていただけに、残念ですが、来月にはウィンブルドン、8月には全米オープンと、テニスのシーズンはまだまだ続きますので、今年の錦織選手の活躍に期待です!

出典:http://www.shuzo.co.jp

全仏オープンは残念ながら体調不良で1回戦負けを喫した錦織圭選手。しかし次の大会へ向けて既に気持ちを切り替えている松岡修造さん。切り替えの早さはプロの重要な能力のひとつです。錦織圭選手の心中を代弁しているようですね。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント⑫

全米オープンテニス、ニューヨークで凄いことが起こった。
錦織圭選手が、1918年に熊谷一弥選手以来となる男子日本人選手として、96年ぶりにベスト4に進出!!

興奮しすぎて、伝えたいことがたくさんあるのですが、何から書けばいいのか混乱しています・・・。

出典:http://www.shuzo.co.jp

いつもなら大はしゃぎしているだろう松岡修造さんが、興奮のあまり言葉が出ないとか、それくらい錦織圭選手の活躍は特別な出来事でした。

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント⑬

錦織圭選手が、日本人初のグランドスラム決勝進出を果たしました!  
すみません・・・興奮を超えて、圭の凄さと圭への感謝の思いしかでてきません・・・
しかし、冷静に準決勝の試合分析をしてみます。

(中略) 

圭は、選手の中で最もコーチ陣のいるファミリーボックスを見ない選手。
圭が13歳の時に出場した18歳以下のジュニア国際大会。僕はあえてワイルドカードを与え、圭に国際試合の経験を積ませた。その時、圭は身長180センチの海外選手に対し勝ちきった。その際、ジュニア合宿も並行して行っていたが、参加ジュニアを含めコートサイドで応援した。圭は一度たりとも僕らを見なかった。思いを感じながら一人で戦っていける力を持っていた。プロになっても同じだった。

でも、その圭が…4-3サービスをキープしたとき、マイケルを見ながらガッツポーズ。
こんな光景今まではなかった。
17歳で全仏オープン優勝したマイケル・チャンはガッツポーズの申し子だった。マイケル魂が圭の表現力をアップさせた、まさに一緒に戦っていたのだ。

そして次のジョコビッチのサービスゲームをブレークする!

出典:http://www.shuzo.co.jp

松岡修造さんならではの錦織圭選手の分析が面白いです。表現しようのないくらい強いメンタルを持った選手なんだな、というのがよくわかります。

今日の圭は、今大会のベストテニス!
そしてメンタルが凄かった!
今の圭のメンタルは世界一強い!
これまで僕も、そして世界のテニス評論家も、圭のメンタル、そして体力に対し不安感があった。
しかし今はない・・・
圭、頑張った!変わった!そして圭の本来持っている力がでてきた!

圭は、世界一のメンタルの持ち主だ!

出典:http://www.shuzo.co.jp

松岡修造さんの錦織圭選手に関するコメント⑭

圭、ありがとう。
感動、希望、そして可能性をありがとう。

感性豊かで優しい素晴らしい選手に育ててくださったご両親、圭の才能を見つけてくれた島根の柏井コーチ、アメリカの地へ夢を繋げてくださった日本テニス協会名誉会長盛田さんをはじめ、圭と一緒に夢を追いかけてくださった皆さんに、ただただお礼を言いたいです。

ありがとうございます、おめでとうございます。

そして圭
あえて言わせてください。
ここからだ!ここがスタートだ!圭の本当の夢を掴んでくれ!

悔しい、頑張った、心が感じ動かされた!
圭、ありがとう!ありがとう!心からありがとう!

ジュニアキャンプと圭の試合観戦で、気合が入りすぎてギックリ腰になってしまった
・・・やはり僕は松岡修造だった!

出典:http://www.shuzo.co.jp

惜しくも決勝で敗れてしまった錦織圭選手に、松岡修造さんは感謝の言葉を繰り返し並べています。選手として行きたくても行けなかった場所、グランドスラムの決勝でしたからね。

そして、すいません、オチまで入れる必要なかったのですが、あんまり面白かったので入れちゃいました(笑)オチまで全力でやってくれる松岡修造さん。やっぱり好きです。

熱い思いを言葉で発信し続ける松岡修造さん

テニスだけでなく、ゴルフ、水泳、そしてバラエティ番組と、幅広い分野で活躍している松岡修造さん。冬に松岡修造さんが日本からいなくなると大寒波が来る、なんて話までありましたが、そんな話が出るくらい、その熱さはトレードマークになっています。これからもその熱い魂のこもった言葉が新たに生まれることを楽しみにしています。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ