記事ID24341のサムネイル画像

小向美奈子が自叙伝「いっぱいごめんね」で壮絶な過去を激白!

元グラビアアイドルの小向美奈子が自身の過去を綴った自叙伝「いっぱいごめんね」を出版し、
芸能界デビューする前からの出来事を包み隠さずに告白しました。
そんな、小向美奈子の自叙伝「いっぱいごめんね」についてお伝えしたいと思います。

「いっぱいごめんね」著者、小向美奈子のプロフィール

小向美奈子

自叙伝「いっぱいごめんね」を出版

小向 美奈子(こむかい みなこ、1985年(昭和60年)5月27日 - )は、
日本のAV女優、元グラビアアイドルである。

出典:http://wkp.fresheye.com

15歳の時に家出をして渋谷センター街にてビラ配りのバイト中に、
後に所属することになる事務所のマネージャーにスカウトされ
グラビアアイドルとしてデビュー

出典:http://wkp.fresheye.com

出身地 東京都
性別 女
血液型 AB型
身長 156cm

出典:http://talent.yahoo.co.jp

順風満々だと思っていた小向美奈子のグラドル時代。
しかし自叙伝「いっぱいごめんね」に綴られた真実の過去とは・・・

「いっぱいごめんね」出版記念!小向美奈子の過去のグラビア画像集

現在、壮絶な人生を歩んでいる小向美奈子ですが、グラビアは必見の価値があります。
そんな小向美奈子の過去のグラビア画像をご覧ください。

「いっぱいごめんね」著者:小向美奈子の画像①

グラビアアイドル時代の
初々しい小向美奈子。

「いっぱいごめんね」著者:小向美奈子の画像②

まだ若かったので
スライム乳にも張りがあります。

「いっぱいごめんね」著者:小向美奈子の画像③

顔の印象も現在とは違いますね。
水日のデザインも、
どこか懐かしさを感じます。

「いっぱいごめんね」著者:小向美奈子の画像④

笑顔が似合う
可愛い女の子でした。

「いっぱいごめんね」著者:小向美奈子の画像⑤

色々悩んだ挙句に
薬に走ってしまったのかもしれませんね・・・

「いっぱいごめんね」著者:小向美奈子の画像⑥

当時は雑誌の表紙を飾るような
グラビアアイドルでした。

自叙伝「いっぱいごめんね」を出版した
小向美奈子のグラビアアイドル時代の画像を中心に見て頂きました。
本当に苦労って顔に出るものなんですね・・・

【反省の意】小向美奈子の「いっぱいごめんね」について

「いっぱいごめんね」サイン会にて

笑顔で応える小向美奈子

東京・秋葉原の書泉ブックタワーで
自叙伝『いっぱいごめんね』(発売中 1,680円 徳間書店刊)の
発売記念サイン会を行った。

出典:http://news.mynavi.jp

自叙伝「いっぱいごめんね」は
デビュー前の小向美奈子についての衝撃的告白から
ストリッパーとしてデビューするまでを赤裸々に綴っています。

「いっぱいごめんね」サイン会にて②

「いっぱいごめんね」購入者と
談笑する小向美奈子。

留置所では『どこで間違ったんだろう』とか、
人生の色んなことを振り返りました。

出典:http://news.mynavi.jp

覚せい剤取締法違反の罪で逮捕された小向美奈子は、
留置所のなかで過去を振り返り、
自叙伝「いっぱいごめんね」を3ヶ月ほどで書き上げたそうです。

「いっぱいごめんね」サイン会にて③

復帰祝いの花束を持ってきたファンと
記念撮影をする小向美奈子。

出版へのためらいはなかったです。
私と同じようなことをしてしまった人、
何をしたらいいか迷っている人たちに読んでほしい

出典:http://news.mynavi.jp

タイトルの「いっぱいごめんね」については、
小向美奈子が迷惑をかけてしまった周囲の方達への
謝罪の気持ちなどを込めたそうです。

小向美奈子の「いっぱいごめんね」購入者の感想

「いっぱいごめんね」サイン会にて④

やっぱり小向美奈子は笑顔が似合います。

ファースト写真集の撮影では実はお腹に赤ちゃんがいたことまで告白していて、
ほとんど真実が書かれてあると見ていいだろう。

出典:http://www.amazon.co.jp

内容が彼女の自筆になるものか否かは判然としないが、
丁寧な記述と心情吐露(特に妊娠と流産の箇所)には一応好感が持てた。

出典:http://www.amazon.co.jp

本書で初めて語られるエピソードが並んでいるので、
デビュー当時からの小向美奈子ファンはちょっと驚かされるような事が多いかも。

出典:http://www.amazon.co.jp

「いっぱいごめんね」サイン会にて⑤

親や友人の心配を無視してセックスとドラッグに走ったことを
商売っ気たっぷりに露悪的に語る彼女に同情の余地はない。

出典:http://www.amazon.co.jp

本当に後悔の念で押し潰されそうなら、こういった謝罪の仕方はしないのでは??

出典:http://www.amazon.co.jp

「いっぱいごめんね」の感想について、色々な意見があるようです。
そして小向美奈子へは、みなさん厳しい意見ばかりです。
これは仕方がないことですね。

「いっぱいごめんね」出版後も薬をやめられなかった小向美奈子

小向美奈子は「いっぱいごめんね」出版の後、
更に2回、覚せい剤で逮捕され、現在も服役中です。
「いっぱいごめんね」出版時に小向美奈子は反省し出直す決意をしていただけに
現在の状況は残念でなりません。
しかし「いっぱいごめんね」を読むことによって
小向美奈子が何故、薬に走ってしまったのかヒントが隠されているかもしれません・・・
しっかりと薬物依存を克服し、出所後は、まともな生活を送って欲しいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ