嵐・大野智初連ドラ&初主演「魔王」には知られざる裏話があった?

嵐・大野智と言えばジャニーズ内でも「歌」「踊り」「演技」どれをとっても評判は5本の指に入るだろう。しかし、不思議なことにデビューした1999年からこの2008年に放送された「魔王」まで連ドラ出演、主演は一度もなかったというのだ。
大野にとっても思い入れがあるであろう「魔王」の知られざる裏話を紹介します。

大野智

本名:大野智
生年月日:1980年11月26日
血液型:A型 出身:東京都
デビュー:1999年(ジャニーズアイドル「嵐」として)
趣味:釣り
特技:絵を描くこと(作品集発売、個展開催もしている)
主な出演作品
「魔王」「歌のおにいさん」「怪物くん」「鍵のかかった部屋」「死神くん」

ドラマ「魔王」

2008年7月4日から9月12日まで放送。全11話。主演は大野智と生田斗真で2007年に韓国で放送された連続ドラマ「魔王」を日本でリメイクした作品。
ドラマのキャッチコピーは「差出人不明のタロットカードが届く時、連続殺人の幕がひらく」。
弁護士である成瀬領(大野智)は11年前に弟の英雄を殺害され、加害者の少年は正当防衛により無罪となったため、犯人の少年に対して深い憎悪を抱いていた。一方警察庁渋谷東署の刑事課強行犯係刑事で検挙率ナンバー1である芹沢直人(生田斗真)は、世の中の悪を憎む正義感の強い青年だが実は彼こそが11年前に成瀬の弟を刺殺した張本人であった。
そんな直人のもとに‘雨野真実(あまのまこと)‘と名乗る人物から一枚のタロットカードが赤い封筒に入れられ届く。‘魔王‘成瀬領による緻密に計算された復讐劇が幕を開ける。

キャスト

成瀬領役:大野智
芹沢直人役:生田斗真
咲田しおり役:小林涼子
葛西均役:田中圭
宗田充役:忍成修吾
石本陽介役:脇知弘
芹沢典良役:劇団ひとり
芹沢麻里役:吉瀬美智子
他・・・

魔王 動画

「魔王」の撮影は実は大変だった!?大野智の撮影裏話!!

初連ドラ&初主演に戸惑いを隠せない「魔王」大野智!

このドラマが大野智にとっても、彼のファンにとっても記念すべき「初連ドラ出演&主演」となったのだが、大野智本人にとってはこのオファーはかなりびっくりだったようです。

「普段ポワ~ンとしているおおちゃんが、いざコンサートの舞台に立つと豹変して、衝撃的なまでにキレのあるダンスと歌で観客を魅了する。僕はダンスに魅せられるなんてことはそれまでなかったんですけど、あのコンサートの大野くんのソロで初めて体験しましたね」~高橋P談~

出典:http://d.hatena.ne.jp

その後 「魔王」 に出逢ったときに、その時の印象がフラッシュバックされて、ぜひとも智さんに演じて欲しかった

出典:http://d.hatena.ne.jp

主演舞台中にプロデューサーさんが出演オファーに行ったところ、本人は「これホント?ドッキリじゃないよね?」としきりに確認するほど驚いていたようです。

2008年は大野にとっても嵐にとっても激動の年?

実は「魔王」が放送された2008年は大野にとってはもちろん、嵐にとっても激動の一年だったようだ。
2月には自身初の作品集「freestyle」を発売。
またシングル「stepandgo」発売、作品集出版記念個展を開催。
3月には大野単独舞台「アマツカゼ」の公演。
4月は冠番組「ひみつの嵐ちゃん」放送開始、冠番組「バニラ気分~VS嵐」が放送開始となる。
また、ツアーDVD発売、アルバム発売と重なった。
5月からはアルバムツアーが始まる。
6月にはシングル「onelove」発売。
7月からドラマ「魔王」が放送開始。撮影の合間にもドームツアーで札幌へ。
8月は「24時間テレビ」の番宣番組への出演と、ドラマ主題歌「truth/風の向こうへ」発売。
月末には「24時間テレビ」が放送。
9月には国立競技場での2daysライブ。
10月はアジアツアーへ出発。
11月にはシングル「beautifuldays」発売。
12月は各音楽番組への出演。

国立競技場のライブでは、ドラマの撮影と重なっていた大野くん。明け方まで打ち合わせをしていた時は意識がない状態だったそうです。

出典:http://news.merumo.ne.jp

「自分自信の身を削って、命を削って演じているのが伝わってきた。
本当に感謝していますし、役者して魅力・・」~高橋P談~

出典:http://oocha51.blog7.fc2.com

大野はこの頃を振り返り「あんなに忙しいのはもう嫌だ」「いつ休みくれるのかと思ってた」などと語っている。
だが、その忙しさがこの役の緊迫感を増長していたかのように、魔王を演じる大野の演技の評価はみるみるうちに上がっていったようだ。

「魔王」大野智で主演男優賞!!

「第12回日刊スポーツ・ドラマグランプリ」で主演男優賞を受賞した大野。
この時に、クランクアップの時のことやオファーが来たときのことを鮮明に語っている。

泣くなら、クランクアップや打ち上げのときかと思ってたんですよ。それが、すべての撮影を終えた日の朝4時ごろだったと思います。帰ってきた自分の部屋で、自然と涙が出てきちゃいました。

出典:http://www.nikkansports.com

復讐に燃える役で撮影時も1人が多かったようで、また役作りのためにも極力1人でいることを心がけたのだとか。そのため、撮影が無事に終わったことへの安堵感などで帰ってきた自分の部屋で涙が自然と流れたのだとか。

連続ドラマレギュラーが初めてで、いきなりの主演。しかも、感情を押し殺して演じるサスペンスでの悪役だった。「最初はエーッ、オレが連ドラ? ってびっくり。しかも、11年も復讐を計画していた役。日常生活で復讐なんて練らないんだから、役づくりにも11年くれよ〜って感じでした」。

出典:http://www.nikkansports.com

「一日中、赤い暗室で1人だけのシーンを撮って、家に帰っても独りぼっち。もう、狂いそうでした」。

出典:http://www.nikkansports.com

舞台人だった大野にとって、ドラマの撮影は慣れないことばかりで苦しい毎日だったようだ。
また、最初のうちは「ここで泣いて」と言われても、泣くことが出来なかったのに
時間がたつにつれて自分が成瀬領に染まっていくのがわかり、自然な演技が出来たそうだ。

気になる世間からの「魔王」への評価は?

日本の多くのドラマでは、自然に涙が出てくるであろう場面で、涙が流れない俳優さんがよくいますが、それでは、私たち視聴者はあまり感動できません。逆に、しらけてしまうこともあります。
しかし、このドラマの出演者は違いました。心からの涙を流しているのです。大野さん、生田さん、小林涼子さん、素晴らしいと思いました。
ですから、私は何回観ても、涙が止まりません。

出典:http://www.ch-review.net

別に高評価を否定する訳じゃないですが、、、
私もそこまでの感動もなかったです。
みんな感受性豊かなのね、、、。

出典:http://www.ch-review.net

大野君、これが初めての連ドラなんて思えない。成瀬領の中に大野智は全く見えませんでした。

出典:http://yuito410.exblog.jp

全体的に高評価が大半を占めていました。もちろん、内容の好みなどで低評価もありましたが。
このドラマの感想で一番気になったのは「嵐・大野智の見方が変わった」という意見。アイドルだから、ジャニーズだからという偏見を持っている方は少なからずいますが、そういう意見を持った人までをも魅了してしまう大野智の演技力は唯一無二のようですね。

嵐 2015年2月25日発売newsingle「sakura」

大野智の2015年最新作は嵐としての活動です!
2015年2月25日にnewsingle「sakura」をリリースします。
今回の楽曲は魔王で大野智と共演した生田斗真主演ドラマ「ウロボロス」の
主題歌となっています。
嵐が楽曲をメンバー出演作以外に提供したのは初めてだそうです。

【おまけ】撮影中に出てしまった過去のスキャンダル・・・

初の連ドラ出演&主演で喜んでいたファンの方たちにとっては衝撃的な内容のスキャンダルでした。
これまでほとんど週刊誌等にスキャンダルを掲載されることのなかった大野智だが、なぜこのような記事が出てしまったのだろう。
しかし、この件に関しては大野自身から当時撮影中であった「魔王」のスタッフの目の前で謝罪があったのだとか。
ジャニーズはこれをなかったことにしようとしていたにも関わらず、大野はスタジオに入りスタッフに挨拶をした後に突然謝罪を始め記事の内容を完全否定し、迷惑をかけてしまったことを謝ったそうだ。
未だに解決しないスキャンダルとして、ネット上では物議を醸してるようだが、真相はどこなのか・・・。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ