記事ID32809のサムネイル画像

二回目ドラマ化は地上波主演阿部寛『下町ロケット』まとめ!!

『WOWOW』でドラマ化されて以来二度目のドラマ化になる『下町ロケット』は今度は地上波での放送になり、阿部寛さんが主演を務めるとのことです。今回は阿部寛さんが主演のドラマ『下町ロケット』についてまとめてみることにしました。

ドラマ『下町ロケット』主演!阿部寛とは

今回は、阿部寛さん主演のドラマ『下町ロケット』についてとことん!まとめていきたいと思います。

…その前に、まずは阿部寛さんについて簡単にご紹介します。

ドラマ『下町ロケット』主演!阿部寛とは

阿部寛

本名:阿部寛
生年月日:1964年6月22日(51歳)
出生地:神奈川県横浜市神奈川区
身長:189cm
血液型:A型
職業:俳優、モデル
ジャンル:映画、テレビドラマ、舞台
活動期間:1983年 -

阿部 寛(あべ ひろし、1964年6月22日[1] - )は、日本の俳優、モデル

出典:https://ja.wikipedia.org

茂田オフィス所属

出典:https://ja.wikipedia.org

雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍

出典:https://ja.wikipedia.org

映画『はいからさんが通る』で俳優デビュー

出典:https://ja.wikipedia.org

NHKドラマ『チロルの挽歌』に高倉健が主演するという話を聞くと、名前のつかない端役にもかかわらず出演を希望

出典:https://ja.wikipedia.org

NHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』で有能な老中松平乗邑役を演じたのを皮切りに、時代劇への出演も増え、特に大河ドラマにはその後『元禄繚乱』(1999年)、『武蔵 MUSASHI』(2003年)、『義経』(2005年)、『天地人』(2009年)などで重要な役どころとして立て続けに出演

出典:https://ja.wikipedia.org

仲間由紀恵と共演したドラマ『TRICK』では、劇中で自身のモデル時代の写真を自虐ネタとして多用するなど徹底して三枚目の役を演じた

出典:https://ja.wikipedia.org

ドラマ『HERO』では検事役を演じるなど、以降二枚目から三枚目までの役柄を幅広くこなす俳優として活躍している

出典:https://ja.wikipedia.org

ドラマ『下町ロケット』主演!阿部寛の公式サイト

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』とは

それでは本項より、阿部寛さん主演のドラマ『下町ロケット』についてまとめていきます。

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』とは

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』

ジャンル:テレビドラマ
放送時間:日曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間:2015年10月18日 - 12月20日(予定)(10回)
放送国:日本
制作局:TBS
演出:福澤克雄・棚澤孝義・田中健太
原作:池井戸潤
脚本:八津弘幸
プロデューサー:伊與田英徳・川嶋龍太郎
主演:阿部寛

原作:池井戸潤『下町ロケット』

著者:池井戸潤
発行日:2010年11月24日
発行元:小学館
ジャンル:小説
国:日本
言語:日本語
形態:四六判
ページ数:416
コード :ISBN 9784093862929/ISBN 9784094088960(文庫判)

『下町ロケット』(したまちロケット)は、池井戸潤の小説、及びこれを原作としたテレビドラマ

出典:http://ja.wikipedia.org

2015年10月18日から毎週日曜21:00 - 21:54に、TBSテレビの「日曜劇場」で放送される予定

出典:https://ja.wikipedia.org

主演は阿部寛

出典:https://ja.wikipedia.org

日曜劇場での池井戸潤原作作品は、『半沢直樹』(2013年)『ルーズヴェルト・ゲーム』(2014年)に次いで3作目で、前2作と共通したスタッフで制作される

出典:https://ja.wikipedia.org

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』の公式サイト

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』のメインキャスト

阿部寛さんの主演ドラマ『下町ロケット』のキャスティングについてご紹介致します。

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』のメインキャスト

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』のメインキャスト①阿部寛

佃 航平役

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』のメインキャスト②土屋太鳳

佃 利菜役

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』のメインキャスト③杉良太郎

藤間 秀樹役

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』のメインキャスト④吉川晃司

財前 道生役

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』のあらすじ

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』予告編(動画)

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』予告編(動画)

阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』のあらすじ

元宇宙科学開発機構の研究員で、現在は父親が遺した下町の工場で経営者として第二の人生を送っている佃航平(阿部寛)。年頃の娘・利菜(土屋太鳳)との仲は多少ギスギスしているものの、経営は順調で次第に業績を上げていく佃製作所。

出典:http://www.tbs.co.jp

しかし、あきらめきれない自分の夢であるロケットエンジンの開発に力を入れすぎ、少しずつ業績は下降気味に。

出典:http://www.tbs.co.jp

ドラマ『下町ロケット』に主演する阿部寛

ある日、大手取引先である京浜マシナリーから突然取引中止を宣告されてしまう。大口の取引先を失い資金繰りに窮した佃は運転資金を確保するため、経理部長の殿村とメインバンクである白水銀行へと向かうが、銀行からは実用の目処が立たない水素エンジンを継続して開発していくのであれば、新たに融資をするのは難しいと言われてしまう。

出典:http://www.tbs.co.jp

ドラマ『下町ロケット』に主演する阿部寛

メインバンクからの貸し渋りを受け、途方に暮れる佃たちであったが、そこに新たな問題が。

出典:http://www.tbs.co.jp

なんとライバル企業のナカシマ工業から特許侵害で訴えられてしまったのだ。清廉潔白の佃製作所ではあるが、大手企業から訴えられるという事実により評判は地に堕ち、銀行からの融資も絶望的な状態に。佃製作所の技術が狙いであるナカシマ工業は姑息な法廷戦略で裁判を長引かせ、じわじわと体力を奪っていく。

出典:http://www.tbs.co.jp

ドラマ『下町ロケット』に主演する阿部寛

そんな中、日本を代表する大企業・帝国重工から佃製作所の持つ特許を買い取りたいとの話が持ち上がる。その金額はなんと20億円。多額の負債を抱え、生きるか死ぬかの瀬戸際に立っている佃製作所にとっては是が非でも必要な金だが、その特許には佃の夢が詰まっていた。経営者として、多数の社員の生活を抱える社長として、佃の出す結論とは…?

出典:http://www.tbs.co.jp

終わりに

今回は阿部寛さんの主演ドラマ『下町ロケット』についてまとめてみました。
宇宙飛行士になるのが夢だった主人公が倒産寸前の会社でロケットを開発する夢のあるシナリオの『下町ロケット』。「ようこそ我が家へ」や「花咲」で人気の作家池井戸潤さんの代表作である『下町ロケット』。阿部寛さんが主人公と言うのにも期待が高まります。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ