松村沙友理の乃木坂46初の不倫、路チューを週刊文春がスクープ!!

乃木坂46激震!!乃木坂46初の松村沙友理の不倫スキャンダルを週刊文春がスクープ報道!!しかも、乃木坂46の人気メンバー、松村沙友理が“路チュー”写真を週刊文春に撮られてしまいました。週刊文春の報道内容、松村沙友理の謝罪・釈明などの経緯をご紹介します。

「週刊文春」(文藝春秋)に“路チュー不倫”報道された乃木坂46松村沙友理のプロフィール

プロフィール

松村沙友理(まつむらさゆり)

生年月日:1992年8月27日(23歳)
出生地:大阪府
身長:163cm
血液型:B型
デビュー:2011年
愛称:さゆりん、まっつん、まっちゅん、さゆりんご
所属事務所:乃木坂46合同会社

経歴・主な活動

2011年8月21日、乃木坂46の1期生メンバーオーディションで38,934人の中から選ばれて合格し、芸能界デビュー。
2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。
2013年4月6日~6月22日、テレビドラマ『BAD BOYS J』(日本テレビ)に藤井美香役でレギュラー出演を果たした。
2013年4月18日~、ニコニコ生放送の「生のアイドルが好き」に、乃木坂46の中田花奈とともにメインMCを担当し、レギュラー出演開始。
2015年3月23日、女性ファッション誌『CanCam』の専属モデルに起用された。
2015年7月11日~ 乃木坂46初主演ドラマ『初森ベマーズ』(テレビ東京系)放送開始。ユウウツ役を演じる。

「週刊文春」による乃木坂46松村沙友理の不倫スキャンダル報道の概要

遂に、乃木坂46メンバーの初スキャンダルが出てしまいました。

それも乃木坂46のトップクラスの人気メンバー、松村沙友理さんです。しかも強烈です。週刊文春に路チューを激写されたのです。お相手は…なんと…

集英社の、元「ヤングジャンプ」のグラビア担当の編集者だったのです。しかも妻子持ちということですから、不倫です。

これは、もうダメだと思いました。AKB48と同じく、乃木坂46ももちろん、“恋愛禁止”です。恋愛もダメなのに、不倫です。しかも路上キスです。

私は、松村沙友理さんは、活動辞退、卒業は免れないと思いました。

この後、松村沙友理は、一体どうなるのか!?

これが乃木坂46松村沙友理の路チュー画像です!!

 乃木坂46の人気メンバー・松村沙友理(22)の不倫スキャンダルを報じた「週刊文春」(文藝春秋)が、今週号で追い打ちとなる新情報を掲載している。松村は15日に出演予定だったイベントを欠席したが、これを見越した"雲隠れ"だったのではと騒がれている。

 松村は先週号の同誌で、過去に「ヤングジャンプ」(集英社)のグラビアページを担当していた集英社の編集者S氏との路上キスを激写され、個室高級カラオケ店などで深夜に何度も逢瀬を重ねていると伝えられた。「枕営業か」などと騒がれる中、松村は生放送のラジオ番組に出演。「書かれていることは事実じゃないことも多い」「男女の仲という感じでは全くない」などと釈明し、S氏とは街でたまたま声をかけられただけ...つまりは「ナンパ」され、仕事で悩んでいた時期だったために一度だけ食事についていってしまったと説明した。また、互いに偽名を使っていて、相手の素性や既婚者だということは知らなかったとも語った。

 互いに誰かもよく知らないまま、たまたま人気雑誌の元グラビア担当者が人気アイドルをナンパするなどありえるのか...。あまりに稚拙な言い訳に非難轟々だったが、一応は自分の言葉で決着をつけた姿勢は評価され、ファン離れは招いたものの騒動は収束したかに思えた。だが、これに納得していないのが当のスクープを報じた「文春」だ。「事実じゃないことも多い」という松村の発言が逆鱗に触れたらしく、今週号で追撃記事を掲載した。

出典:http://news.livedoor.com

乃木坂46松村沙友理さんの不倫スキャンダルが載った週刊文春が発売された2014年10月8日、その夜、偶然にも、ラジオ番組「レコメン!」(文化放送)の生放送に松村沙友理さんが出演しました。

そこで、松村沙友理さんは、不倫スキャンダルについて、謝罪・釈明し、「事実じゃないことも多い」と反論しました。

この反論に対して、週刊文春は猛反撃に出て、親密会話&抱擁キス動画を公開しました。

 乃木坂46の人気メンバー・松村沙友里と集英社勤務の既婚者編集者X氏との不倫疑惑をすっぱ抜いた「週刊文春」(文藝春秋)が、最新号でさらなる爆弾を投下し、話題になっている。

出典:http://news.livedoor.com

 一連の不倫疑惑を受け、松村はラジオで謝罪したものの、肝心部分については「男女の関係ではない」「結婚していることは知らなかった」「書店でナンパされた」と苦しい言い訳を連発。文春に対しても「書かれていることは事実じゃないことも多い」と反撃した。

 これに文春側は最新号ですかさず反撃。X氏と仲睦まじく歩く松村の姿を録画した動画データと、デート中の会話を詳細に記したメモを有料サイト「週刊文春デジタル」にアップしたのだ。

出典:http://news.livedoor.com

ラジオ番組「レコメン!」(文化放送)での松村沙友理さんの不倫スキャンダル報道への釈明は、とても不自然で、納得できるものではなく、週刊文春の報復記事であっさりと否定されてしまいます。

詳細については、後で述べます。

 「文春」サイドの報復はすさまじく、有料の公式サイトで松村の会話メモ全文と抱擁&キス動画を公開している。この流れは今年8月に暴行容疑で書類送検された氷川きよしのケースと似ている。「文春」が暴力疑惑を報じるも氷川が完全否定したため、同誌はサイトで暴行の様子を収めた音声を公開。言い逃れが不可能になり、それから程なくして氷川は書類送検された。

出典:http://news.livedoor.com

ラジオの生放送で、松村沙友理が週刊文春の不倫報道について涙の謝罪!!

ラジオ番組「レコメン!」(文化放送)のため、放送局入りするタクシーで裏口から入った画像

 8日発売の週刊文春で、集英社に勤務する30代既婚男性との路上キスを報じられたAKB48の公式ライバル「乃木坂46」の松村沙友理(22)が8日、文化放送「レコメン!」(月~木曜・後10時)に生出演し、ファンに謝罪した。清純派グループに巻き起こった初スキャンダル。グループの運営側から事情を聞かれた松村はデートとキスは認めたが「新宿の紀伊國屋書店で出会い、妻帯者とは知らなかった」と説明した。

 この日の放送はメンバーを変更することが検討されたが、松村が出演を直訴。午後8時半、タクシーの後部座席に生駒里奈(18)と並んで座り、スタジオ入り。報道陣のフラッシュを浴びると顔をそむけた。

出典:http://www.hochi.co.jp

ラジオ番組「レコメン!」への出演メンバーの変更が検討されていたんですね。しかし、松村沙友理さんは、出演を直訴。

この場面で出演を決めるなんて、松村沙友理さん、度胸あります。これで、正直に事実を明らかにして、謝罪すれば、株も上がったと思うのですが…

ラジオ番組「レコメン!」(文化放送)生放送での松村沙友理の謝罪、釈明の詳細

  乃木坂46の松村沙友理(22)が8日、自身の不倫報道について涙で謝罪、釈明した。文化放送のラジオ番組「レコメン!」の生放送に出演した。

出典:http://www.nikkansports.com

  番組中盤、生駒里奈(18)から「ここで、松村沙友理から皆さんにお伝えすることがあります」と促され、松村は「まず、ここでお時間いただけたこと、本当にありがとうございます。乃木坂の松村沙友理です」と切り出し、話しだした。

  「あの、もう、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、今週発売の週刊誌に私の記事が掲載されます。うう…。書かれていることは、本当に、事実じゃないことも多くて、私も本当にその記事を読んで驚いています。(深呼吸)この件で、本当に、ファンのみなさま、メンバー、関係者のみなさまに、私の軽率な行動でご迷惑をおかけしたことを申し訳なく思っています。本当にすみませんでした」

出典:http://www.nikkansports.com

  さらに、編集者との出会いの経緯も明かし、交際は否定した。

  「この記事に書かれている相手の方は、全然お仕事で知り合った方ではなくて、私が、いろいろと悩んでいる煮詰まってしまっている時に、町中で声をかけられて…。普段なら、本当に絶対あり得ないんですけど、その時はお食事に行きました。会話の内容の大半はアニメとか漫画の趣味の話ばかりで、男女の仲っていう感じでは本当に全くありません」

出典:http://www.nikkansports.com

「お仕事で知り合った方ではなくて」 
  ⇒ お相手は、集英社の元「ヤングジャンプ」のグラビア担当の編集者ですから、乃木坂46とは接点があったはずなので、松村沙友理さんと出会った可能性は高いですよね。

「私が、いろいろと悩んでいる煮詰まってしまっている時に、町中で声をかけられて…。普段なら、本当に絶対あり得ないんですけど、その時はお食事に行きました。」
  ⇒ナンパされて、食事に行ったということですよね。松村沙友理さんは、恋愛禁止のアイドルという立場をわきまえて、食事に行くべきではなかったですね。

「会話の内容の大半はアニメとか漫画の趣味の話ばかりで、男女の仲っていう感じでは本当に全くありません」
  ⇒抱擁・キス動画がある以上、弁解の余地がありません。

  また、「路チュー」写真についても、泣きながら説明した。

 「この記事に掲載されている、写真を撮られた日は、私がすごい悩んでいて、飲み慣れていないお酒にすごい酔ってしまい、あらためて写真を見ると、何てバカなことをしたんだと…自分でも信じられません。本当にすみません」

  また編集者に妻子があることについても言及した。

 「実は、その方とお会いする時は、いろいろと隠して、偽名を使っていて、相手の方もあまり知らないで、向こうの方に家庭があることも知りませんでした。ですが、今となっては、このような記事が出てしまい、相手のご家族の方にも、不快な思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っています。私も、相手の方も、お互いのことをほとんど知らないで、趣味の話をするお友達のような認識だったので、私自身が本当に…軽率なことをしたと、後悔しています」

 最後に、あらためて謝罪した。

 「この件で、多くのみなさんに、ご迷惑をおかけしたことを、おわびいたします。本当にすみませんでした、今はもう、本当に、申し訳ないという気持ちでいっぱいです」

出典:http://www.nikkansports.com

「写真を撮られた日は、私がすごい悩んでいて、飲み慣れていないお酒にすごい酔ってしまい」
   ⇒悩んでいて、飲み過ぎて、路チューしてしまった。まっつん、軽率すぎだぞ!!

「実は、その方とお会いする時は、いろいろと隠して、偽名を使っていて、相手の方もあまり知らないで、向こうの方に家庭があることも知りませんでした。」
   ⇒ちょっと、この発言は、信じられないですよね。仮に、松村沙友理さんが相手の方をあまり知らないとしても、この相手の男は、集英社の元「ヤングジャンプ」のグラビア担当の編集者だったわけですから、乃木坂46の松村沙友理は当然知っていますよね。

  生駒も、松村の謝罪を受けて、コメントした。

  「ウチもはじめは、まじかよ!?って思ってしまったけど、まっつん(松村)の言いたいこといっぱい聞いて、人それぞれとらえ方って違うと思うんです。ウチの中にもたくさんの思いがあるけど、話を聞いて思ったことは、初期からずっとやってきた仲間だし、仲間のことは、すべて、支えるし、守ろうと思うし。まっつんは、自分でやってしまったことで、戦っていかなきゃいけない。何をこうしなさいとは言えないけど、これからたくさん、いろいろ悩みとか、たくさん、泣くこともあると思うけど、話もきくし、悩みを聞くし、私のほうが年下で経験していることは少ないと思うけど、思う存分、戦って、自分のそういうところを反省して。向き合って、いろんなことに対して、感謝の気持ちを忘れずに。10枚目シングルも発売したし、ウチはここで終わってらんないし、まっつんも、今まで以上に活動に責任を持っていってほしい。うちも、乃木坂の活動に全力以上で取り組んでいきます」

出典:http://www.nikkansports.com

生駒ちゃん(こと生駒里奈)、心が広すぎるよ。尊敬する。素晴らしい!!

けど、乃木坂46のメンバー全員が、生駒ちゃんのように、まっつん(こと松村沙友理)のことを許しているとは限らないと思うな。

まっつんは、こんなことがあって、乃木坂46の足を引っ張ってしまったわけだから、死ぬ気でやらないと取り戻せないと思う。

  松村は「この記事が出てから、家に居るときも、何もしてなくて。ずっと、冠番組の『乃木坂って、どこ?』を見ていて。(シングルヒット祈願企画の)登山の回を見ていて。メンバーたちのブログを見たら、『みんなで頑張っていこう』って書いてあって。私は、なんて、大バカ野郎なんだと思って…」と明かすと、生駒は「おバカちゃん!」といさめられた。生駒はさらに、「生駒ちゃんはずっと、まっちゃんの味方でいるから、ちゃんと向き合って、いっぱい、頑張っていこう。それが一番だと思う。誰だって人間、間違えるから」とフォロー。

  松村は、あらためて「自分でも信じられないです。ずっとファンのみなさんが大好きで、やってきたのに、10枚目の大切な時期にって、自分のとった行動が信じられないです」と後悔。生駒は「これからはまっちゃんのとる行動で、見てもらおう。態度で示すというか、たくさんの方に、示していこう。大丈夫」と続けた。

  その後、松村と仲のいいメンバーの白石麻衣(22)とキャプテン桜井玲香(18)もサプライズ登場。松村は驚きのあまり、再び泣いてしまった。

出典:http://www.nikkansports.com

不倫スキャンダルが報道されて、まっつんにとっては、却って良かったかもしれないですね。

これが報道されていなかったら、隠れて不倫を続けていたわけだから。

ラジオ番組「レコメン!」(文化放送)生放送での謝罪、釈明はウソか、本当か?

  ラジオ番組での生謝罪にウソがあったとなれば、松村の立場は今まで以上に厳しいものになる。

  「あの謝罪は応援してくれているファンに向けたもの。それにウソがあったとなれば、ファンとの信頼関係は完全に崩れる。メンバーの恋愛に寛容なファンもおり、当初は松村を擁護する声も多かった。『可哀想だ』という同情論まであったのですが、保身のためにウソまでついたとなればファンは失望してしまうでしょう。しかも、どうやら松村は『恋愛禁止』のルールを破っておきながらスポンサーの関係で処分なしになる見込み。それもファンにとっては納得できない要素になっている」(前同)

  くしくも、最初のスクープと同日に発売された乃木坂46の最新シングル『何度目の青空か?』は41万枚以上の大ヒットを記録し、その握手会がこれから始まる。15日のイベントは欠席した松村だが、握手会に出ないというわけにはいかず、近いうちにファンの前に姿をあらわさなければいけない。その前に今回の新情報を含め、ファンが納得する釈明ができるのだろうか。

出典:http://news.livedoor.com

乃木坂46松村沙友理が、ラジオの生放送の謝罪で語ったことは、真実とはいえないと思います。

今回の週刊文春での不倫スキャンダル報道で、松村沙友理さんは、「恋愛禁止」のルールを破ったのに、お咎めなしなのか?

不倫スキャンダル報道から1年近く経ちますが、松村沙友理さんは、処分なしです。それと、私は、11thシングル『命は美しい』では、選抜メンバーから漏れると思っていました。しかし、十福神からは漏れましたが、選抜メンバーには選ばれました。

秋元康さんが乃木坂46の選抜メンバーを決めているのかどうかは知りませんが、めっちゃくちゃ甘いと思います。

活動辞退も、卒業も、選抜メンバー漏れもない。

あとで触れますが、元乃木坂46メンバー、大和里菜さんと畠中清羅さんは、辞めさせられました。それなのに、どうして松村沙友理さんは、こんなに甘甘(あまあま)なんでしょうか。

知名度が高いからですか?この3人の中で、一番重い処分を受けるべきは松村沙友理さんだと思うのですが。

 松村は同誌の発売日に文化放送でラジオ番組の生放送に出演し、涙ながらに謝罪したが、どうやらまったく“火消し”にならなかったようだ。

「松村は『書かれていることは事実じゃないことが……』と言い訳しているが、編集者にナンパされただの、路上でキスする“路チュー写真”が酔っていたせいだの、きれいごとを並べただけ。番組の公式サイトで更新された生放送後の『放送レポ』には、同番組に出演した同グループメンバーの生駒里奈、白石麻衣、桜井玲香とともに笑顔でピースサインをする松村の姿を掲載。この写真に、ファンたちがネット上の掲示板などで『まるで反省してないな』とバッシングを浴びせた」(芸能デスク)

出典:http://news.livedoor.com

ラジオ番組「レコメン!」(文化放送)での生放送の謝罪は、結果的には失敗ですよね。

けど、番組放送後に写真に笑顔でピースサインは許してあげてもいいと思いますが。だって、仏頂面で写真に写るのもおかしいですから。

  同誌には二人の喫茶店での会話が載っているが、S氏は「ヤンジャンから異動した時に女の新人が泣いてくれて...」などという自慢話を松村にしており、松村はS氏が「ヤンジャン」の編集者であることを知っていたようだ。また、S氏は「トップスターになったらおごってもらう」と語り、一方の松村も「オーディションがある」などと発言。となると、松村がアイドルであることはS氏も認識していたと考えられる。しかも乃木坂は「ヤンジャン」のグラビアに何度も登場しており、S氏が松村の顔を知らなかったとは思えない。

  さらにS氏は「コミックスって家のどこにしまっているの? あんなに買ってるのに部屋になかったよね」などと松村に尋ねており、彼女の部屋に出入りしている可能性も。再会を喜んでいるような会話もあり、一度きりの間柄ではなさそうだ。また、親密そうな会話は男女の仲であることを感じさせる。ただし、S氏はなぜか松村のことを「ちいちゃん」と呼んでおり、松村が偽名を使っていたのは事実のようだ。

  もしこの会話が事実であれば「相手の素性を知らなかった」「ナンパで一度きり」「男女の仲ではなかった」といった松村の主張は完全に崩れ去る。同誌は松村の主張に対して「事実じゃないことも多い」と、彼女の言葉を借りて意趣返しをしており、かなり自信たっぷりのようだ。

出典:http://news.livedoor.com

松村沙友理さんの言い分と週刊文春の会話メモを見比べると、食い違いは明らかですよね。

完全に週刊文春の勝利ではないでしょうか。松村沙友理さんには気の毒ですが。

他の乃木坂46メンバー大和里菜と畠中清羅のスキャンダル報道はとばっちり!?

乃木坂46大和里菜

乃木坂46大和里菜スクープ画像

乃木坂46大和里菜さん(当時)は、以下のとおり、乃木坂46合同会社との契約終了という形で乃木坂46を去りました。

これは、この週刊文春で「未成年飲酒疑惑」報道をされたあと、週刊文春2014年11月27日号で「乃木坂46大和里菜と岡田鷹斗の路上抱擁撮」報道と立て続けにスキャンダル報道があったので、契約終了という事実上、解雇されたということでしょう。

しかし、この大和里菜さんの処分は重すぎると思うのです。だって、あれだけ乃木坂46と世間に迷惑をかけた松村沙友理さんが処分なしなのです。どうして大和里菜さんが解雇で、松村沙友理さんが処分なしなんでしょう。

声を大にして、乃木坂46運営に抗議したいです。大和里菜さんは乃木坂46の活動を精一杯やってきたのです。せめて卒業させてあげてほしかった。解雇なんて酷すぎます。

大和里菜 契約終了のお知らせ

大和里菜に関しまして、12月15日付けで、乃木坂46合同会社との専属契約が終了しました。これをもって、乃木坂46メンバーとしての活動も終了となりましたので、お知らせいたします。

今まで応援いただいたファンの皆様、誠にありがとうございました。


乃木坂46合同会社

乃木坂46畠中清羅

畠中清羅さんは、2015年4月4日に卒業しました。

これは、本人の申し出による卒業ということらしいです。でも週刊文春でのお泊まりデートスキャンダルも1つの理由だと思います。

また、畠中清羅さんは、大和里奈さんとめっちゃくちゃ仲良しでした。公式ブログにもたびたび登場していました。ですので、大和里菜さんの解雇は、相当ショックだったと思います。

噂ですが、地元に帰らず、まだ東京で生活しているらしいです。ぜひとも芸能活動を再開してほしいと願っております。

乃木坂46畠中清羅スクープ画像

  「文春」の攻撃はこれだけに収まらず、同じ乃木坂メンバーの大和里菜(19)が5月下旬の深夜に未成年でありながら六本木にの芸能人御用達バーに慣れた様子で入店し、夜遊び&飲酒の疑いがあると写真付きで報道。さらに、同じく乃木坂の畠中清羅(18)が『あいのり』(フジテレビ系)出演者でモデル・美容師の玉木亮と"お泊りデート"をする様子もスクープしている。

 「松村が素直に記事を認めていれば、『文春』側は他のメンバーのスキャンダルを続けて出すつもりはなかった。松村に比べると、ほかのメンバーは知名度がありませんし、もし有名になったら写真を使うといった程度の扱いだったようです。しかし、松村が『記事はデタラメもある』といった主張をしたために怒りを買い、報復としてスクープを出されてしまったようです。とばっちりのようなものですね...(笑)」(週刊誌記者)

出典:http://news.livedoor.com

乃木坂46松村沙友理の不倫スキャンダルについて、共演している芸人の反応は?

 8日、自身の“路チュー不倫”報道をラジオ番組『レコメン!』(文化放送)の生放送で謝罪した乃木坂46・松村沙友理だが、今回のスキャンダルについて松村と共演している芸人らも言及している。

出典:http://www.cyzo.com

① 松村沙友理の不倫スキャンダルに対するおぎやはぎの反応

おぎやはぎの小木博明と矢作兼の不倫報道の見方は、意外でしたね。

遊び慣れておらず、スレていないから、路上キスなんかしちゃった。純粋でもあるからだ。でも記事にあるように、おぎやはぎ特有のホメ殺し、皮肉なんでしょうか。

  競馬情報番組『うまズキッ!』(フジテレビ系)で松村と共演経験のある、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明は9日放送のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ系)で、今回の不倫報道で逆に松村へ好感を持ったと語った。小木によると、アイドルであるにもかかわらず、路上で不倫相手と腕を組んだりキスをしたりするのは、遊び慣れておらずスレていない証拠だと断言。これには相方の矢作兼も、「芸能人の遊び慣れしてる感じじゃないもんね」「本当に純粋にこんなことしちゃったって感じだね」などと同意。

 「同時期にNEWSの手越祐也との熱愛報道があったきゃりーぱみゅぱみゅを引き合いに出しながら、きゃりーは“コソコソ感”がすごかったけど、松村にはそれがなくてより純粋、とも言っていましたね。まあ、ちょっと不自然なぐらいの松村擁護だったのですが(笑)、ネット掲示板にも『圧力がかかったのか』なんて書き込みがありました。ただ、小木は含み笑いをしながら『ツメが甘い』『脇が甘い』などと発言していただけに、これはおぎやはぎならではの“ホメ殺し”というか、皮肉と考えたほうがいいかもしれませんね。遠回しに不倫報道に触れながら揶揄する、というね」(芸能ライター)

出典:http://www.cyzo.com

② 松村沙友理の不倫スキャンダルに対するバナナマンの反応

バナナマンの設楽統と日村勇紀は、みんなが思っていることを代弁してくれていますね。だから、共感を得たのでしょうが。

でも『乃木坂って、どこ?』で乃木坂46デビューから一緒にやってきたバナナマンにしては、かなり厳しいことも言っていますね。バナナマンらしいといえば、そうなんですが。

  一方、乃木坂46の冠番組『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京系)でMCを務めるお笑いコンビ・バナナマンは10日放送の『バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ系)で、よりストレートに不倫報道に切り込んでいる。

  設楽統が「ファンにとっては相当に重い“さゆりんごパンチ”」と言えば、日村勇紀は「さゆりんごピンチ」と返すなど、最初は笑いのオブラートに包んでいたものの、次第にトークはエスカレート。相手に妻子がいることを松村が知らなかったことや、松村がアイドルであることを不倫相手が知らなかったことなどについて、そんなことがあり得るのかと発言。2人がナンパで出会ったことについても、疑問を呈していた。さらに、「今、酒飲ませれば日村さんでもキスできるかもよ」「それにしても、こんだけされて擁護するファンって、どんだけお人好しなんだよ」「握手会とかでも言われるでしょ。『お前にいくら使ってきてると思ってんだよ』って」「握手会は『おなかが痛い』で休むかもよ」とも。

出典:http://www.cyzo.com

「松村の釈明について誰もが感じていた思いを代弁した格好だったので、『関わりがあるからって無理に擁護しない設楽、見直したわ』などとネットユーザーらも大絶賛。おぎやはぎ、バナナマン、ともにそれぞれの持ち味を生かしたトークだったと思いますが、より一般の共感を得たという意味では、バナナマンに軍配が上がりそうです(笑)」(同)

 軍配はさておき、設楽と日村が「会いづらいな」と語っていたが、おぎやはぎやバナナマンが番組収録時に松村をどのようにイジるか見ものである。

出典:http://www.cyzo.com

乃木坂46松村沙友理の不倫相手は、某大手出版社の妻子持ちの編集者S!!

  また、ネット上では、すでに文春が報じている"集英社のS氏"の氏名が特定されており、顔写真まで晒されている。出版関係者の間では、すでにS氏は閑職に回されているという噂が広がっており、今後もこの一件は彼の人生に大きな影響を与え続けるだろう。

出典:http://woman.infoseek.co.jp

松村沙友理さんの不倫相手は、集英社の元「ヤングジャンプ」のグラビア担当編集者Sで、妻子持ちであるということです。

既に氏名が特定されており、顔写真まで晒されているということですね。Sの氏名、顔写真については、探してみましたが、見つかりませんでした。

Sは閑職に回されているという噂があったんですね。

 乃木坂46・松村沙友理の不倫騒動が、拡大の一途をたどっている。

 8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、集英社に勤める妻子持ちの30代編集者S氏と複数回デートし、自身の自宅前で抱き合ってキスする様子などをキャッチされた松村。これを受け、松村は8日の文化放送のラジオ番組『レコメン!』で生謝罪。「男女の関係ではない」「書店でナンパされた」「相手が妻子持ちとは知らなかった」と、突っ込みどころ満載の釈明を並べた。

 一方で、松村をオトしたS氏はどうなったかというと……。

「文春に記事が掲載されることが判明した週初めから社内はザワザワし始め、早刷りが届いた7日に騒然となりました。上層部に呼び出されたS氏は、顔面蒼白になっていましたね」(集英社社員)

 その後、8日中に同社社長を筆頭に上層部数人がAKB48グループのオーナー、乃木坂のCDをリリースするソニーミュージック社長の元を訪れ、土下座並みに頭を深々と下げて謝罪したという。「その日以来、S氏の姿を会社で見ていません。自主退社するしかないのでは?」と前出社員。

 一部でS氏がイケメンと呼ばれていることに対しも、次のように皮肉る。

「全然イケメンじゃない(笑)。貧弱な外見で、社内では『もやし』や『へなちょこ』と、からかわれていた。ただ、合コンは結婚後も頻繁に行っていた。年収1,000万円オーバーだけに、強気一辺倒で、陰では『調子に乗っている』と言われていた」(同)

 松村同様、S氏も一夜にしてお先真っ暗になってしまったようだ。

出典:http://www.cyzo.com

集英社社員によると、上層部に呼び出されたSは、顔面蒼白なっていたようですね。Sは自主退社したのでしょうか?

  しかも、松村のお相手は大手出版社・集英社の編集者で、妻子持ちだった。清純・清楚をウリにブレイクし、今年の紅白初出場も視野に入っている乃木坂にとって初のスキャンダル。密会・路チューだけでも痛いが、“不倫”というのは相当なダメージだ。また、相手の編集者が今春まで「ヤングジャンプ」に在籍しグラビアを担当していたことから、“枕営業”の可能性も取りざたされる事態となった。
 
  松村は「男性とはナンパで知り合い、妻子持ちなのはもちろん素性や名前も知らなかった」などと釈明したが、そんなことを信じる人は誰もいないだろう。相手の編集者・S氏がグラビアを担当していた「ヤングジャンプ」で、乃木坂46は表紙に登場したこともある。松村は白石麻衣らと並び「御三家」と称される中心メンバーの1人。無名メンバーならともかく、知らないなら逆にグラビア編集者失格だろう。当然、仕事上で知り合ったと考えるのが普通だ。

出典:http://lite-ra.com

Sは集英社の元「ヤングジャンプ」のグラビア担当の編集者をしていて、乃木坂46はもちろん、「ヤングジャンプ」で表紙を飾ったこともあり、松村沙友理さんも登場したことがあります。

ということは、仕事を通じて知り合ったと考えるのが自然ですよね。

■年収1000万超えでモテモテだった

不倫騒動を起こした編集者氏は、30代前半のイケメンで年収はかるく1000万超え。合コンなどでももてもてだったという。またそんな“オラオラ”の一面、「女性を口説くときは、理詰めで洗脳するように、言葉で相手をトロンとさせるタイプ。さすが漫画誌の編集者という感じ」(女性漫画家)

現在、集英社内では幹部レベルの協議が続いていると言われており、若き敏腕編集者氏の「私は望むものを手に入れるそれだけの事」という、そのツケは大きいのかも。

出典:http://mogumogunews.com

編集者Sは、30代前半で年収1000万円超えなんて、多すぎませんか?大手出版社である集英社の給料って、かなりの高給取りなんですね。

でも、自分の立場を利用して、人気絶頂のアイドルに手を出したのは、やりすぎでしたね。どんな処分が下されても、しょうがないですよね。

「A氏は物腰の柔らかい紳士的なタイプの人ですが、以前から複数のグラビアアイドルと関係していたという話が、集英社の内部から上がっていたんです。おそらく、同僚の間でもウワサになっていたはず。A氏は、いかにも若い子が大好きといった風で、アイドルと個人の連絡先を交換することでも知られていた。私が仕事をしたタレントからも“電話番号とメールアドレスを聞かれた”と相談を受け、仕事以外で接触してきたら気を付けたほうがいいとアドバイスしたほど」(出版関係者)

出典:http://www.cyzo.com

この記事の内容が本当だとしたら、まさに自分の立場を利用して、アイドルなどに枕営業をさせていた疑いがありますね。

決して許されることではありません。編集者Sの罪は重いです。

 最も騒然としているのは、当然ながら男性編集者が所属する出版社だ。

 「現場担当の編集者がタレントに手を付けるなんて職業倫理的にタブーだし、手を出したらどんな仕打ちが待っているか想像するのも怖い。しかも、一般人でもちゅうちょするような公衆の面前での大胆な“路チュー”。なぜ欲望を抑えられなかったのか」(同社関係者)

  松村は8日のラジオ番組で、自身が偽名を使って会っていたと話したが、前出の関係者は「あまりにも大胆な行動で『本当にアイドルと知らなくて、いつものようにナンパしたのかも』という声も出ている」と語る。

  タブーを犯した編集者には厳しい“処分”が待っているようだ。前出の関係者は「退社の話は聞かないが、勤務地変更の噂は流れてる。タレントと接触する担当者は会社から『お前は大丈夫だろうな!?』と厳しく追及もされた」と明かす。

出典:http://www.tokyo-sports.co.jp

やっぱり編集者がタレントに手を出すのは、タブーなんですね。しかも路チューをスクープされてしまうなんて。

この記事は、意外なことが書いてあります。本当にアイドル乃木坂46の松村沙友理を知らなくて、ナンパしたのかもという声もあるということです。でもこれはないと思います。

編集者Sは、退社ではなく、左遷されるという噂が流れているんですね。

  関係者によれば、ナンパ場所は新宿の紀伊国屋書店のマンガコーナーだったという。既婚者が書店で若い女性をナンパとはなんとも大胆だが、ついて行ったのが現役アイドルというのも珍しい。

  男性の素顔を知る関係者は「仕事はできる方だが、風貌は貧弱で一部から“へナチョコ”とからかわれている。モテるタイプには思えないが、大手出版社という看板もあり、かなりの頻度で合コンをしているので、社内でも『アイツは調子に乗ってる』と陰口を叩く者もいますね」。

出典:http://www.tokyo-sports.co.jp

ナンパした場所が、新宿の紀伊国屋書店のマンガコーナーという話ですが、本当にナンパだったのでしょうか?

やっぱり仕事を通じて知り合ったと考えるのが自然だと思うのですが。

松村沙友理、週刊文春の不倫報道後、20日ぶりにブログを更新し、謝罪!!

松村沙友理です。

今日からブログを再開したいと思います。沢山ご心配お掛けしてすみません。

今やるべきことも、何をしたらいいのかも正直 毎日悩んでいます。

私の行動で沢山の方に不快な思いをさせてしまったと思います。
自分の置かれている立場を何もわかっていませんでした。
皆さんを失望させてしまったことを考えると毎日苦しくて苦しくて仕方ありません。本当にごめんなさい。

でも、握手会で頂いた言葉も毎日思い出しますし、毎日のようにこのブログへのコメントも読ませてもらっています。



また少しずつ前を向いて頑張ります。
よろしくお願いします。




今日は生のアイドルが好きに出演しました!
見てくださった皆様
ありがとうございました!

出典:http://blog.nogizaka46.com

松村沙友理公式ブログ2014年10月28日「皆様へ」

松村沙友理さんは、不倫スキャンダル報道を目の当たりにして、自分が乃木坂46の一員として、大変なことをしてしまったと自覚したことでしょう。

なにより辛かったことは、処分なしのまま、乃木坂46の活動を続けていたことでしょう。

公式ライバルであるAKB48でも、指原莉乃などスキャンダルを起こしたメンバーは、何かしら処分を受けています。

なのに、松村沙友理は、お咎めなしだった。乃木坂46運営がなぜ松村沙友理を処分しなかったのか、理由は藪の中です。

 不倫騒動の渦中にあるアイドルグループ・乃木坂46の松村沙友理が28日、約3週間ぶりにブログを更新。騒動について謝罪した。

 10月8日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で集英社に勤務する30代既婚男性との路上キスを報じられて以来初のブログ更新。「沢山ご心配お掛けしてすみません。今やるべきことも、何をしたらいいのかも正直 毎日悩んでいます」と、苦しい心境を打ち明けた。

 騒動について、「私の行動で沢山の方に不快な思いをさせてしまったと思います。自分の置かれている立場を何もわかっていませんでした」と反省し、「皆さんを失望させてしまったことを考えると毎日苦しくて苦しくて仕方ありません。本当にごめんなさい」と謝罪。「また少しずつ前を向いて頑張ります。よろしくお願いします」とつづった。

 松村は文春の報道について、10月8日放送のラジオ番組「レコメン!」(文化放送)に生出演して、涙ながらに謝罪。相手男性とは書店で出会ったと明かし、デートとキスの事実は認めたものの、妻帯者であったことは知らなかったと主張していた。

出典:http://www.rbbtoday.com

松村沙友理さんは、不倫スキャンダル報道後、元気がなく、テレビのバラエティー番組や歌番組に出ているときも、暗い表情をしていました。

でも不倫スキャンダル報道から、もうすぐ1年、松村沙友理さんは元気を取り戻し、自然と笑顔が出るようになりました。

2014年は、松村沙友理さんの不倫スキャンダルのせいで、乃木坂46のNHK紅白歌合戦初出場が白紙となってしまいました。

2015年は、乃木坂46にとっての悲願であるNHK紅白歌合戦への初出場を勝ち取ってほしいと思います。

乃木坂46初のスキャンダル、しかも不倫、路チュー をやらかしてしまった松村沙友理の今後とは?

いかがでしたでしょうか?

乃木坂46でもトップクラスの人気メンバーである松村沙友理さんは、乃木坂46初のスキャンダル報道を週刊文春にすっぱ抜かれてしまいました。

しかも相手は、集英社の元「ヤングジャンプ」のグラビア担当で、既婚者、妻子持ちであり、路チューをスクープされてしまいました。

この不倫スキャンダルは、乃木坂46に激震をもたらしただけでなく、世間の好奇な目にも晒されました。

でもその日のラジオ番組「レコメン!」生放送で、生駒ちゃん(こと生駒里奈)に優しい言葉をかけられ、まいやん(こと白石麻衣)、れいか(こと桜井玲香)にも前向きな言葉をかけられました。

結局、週刊文春の不倫スキャンダル報道後、松村沙友理さんは、処分されることなく、もうすぐ1年を迎えようとしています。

ここまで来たら、乃木坂46を辞めていった大和里菜さん、畠中清羅さんの分も、松村沙友理さんには、乃木坂46の活動に打ち込んでほしいと思います。

不倫スキャンダルを経験したことを、プラスに変えて、前向きにアイドル、モデルとして活躍することを期待しています。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ