記事ID25956のサムネイル画像

男性に人気!巷で流行っているツインテールには種類があるって本当?

最近大人気になっている髪のくくり方にツインテールがあります。でもポニーテールならわかるけどツインテールってなに?と思われる方も多いのではないでしょうか。しかもツインテールには種類があるらしいのです!そこで、ツインテールの意味や種類についてまとめてみました。

ツインテールってどんなくくり方のこと?

ツインテールと言うくくり方をしている女性をよく見かけますが、なんとなく知っていても、ツインテールがどんなものなのかをいまいちわからないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はツインテールについて説明していきたいと思います。

ツインテールとは、髪の毛を左右に分けて結んだ髪型のことです。
いわゆる二つ結びですね。

そのツインテールには種類があって、名前も付いているそうなのです。

では、どんな種類があるのか見てみましょう!

ツインテールの種類(1)その名前は…ラビットスタイル

ツインテールの種類 1種類めは、ラビットスタイルです。
ラビットスタイルは、耳より上に結び目を持ってくるツインテールの種類です。

ラビットスタイルの代表例ではセーラームーンが有名ですね。

ツインテールの中でもラビットスタイルという種類で髪をくくっているのはAKB48のまゆゆこと、渡辺麻友さん。

このようなヘアスタイルをしている印象がありますよね。

ただ、最近はあまりツインテールを見かけなくなったとのこと。

やはり、大人になるにつれ、あまりしなくなるヘアスタイルなのでしょうか。

たしかに、幼い印象になるかもしれませんね。

きゃりーぱみゅぱみゅさんもツインテールの種類であるラビットスタイルをしています。

ツインテールがとても似合っていてかわいいですね。

きゃりーぱみゅぱみゅさんのイメージにピッタリです。

なんとこの人もツインテールの種類ラビットスタイルをしていました!

髪の長さや量によっても、随分印象が違ってきますね。

『虹のコンキスタドール』の的場華鈴さん。

ラビットスタイルのツインテールといえば、一般的にはこのようなアイドルイメージがありますよね。

ツインテールの種類(2)その名前は…レギュラー・スタイル

ツインテールの種類2種類目は、レギュラー・スタイルです。

耳あたりの高さでくくるツインテールの種類で、パーマなどアレンジをした髪をレギュラースタイルでくくっている人も多くとてもオシャレな雰囲気になります。

ラビットスタイルよりももう少し下でくくるこのスタイルは、きつめのパーマと組み合わせたビッグボリュームのツインテールスタイルなどが流行るなど、おしゃれなイメージのヘアスタイルとなりました。

それではレギュラースタイルのツインテールをしている人たちをご紹介しましょう。

『乃木坂46』白石麻衣はツインテールの中でもレギュラースタイルという種類で髪をくくっています。

ラビットスタイルよりもさらに清楚な雰囲気も感じられます。

田中里奈もレギュラースタイルという種類でツインテールをしていますね。

おしゃれなイメージです。

ツインテールの種類(3)その名前は…カントリー・スタイル

ツインテールの種類3種類目は、カントリー・スタイルです。

この種類のくくり方は耳より下でまとめるのが特徴です。
以前はおさげと呼ばれていたくくり方ですね。

それではカントリースタイルのツインテールをしている人たちをご紹介しましょう。

ツインテールの種類のカントリー・スタイルをしているのはグラドルの佐野ひなこ。

カントリー・スタイルは落ち着いた雰囲気ですので、制服などにもぴったりです。

石原さとみもツインテールの種類のカントリー・スタイルをしています。

若奥様感が出ていますが、お仕事や作業をするにもぴったりの機能的なスタイルでもあります。

ゴム隠しや無造作テクニックで大人かわいいツインテールスタイル

ツインテールはかわいいですが、元気いっぱいのツインテールは大人の女性には似合わないかもしれません。

そこで、大人の女性にもぴったりなツインテールスタイルをご紹介します。

少しの工夫でこなれ感を出すのがポイントですよ。

ラビットスタイルのツインテールの石原さとみさんです。

基本的に、低めの位置のツインテールのほうが無難ですが、こんな高い位置のツインテールでも、大人っぽく仕上がっています。

メイクや服装などトータルで大人っぽくすると、ヘアスタイルが幼く見えることもありません。

レギュラースタイルのツインテールです。

子供っぽく見えないためには、髪色も重要です。

ツインテールが顔からどれくらい立ち上がっているとバランスが良いかをよく見極めて、くくり方を調整してください。

カントリー・スタイルのツインテールです。

全体にカールをつけた上で、無造作に二つ結びしてから、髪を緩めるようにするのがポイントです。

髪束でゴムを隠すようにするとナチュラルにこなれた感じに。

カントリー・スタイルのツインテールです。

キャップを合わせて大人っぽく。

くるりんぱアレンジを加えて、こなれ感がアップしています。

【まとめ】 

いかがでしたか?

ツインテールには主に3種類あることがわかりました。

それぞれ種類によってくくる位置が違い、印象も変わってきます。

その日の気分でツインテールの種類を変えてみると、色々な印象が楽しめていいのではないでしょうか。

ぜひ色々な種類のツインテールに挑戦してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ