記事ID29175のサムネイル画像

幾度にわたるメンバー交代を乗り越えデビュー8年目を迎えたkara

日本でも人気を集めているkaraは、デビュー8年目を迎えたベテランガールズグループ。この間、数回にわたるメンバー交代を経て、一時は解散危機に瀕したこともありましたが、みんなで乗り切り今のkaraがあります。karaが遂げた変化の変遷についてまとめてみました。

karaのプロフィール

karaのメンバー構成(2015年9月現在)

(写真左から)
・ク・ハラ(1991年1月13日生まれ)
サブボーカル、メインラッパー
・パク・ギュリ(1988年5月21日生まれ)
リーダー、リードボーカル
・ホ・ヨンジ(1994年8月30日生まれ)
サブボーカル
・ハン・スンヨン(1988年7月24日生まれ)
メインボーカル、サブラッパー

・DSPメディア所属。
・2007年3月デビュー。
・グループ名の「kara」は、甘いメロディーという意味を持つ言葉「가락(カラク)」に、ギリシャ語で喜びという意味の「CHARA」を加えて、「音楽を通じて喜びを与えたい」という思いを込めて付けられた。

karaは、2015年9月現在、リーダーパク・ギュリを始めとする4人組ガールズグループとして活動中ですが、2007年にデビュー後、現在まで3度にわたるメンバー交代を経験しています。karaのメンバー変遷についてみてみましょう。

karaの初代メンバー(デビュー~2008年2月)

・2007年3月29日、韓国デビュー
・DSP ENT(のちのDSPメディア)が第2のFin.K.L誕生を目指し、満を持して送り出したのがkaraでした。
・デビュー当時のkaraのメンバーは、リーダーのパク・ギュリ、ハン・スンヨン、キム・ソンヒ、チョン・ニコルの4人でした。
・2008年9月を最後に次のアルバムの準備のため1集アルバムのプロモーション活動を終了。

キム・ソンヒ

・1989年5月17日生まれ
・彼女が信仰を持っている宗教は、エホバの証人である。

2008年2月27日、突然メ、所属事務所がkaraのメンバーだったキム・ソンヒが、チームを脱退したことを発表。脱退の理由は、キム・ソンヒの個人的な宗教活動と芸能界活動による、所属事務所との摩擦が脱退のきっかけだったといわれています。

karaを脱退したメンバーのその後

karaの初代メンバーだったキム・ソンヒは、2011年、22歳の若さで結婚を発表。お相手は、声優ヤン・ジウンの長男で9歳年上のヤン・ウォンジュン氏。二人は、宗教団体での音楽活動を通して知り合い交際に発展したと言います。

karaのメンバーチェンジ(2008年2月~2014年1月)

突如、メンバーキム・ソンヒの脱退を発表したkaraの所属事務所は、karaの今後について、メインボーカルとサブボーカルをケーブルチャンネルのMnetと連動して公開オーディションで選抜し、4月に5人組のグループとして活動を再開すると発表しました。

karaの新メンバーを選抜した公開オーディション番組

ク・ハラ

・1991年1月13日生まれ
・血液型B型
・光州出身
・1男1女の末っ子として生まれた。
・学生時代、インターネットの衣類ショッピングモールモデルとして活動した経歴がある。
・2007年にJYPエンターテイメントが主催したオーディションに参加。最終選考まで進出したが、最終的に脱落。
・その後、DSPメディアのオーディションをを通じてkaraのメンバーとして、2008年7月24日にMnetエムカウントダウンを通してデビューを果たす。

イ・アルム

オーディションを通して、ク・ハラと共に選ばれたメンバー。しかし、方向性の違いからプロモーション活動中に脱退することに。

イ・アルムの脱退に伴い、ク・ハラやイ・アルムの参加した公開オーディションの参加者で、当時中学生だったカン・ジヨンがメンバーとして参加することになりました。

知英(ジヨン)

・1994年1月18日生まれ
・現在は、スウィートパワー所属。

1st ミニアルバム『1st Mini Album』:新生karaの誕生

2008年7月25日、追加メンバーのク・ハラ、カン・ジヨンの2人が加わった新生karaとして「Rock U」をタイトル曲とする『1st Mini Album』を発表し活動を再開。

新生karaは、成績不振だった1集アルバムからコンセプトを変え、Cuteで活動的なイメージを全面的に押し出したイメージチェンジを図りました。

新生karaとなってからは、バラエティ番組にも積極的に出演するようになったkara。今では、メンバー全員が個人的にもバラエティに出演しており、中でもク・ハラは、賞を受賞した経歴もあります。

karaのメンバーギュリは、プロモーションのイメージに合わせ、10年間伸ばし続けていた髪を短くして登場。

kara、再びメンバーの脱退を経験

2014年1月16日にkaraデビュー当時からのメンバー、チョン・ニコルが脱退。
当初はソロ活動と並行してkaraとしても活動出来るよう事務所側と協議したものの合意に至らず脱退したと言われていました。脱退理由について表向きは、このようにソロ活動に力を入れたいという本人の希望だとされていましたが、所属事務所の不当待遇が理由だったのではないかとも言われています。

チョン・ニコル

・1991年10月7日生まれ
・karaの初代メンバー
・現在は、B2Mエンターテインメント所属。
・韓国系アメリカ人。

2期メンバーであるカン・ジヨンも同年4月5日の契約満了をもってkaraを脱退し、イギリス留学に旅立ちました。

イギリス留学から帰国後、日本語が比較的得意だったカン・ジヨンは、日本で女優活動を始めると発表しました。

karaを脱退したメンバーのその後

kara脱退後、アメリカへ渡り、ダンスやボーカルのトレーニングを受けたニコルは、2014年10月、B2Mエンターテインメントとの専属契約締結を発表、韓国の芸能界に戻ってきました。同年11月19日、ソロとして初のミニアルバム『First Romance』をリリース。2015年6月には、日本で初のソロシングル『Something Special』を発売しました。

ジヨンは、2014年8月、スウィートパワーと専属契約を結び、「知英」の名で日本を中心に女優活動を開始しました。

・同年10月からの日本テレビの連続ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』にWヒロインの一人である雪女のゆきめ役で出演。
・ファッション雑誌『non-no』のレギュラーモデルにも起用。
・2015年、『暗殺教室』で映画初出演。
・同年4月から初のラジオレギュラー番組『知英の季節』でパーソナリティを務めるなど幅広く活躍中。
・同年7月からはテレビ朝日の連続ドラマ『民王』にて物語の重要な鍵を握る美人女子大生のヒロイン、村野エリカを演じる。

karaの新メンバーを選抜するオーディション番組「karaプロジェクト」

オーディション番組「karaプロジェクト」

全6回数
放送期間(韓国)2014.05.27.~2014.07.01.
MBC MUSIC

「韓流の中心でありレジェンド、国民的アイドルkaraの新メンバーを選ぶ?」国民的人気を集めるガールグループkaraのニューフェイスを選ぶ空前絶後のプロジェクトが開始された。「karaの新しいメンバーをファンたちが直接選ぶ?!」ファンたちの手で直接選ぶkaraの新メンバー!今まで試みたことがなかった破格的なスタイルのプログラム

出典:http://www.mbcplus.com

オーディション番組「KARAプロジェクト」を通してホ・ヨンジが新メンバーに

karaプロジェクトに参加したホ・ヨンジは、7人の候補者の中から最終戦に共に進出したアン・ソジン、チョン・ソミン、キム・チェウォンと競い、ファン投票で満点の5000点、専門家とkaraのメンバーの投票でほぼ満点の4806点を獲得、合計9806点で1位となり、karaの新メンバーに選ばれました。

ホ・ヨンジ

・実家がコーヒーショップを経営
・元Core Contents Mediaの練習生
・キョンギ道高陽市生まれ

6th ミニアルバム『DAY & NIGHT』:新生kara再び

2014年8月18日、新メンバーホ・ヨンジを加え、4人体制となった新生karaは、プロデューサーにイダンヨプチャギ(二段横蹴り)を迎え、6thミニアルバム『DAY &NIGHT』をリリースし再び活動を再開しました。

karaを守り続けてきたメンバーたち

パク・ギュリ

・1988年5月21日生まれ
・AB型
・母は声優のパク・ソヒョン。
・ソウル出身

ハン・スンヨン

・1988年7月24日生まれ
・ソウル出身
・趣味:旅、読書、映画・ドラマ鑑賞、電子製品収集、動物のことを調べること
・特技:蚊の飛ぶ音のマネ、カラスの鳴き声のマネ

三度にわたる脱退を経験したkara。その間、解散疑惑など何度も苦難の時期を勝ち抜けたのは、karaを初代から守りぬいてきた二人のメンバーの役割が大きかったのは間違いありませんよね。今では、ワンダーガールズ、少女時代とならび、ガールズグループとしては8年近く活動をし続けている貴重な存在となりました。今後の活躍にも期待しています!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ