記事ID24516のサムネイル画像

    ヘアカラーは何種類あるの?ヘアカラーそれぞれの特徴を教えます!

    ヘアカラーをされている方とても多いですよね!しかし、ヘアカラーは何種類かあるのをご存知ですか?4種類あるへアカラーの種類とそれぞれのヘアカラーの特徴などを紹介します!自分に合ったカラーの種類を選んで髪のおしゃれを楽しんで下さい!

    ヘアカラーの種類とは?何種類ある?

    ヘアカラーは今は一般的で誰もが気軽に染める事ができますよね!
    一言そのヘアカラーと言ってもヘアカラーには何種類かあるのを知っていますか?
    ブリーチやヘアマニュキュアなどありますが、それぞれの特徴を知っていますか?
    ヘアカラーの種類のそれぞれについて説明していきます。

    染毛剤(カラー剤)の主成分は、パラフェニレンジアミンなどの酸化染料で、使用時に過酸化水素水と混合することにより酸化発色し、毛髪を永久的に染める。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    これと同時に過酸化水素による毛髪中のメラニン色素の脱色が起こるため、染料の配合濃度に応じて「白髪染め」から「おしゃれ染め」まで、色調の異なる染毛が可能となる。カラーリングのほとんどが、この方法である。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    ヘアカラーのは4種類あります!

    ヘアカラーは4種類ほどあります。
    脱色するブリーチ、髪の内部に浸透して色をを変えるヘアカラー、髪の上から色をコーティングするヘアマニュキュア、そしてシャンプーで色が落ちるヘアスプレーなどの4種類です。
    ヘアカラーをしたい時は出したい色味によってどのヘアカラーを選択したらいいのか美容師さんと相談した方がいいですね。

    ヘアカラーリングとひとことでいっても、大まかにブリーチ、ヘアカラー、ヘアマニキュア、カラースプレー などの種類があり、染毛のしくみや特長はさまざまです。目的と仕上がりに合わせて、カラーリング剤を選びましょう。

    出典:http://www.dariyacosme.com

    ヘアカラーの種類① 『ブリーチ(脱色)』

    ヘアカラーの種類、初めはブリーチについてです。
    ブリーチはその名前通り「脱色」するものです。黒い髪も金髪になるほど明るい髪色に出来ます!
    また、ピンクや緑などのヘアカラーでは出せない色味はブリーチしてから上にカラーをのせます。
    また、ブリーチは髪の色素を抜く為、とても髪が傷みます。

    毛髪中の色素(メラニン)を分解して明度を上げる 過酸化水素水が、毛髪中のメラニン色素を分解し、脱色する。2,3剤タイプはアルカリ性なので、液の浸透がよく脱色力が強い。

    出典:http://www.dariyacosme.com

    ブリーチ剤は、酸化染毛剤から染料を除いたものでメラニン色素を脱色し髪を明るくする。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    ブリーチは非常に髪が痛みます。

    出典:http://gagaakito.com

    黒髪を金髪に変える強力なブリーチ剤には、過酸化水素水のほかに酸化助剤として過硫酸塩を配合したものがある。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    色素が抜けている分、ヘアカラーが非常に入りやすくなります。
    赤、ピンク、青、緑といった奇抜なカラーもカンタンに染まります。これがブリーチの楽しい所。

    出典:http://gagaakito.com

    ヘアカラーの種類② 『ヘアカラー・ターンカラー』

    ヘアカラーの種類、2つ目はヘアカラー・ターンカラーです。
    これが一般的にヘアカラーと呼ばれている種類のものです。
    カラーリング剤が髪の内部に入り込み、色を変えます。
    ヘアカラーと呼ばれる種類の物でも薬剤の中にはブリーチ剤も入っており、色素を抜いたりもします。
    ブリーチよりはだいぶ髪の傷みは抑えられますが、傷まないわけではありません。

    一度でしっかり染めたい方に。

    出典:http://www.dariyacosme.com

    染色のしくみ
    毛髪中の色素(メラニン)を分解して明度を上げる 過酸化水素水が、毛髪中のメラニン色素を分解し、脱色する。2,3剤タイプはアルカリ性なので、液の浸透がよく脱色力が強い。

    出典:http://www.dariyacosme.com

    酸化染料が毛髪中で化学反応して染まる アルカリの膨潤作用で、キューティクルが開き毛髪内部に成分が浸透する。

    出典:http://www.dariyacosme.com

    過酸化水素水がメラニン色素を分解して脱色が起き、また、染料が過酸化水素水とくっついて発色する。

    出典:http://www.dariyacosme.com

    ●特長
    発色  しっかり染まるので発色も良い。
    色持ち 内部までしっかり染まるので、色持ちは良く3ヶ月。
    髪へのダメージ ヘアカラーはアルカリによる髪の膨潤があるため、ややダメージがある。
    アレルギー 人によっては、アレルギー反応がでて、かぶれることがある。

    出典:http://www.dariyacosme.com

    ただし、ターンカラーは、脱色がほとんど起きないので、明るくならずに、暗く染まる。(トークダウン効果)

    出典:http://www.dariyacosme.com

    ヘアカラーの中にはターンカラーという種類があります。
    これは、明るくした髪を黒く戻したり、暗めのカラーにすることです。
    ですが、一度暗めのカラーにした髪はある程度の期間を置かないとまた明るく染める事は出来ません。

    ヘアカラーの種類③ 『ヘアマニュキュア』

    ヘアカラーの種類、3つ目はヘアマニュキュアです。
    この種のヘアカラー剤は髪の内部に少し入り込みますが、ほとんど入らない為にシャンプーをする度に色が落ちていきます。短期間カラーをしたい方にはおすすめです。
    また、髪の痛みもとても少ないです。

    ほんのりつややかに染めたい方に。

    出典:http://www.dariyacosme.com

    染色のしくみ
    毛髪のタンパクと酸性染料がイオン結合して染まる 髪の表面に「+」部分に、「-」イオンを持つ酸性染料が結合し、染まる。さらに浸透剤の作用により染料の一部は髪の内部に入る。

    出典:http://www.dariyacosme.com

    染毛料は毛髪を一時的に着色するもので、代表的な製品としてヘアマニキュアがある。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    ピンク、ブルー、イエローなど原色に近い色をのせたいとき、黒髪を脱色している人が一時的に髪を黒く戻すとき、もしくはジアミン系染料でカブレを起こす人の白髪隠しに使われる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    ヘアマニキュアの主成分は化粧品に使用される酸性染料で、酸化染料と比べてアレルギー性が低いため、染毛剤でカブレる人も使用できる利点がある。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    ●特長
    発色  髪の表面をコーティングし、発色する。メラニンは分解しないので、明度は上が      髪にはハッキリとした色が出にくいことがある。
    色持ち シャンプーの度に少しずつ色が落ち、1ヶ月ぐらい。
    髪へのダメージ  ダメージはほとんどない。
    アレルギー ほとんどない

    出典:http://www.dariyacosme.com

    ヘアカラーの種類④ 『カラースプレー・ヘアマスカラ・カラーフォーム』

    ヘアカラーの種類で最後に説明するのは、一時的に染める為のカラースプレー・ヘアマスカラ・カラーフォームです。
    これらの種類はシャンプーで色が落ちる為に、その日だけ違うカラーにしたい方のみにおすすめです。この種類のカラー剤は髪全体を染めるというよりは、メッシュなど一部に使用するものですね。

    その日の気分で染めたい方に。

    出典:http://www.dariyacosme.com

    染色のしくみ
    着色剤が髪の表面に付着する

    出典:http://www.dariyacosme.com

    ヘアスプレーにカーボンブラックなどの顔料を配合したカラースプレーや、生え際の白髪を隠すリタッチ用製品もある

    出典:https://ja.wikipedia.org

    特長
    発色  1回の使用でしっかり発色する。
    色持ち 1回のシャンプーで落ちる。
    髪へのダメージ ない。
    アレルギー ほとんどない

    出典:http://www.dariyacosme.com

    【まとめ】多彩なヘアカラーの種類!カラーは色味と髪の状態で決めましょう!

    ヘアカラーの種類について説明しました。
    ヘアカラーの種類は大きく分けて4種類ありましたね。
    その4種類の中からブリーチとヘアマニュキュアなど2種類合わせるカラーの方法もあります。
    明るい髪色にしたり、色味が強いカラーは髪が傷むので気をつけるように下さいね。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ