記事ID35750のサムネイル画像

おかあさんといっしょ 歌のおねえさん はいだしょうこさんって?

はいだしょうこさんの名前がきかれるようになったのは、おかあさんといっしょで歌のおねえさんとしてテレビに登場してからではないでしょうか?。はいだしょうこさんは、歌のお姉さんになる前はいったいどのようなことをしていたのでしょうか?結婚はしているのでしょうか?

歌のお姉さん はいだしょうこさん プロフィール

はいだしょうこ

出生名
拝田祥子

出生
1979年3月25日(36歳)

出身地
日本の旗 日本 東京都立川市

ジャンル
舞台・テレビ

職業
歌手、女優、タレント

活動期間
1998年 -

出典:https://ja.wikipedia.org

はいだ しょうこ(1979年3月25日 - )は、日本の歌手、女優、タレント。本名、拝田 祥子(読み方同じ、苗字は旧姓)。宝塚歌劇団での芸名は千琴 ひめか(ちこと ひめか)。

歌劇団在団時の愛称は「ショーコ」。東京都立川市生まれ、隣の国立市で育つ。東宝芸能→ホリプロ所属。身長158cm

出典:https://ja.wikipedia.org

はいだしょうこさんを初めて知ったのは、「おかあさんといっしょ」でした。歌のお姉さんのイメージが強いのですが、どのような方なのか、調べてみたいと思います。

はいだしょうこさんって、結婚しているのでしょうか?

はいだしょうこさん 歌のお姉さんはj結婚しているの?

はいだしょうこさんは2012年3月25日に結婚しているんだそです!そして、気になるのがそのお相手ですよね!
しかし、残念ながら一般男性という情報しかないんだそうです

出典:http://entameflash.masa7342.com

歌のお姉さん、はいだしょうこさんは2012年に結婚されていたのですね。しかいsながら、一般の方とのことで、お名前すらわからない感じです。一般の方なので、仕方ないですよね。
結婚式は上げたのでしょうか?

はいだしょうこさん 結婚式は?

結婚式はハワイであげたそうです。お顔が見えないのが残念・・・。

はいだしょうこさん お子さんはいるの?

二人の間にはまだお子さんはいません。

出典:http://有名人トレンドニュース.com

おかあさんといっしょでは、歌のお姉さんをしていたので、いつの日かお子さんが生まれたら、たくさん歌を歌ってあげてほしいですね。

歌のお姉さん はいだしょうこさんの家族について

はいだしょうこさんのお父さんってどんな人?

拝田 正機(はいだ せいき)さんはピアニストでウィーンやニューヨークなど様々なオーケストラと共演されています。
また、母校である国立音楽大学(くにたちおんがくだいがく)で准教授も務めていた経験があります。

出典:http://話題・.com

はいだしょうこさんのお父さんは音大の純情時だったのですね。その影響ではいだしょうこお姉さんも音楽の道に進まれたのでしょうかね。

はいだしょうこさんのお母さんってどんな人>

はいだしょうこさんの母親は声楽家の拝田由見子さん。
お母様もミュージカルアカデミードリームで声楽を教えていらしゃいます。

出典:http://話題・.com

はいだしょうこさんのお母さんも声楽家ということで、はいだしょうこさんが歌の道へ進んだのもわかるような気がします。
それにしても、笑顔がはいだしょうこさんとそっくりですね。

はいだしょうこさんのお父さんとお母さんはどこで知り合ったの?

もともと先生と生徒という関係であったが卒業を機に交際を始め3ヶ月で結婚となった。

出典:http://japan.techinsight.jp

はいだしょうこさんのご両親は生徒と先生の関係だったなんて、ドラマみたいですね。しかも3か月で結婚してしまうなんて、すごすぎます。

はいだしょうこさん 華麗なる経歴

はいだしょうこさん 宝塚時代

高校2年生の時に2度目の受験で宝塚音楽学校に合格。1998年に音楽学校を卒業後『千琴ひめか』の芸名で宝塚歌劇団に入団(84期)[5]。宝塚音楽学校卒業時には「オペラ部門主席/ポピュラー部門最優秀歌唱受賞」を受賞。同期には遠野あすか、白羽ゆり、音月桂、桐生園加らがいる。宙組公演『シトラスの風』で初舞台を踏み、組み回り出演を経て 星組に配属。主に娘役として活躍したが、いわゆる『トップ』(主役)の経験はない。

2001年には星組公演『ベルサイユのばら2001』で、通常最低でも6年目以上でないと務められないとされるエトワール[7]を異例の入団3年目で務めた[5]。2002年秋、宝塚歌劇団を退団[5]。

出典:https://ja.wikipedia.org

はいだしょうこさんを知ったのは、おかあさんといっしょを見ていた時に歌のお姉さんとして出ていた時だったので、宝塚に入っていたと知ったときは、びっくりしました。

歌のお姉さん はいだしょうこ 誕生

2003年4月7日から2008年3月28日までの5年間、NHKの未就園児向け番組『おかあさんといっしょ』の第19代目うたのおねえさんとして活躍した[5]。宝塚歌劇団出身のうたのおねえさんは第8代目の森晴美以来となる歴代2人目。就任時に「たくさんの子供達に自分の名前を覚えてもらいたい」という理由で、芸名を本名(のひらがな表記)の『はいだしょうこ』に戻した。

出典:https://ja.wikipedia.org

歌のお姉さん、はいだしょうこさん誕生。相方の歌のお兄さんは今井ゆうぞうさんで、このコンビはとても人気がありました。はいだしょうこさんは、歌も上手で子供と一緒に聞いていました。個人的には「きみのこえ」が大好きで「ママゴリラ」がいんぱくとがある 歌でした。

はいだしょうこさんの今

歌のおねえさん卒業後はソロ歌手・タレントとして活躍中であるが、「おかあさんといっしょ」のファミリーコンサート[8]やぐ〜チョコランタンのファミリーコンサート・NHKの子供番組キャラが集合したコンサート [9]やバラエティー番組等にも出演している。

出典:https://ja.wikipedia.org

歌のお姉さんを卒業してからは民放放送局ではいだしょうこさんを見る機会が多くなりました。そこではいだしょうこさんの知られざる一面も見ることができました。その中でもとても天然だったということには驚きました。歌のお姉さんの姿からは想像できませんでした。

はいだしょうこさん エピソードを集めてみました

はいだしょうこさん エピソードその1 天然キャラ

「うたのおねえさん発表の記者会見でNHKに行く際、タクシーの運転手に行き先を聞かれ『うたのおねえさんまで』と答え、その記者会見で記者に今後の目標を聞かれ『世界平和』と答えた」、親友のかまだみきに「好きなサッカー選手を聞かれ『新庄』と答えた」、「魚のスズキを『ササキ』と言ってしまった」など多数の天然キャラとしてのエピソードがある

出典:

はいだしょうこさんの天然っぷろは。ここまでくると、すごいなと感心してしまいます。ふそれが、はいだしょうこさんの良いところであり、好かれる部分なのかもしれませんね。

はいだしょうこさん エピソードその2 子供のころからの宝物

2歳のころから現在でも愛用しているヒツジのぬいぐるみ(メーメーちゃん)を抱いて、長年の使用により染み込んだヨダレの臭いを嗅がないと眠れないというエピソードが紹介された。このぬいぐるみは幼少時のニューヨーク在住中に両親に買ってもらったもので、はいだのブログのタイトルやバックバンド名はこのぬいぐるみから来ている。

出典:https://ja.wikipedia.org

とてもすごい愛着だと思います。
子供のころから大切にしているものって誰にでもあると思います。はいだしょうこさんの場合、それが、今でも続いているという話です。

はいだしょうこさん エピソードその3 画伯 はいだしょうこ

うたのおねえさんを務めていた当時、佐藤弘道からは「子供を黙らせる絵を描かせたら日本一」と評された。さらに両親からも「人前で絵を見せることだけはするな」と釘を刺されていたが、結局仕事上で描かざるを得なくなった[12]。

出典:https://ja.wikipedia.org

はいだしょうこさんの描いた絵は、とても個性的でインパクトがあります・歌のお姉さんを卒業してからは、いろいろな番組にひっぱりだこでしたね。天然キャラと画伯はいだしょうこが視聴者には新鮮だったのかもしれませんね。はいだしょうこさんの新たな一面を見ることができました。

はいだしょうこさんとは、このような人物でした・・・。

はいだしょうこさんと名前を聞くと歌のお姉さんのイメージが強い印象でした。そんなはいだしょうこさんも2012年にはご結婚をされて新しい家庭を築きながらも、芸能界で頑張っています。
歌のお姉さんを卒業してからの活動も素晴らしく、素敵な人生を歩んでいるのだなと思いました。
これからも、はいだしょうこさんらしく、たまには歌のお姉さんになって素敵な歌声をきかせてほしいなと思います。

旦那様といつまでも、末永く、お幸せに・・・。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ