記事ID26880のサムネイル画像

【可愛い!】ももいろクローバーZのメンバーを紹介します!!

結成時「週末ヒロイン」というキャッチコピーで活動していたももいろクローバーZ。ライブでのパフォーマンスでも注目を浴びているももいろクローバーZのメンバーとはどんな子達なのか?気になるももいろクローバーZのメンバーを紹介します。

ももいろクローバーZとは?

ももいろクローバーZは
2008年に結成されたグループで
メンバー全員がスターダストプロモーションに所属しています。

「ピュアな女の子が、幸せを運びたい」という意味を込め、ももいろクローバーとして2008年5月17日に結成。2011年4月10日にサブリーダー・早見あかりの脱退に直面し、その翌日から心機一転、ももいろクローバーZとなって再出発した。

出典:https://ja.wikipedia.org

結成当時は全員が学生であったため、週末ヒロインと称して土日を中心に活動を始めた。メンバーは所属事務所内から選抜されたものの、”本当に有望な人材というわけではなく努力が必要”だと判断され、メディアに取り上げられることのないライブアイドルとして、数人の客を相手に路上ライブからのスタートを強いられた。その後も、全国ツアーと称して車中泊をしながら各地の家電量販店を回って、店先で踊りCDを手売りするなど、数多くの下積みを経ておりメジャーデビューまでに約2年を費やした。

出典:https://ja.wikipedia.org

ひたむきで気力あふれるライブパフォーマンスが特徴。数々の試練にも笑顔で、そして全力で立ち向かう姿勢が評価されている。そのスタンスと呼応するように、歌詞には純粋な夢や情熱を感じさせるものが多い。激しいダンスと相まって歌声が安定しない面もあるが、口パクに頼らず「生歌」でライブを行う。もともと”和”をコンセプトとしたグループであり、昭和を代表する南こうせつや加藤茶といった人物をゲストとして招くなどし、大規模ライブにおいては松崎しげるの登場が恒例となっている。

出典:https://ja.wikipedia.org

”いま、会えるアイドル”のキャッチフレーズのもと、小規模会場でも定期的にライブを行い、リリース時期には地方回りをしてローカル番組に出演するなど、地道な活動を行っている。またメンバーからの提案で東日本大震災の被災地である宮城県女川町との交流がスタートし、現地を度々訪れている。なお握手会などの、いわゆる接触系イベントは行っていない。

出典:https://ja.wikipedia.org

ももいろクローバーZのメンバー「百田夏菜子」

百田夏菜子

1994年7月12日生まれ
静岡県出身
スターダストプロモーション所属
ももいろクローバーZのメンバーでリーダー

小学5年生の時に、母親が雑誌『De☆View』で現在の事務所のオーディション記事を見て応募、合格した。

出典:https://ja.wikipedia.org

趣味は家でのんびりDVD鑑賞。外の自然も好きであり、子どもの頃は毎日のように夜遅くまで外で友達と遊んでいた。
特技は新体操、バスケットボール。

出典:https://ja.wikipedia.org

情感を込めて歌い上げるスタイルが特徴であり、自分なりの表現方法を体ごと動かしながら見つけることができる。初期からグループを担当している宮井晶は、メロディーライン通りに歌えるという歌唱力というよりも、まるで自ら”作曲”しているかのように相手に伝える表現力が高いとしている。

出典:http://ja.wikipedia.org

ももいろクローバーZのメンバー
百田夏菜子のキャッチフレーズはこちらです。

静岡県出身のため「茶畑のシンデレラ」(川上アキラマネージャーの発案)。「えくぼは恋の落とし穴」も使用(チャームポイントであり、笑っていなくても「笑っている」と言われるほどハッキリしている)[

出典:https://ja.wikipedia.org

ももいろクローバーZのメンバー百田夏菜子の
イメージカラーは「レッド」です。

ももいろクローバーZのメンバー百田夏菜子は
2015年の自身の成人式を終えた後、
それまで黒髪ロングだった髪を人生初となるベリーショートにし
ファンを驚かせました。

また、
ももいろクローバーZのメンバー百田夏菜子の母親が
旧グループ名である「ももいろクローバー」の名づけ親と
ももいろクローバーZのメンバー百田夏菜子が発言しています。

ももいろクローバーZのメンバー「玉井詩織」

玉井詩織

1995年6月4日生まれ
鹿児島県生まれ神奈川県出身
スターダストプロモーション所属
ももいろクローバーZのメンバー

小学校4年生の時、現在の事務所にスカウトされ芸能界入り。事務所に入ったのは百田夏菜子と同日。

出典:https://ja.wikipedia.org

ももいろクローバー結成直後は、pieceesというダンスユニットにも所属していた。他のメンバーは、伊倉愛美(元・ももいろクローバー)、奏音(元・私立恵比寿中学)、矢野妃菜喜(同)、宇野愛海(同)、夏川桃菜で、ももいろクローバーの初お披露目の際は伊倉とともに2つのグループのメンバーとしてステージに立った。なおpieceesの対外的な活動はこれ1回だけであった。

出典:https://ja.wikipedia.org

趣味は音楽・映画鑑賞、料理、お菓子作り。手先が器用であり、描いた絵がNHKハート展に展示されたこともある。
特技は遠くから投げられるマシュマロを口でキャッチすること、どこでもすぐに眠れること。

出典:https://ja.wikipedia.org

メンバー随一の食いしん坊(本人曰く、早食いや大食いというより、純粋に食べるのが好きとのこと)。テレ朝動画『ももクロChan』にて、2011年の目標として「わんこそばを100杯食べる」という発表をした。その後ロケで挑戦し93杯(時間無制限)を記録。2012年2月11日には、岩手県花巻市で開催されたわんこそば全日本大会個人の部に一般で参加。直前に控室でご当地ハンバーガーを食べてしまい、記録は62杯(制限時間5分)となり女子の部個人で8人中7位であった。

出典:https://ja.wikipedia.org

ももいろクローバーZのメンバー玉井詩織の
キャッチフレーズはこちらです。

「泣き虫で甘えん坊な、みんなの妹」。「ももクロの若大将」という呼ばれ方をされたこともあったが、本人は嫌がった。

出典:https://ja.wikipedia.org

ももいろクローバーZのメンバー玉井詩織の
イメージカラーは「イエロー」です。

ももいろクローバーZのメンバー「佐々木彩夏」

佐々木彩夏

1996年6月11日生まれ
神奈川県出身
スターダストプロモーション所属
ももいろクローバーZのメンバー

小学1年生の時、ジュネス企画にスカウトされ芸能界入り。小学5年生の時、現在の事務所に移籍。

出典:https://ja.wikipedia.org

趣味は美術館めぐり、おしゃれ、読書、音楽鑑賞、映画鑑賞、可愛い物を集めること、半身浴、料理、デコレーション。
特技はスキー、本の読み語り、人形と話をすること。

出典:https://ja.wikipedia.org

グループ最年少ながら、ライブのMC(トークを回す役割)を担当。

出典:https://ja.wikipedia.org

2008年11月23日にグループへ加入。当時は、変顔を見せることにも抵抗を示すほどであった。振付でコマネチを強要され、「やりたくない」と号泣したこともある。最終的に、ももクロはそういったことをするグループであることを理解し克服した。

出典:https://ja.wikipedia.org

ももいろクローバーZのメンバー佐々木彩夏の
キャッチフレーズはこちらです。

「ちょっぴりセクシーでおちゃめな、ももクロのアイドル」

出典:https://ja.wikipedia.org

ももいろクローバーZのメンバー佐々木彩夏の
イメージカラーは「ピンク」です。

ももいろクローバーZのメンバー「有安杏果」

有安杏果

1995年3月15日生まれ
東京都生まれ埼玉県出身
スターダストプロモーション所属
ももいろクローバーZのメンバー

1996年、1歳の時、雑誌の赤ちゃんモデルで芸能活動を始め、まもなくシーアンドティー(キャロット)に所属。

出典:https://ja.wikipedia.org

2004年から『ポンキッキーズ21』に「シスターラビッツ」としてレギュラー出演。同時期に特待生としてEXPGに入りEXILEのキッズ・ダンサー等を務めた。
2005年9月24日 - 12月18日、『EXILE@LIVE TOUR 2005 PERFECT LIVE 〜ASIA〜』に帯同。「Kiss you」にMAKIDAIとのペアで出演。

出典:https://ja.wikipedia.org

2008年11月1日、スターダストプロモーションに移籍。

出典:https://ja.wikipedia.org

2009年2月2日、アイドルグループ・Power Ageに加入。
2009年5月30日、加入から3か月ながら、Power Ageが解散。
2009年7月26日、『スタ☆フェス Vol.006』にて、アイドルグループ・ももいろクローバーに加入。

出典:https://ja.wikipedia.org

趣味は音楽鑑賞、料理、お風呂で歌うこと。
特技はムーンウォーク、パントマイムなどの高度な動き。

出典:https://ja.wikipedia.org

ももいろクローバーZのメンバー有安杏果の
キャッチフレーズはこちらです。

「ちょっぴりおバカな、小さな巨人」

出典:https://ja.wikipedia.org

ももいろクローバーZのメンバー有安杏果の
イメージカラーは「グリーン」です。

ももいろクローバーZのメンバー「高城れに」

高城れに

1993年6月21日生まれ
神奈川県出身
スターダストプロモーション所属
ももいろクローバーZのメンバーで元リーダー

中学2年生の時、現在の事務所にスカウトされ芸能界入り。それ以前にも、エキストラの仕事は経験していた。

出典:https://ja.wikipedia.org

結成時は最年長ということでリーダーを務めていたが、2008年11月頃に退任(後任は百田夏菜子)。マネージャーの川上アキラは当時を振り返り、真面目で考え過ぎて余裕がなくなってしまう状態だったため、一歩引いた立場の方が本人の色が出せると判断し、交代を決断したと述べている。

出典:https://ja.wikipedia.org

趣味は異次元について考えること。
特技は幽体離脱。イメージトレーニングをしたところ、夢と現実の境界線のところで魂が抜けるようになり、夢をコントロールできるようにもなったと述べている。ただし、金縛りによくあう。

出典:https://ja.wikipedia.org

ももいろクローバーZのメンバー高城れにの
キャッチフレーズはこちらです。

「ももクロの感電少女」。マネージャーが考えたもので意味は不明であるが、高城本人は「霊感など人と違った感性があり、一緒にしゃべっていると感電する」という意味だと解釈している。

出典:https://ja.wikipedia.org

なお、初期の頃は「ももクロの癒し系」「幽体離脱少女」などのキャッチフレーズであった。しかし、2015年7月19日に起こった静岡県西伊豆町での感電事故の影響により、「感電」というフレーズを使うことが控えられ、後述する本人の骨折のこともあり、しばらくの間「骨は折れても、心は折れません」というフレーズを使っている。

出典:https://ja.wikipedia.org

ももいろクローバーZのメンバー高城れにの
イメージカラーは「パープル」です。

ももいろクローバーZのこれからとは

個性豊かなメンバーが揃っている
ももいろクローバーZ。

早くも2016年のドームツアーも決定しており
これからも、ももいろクローバーZの活躍が楽しみですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ