記事ID23976のサムネイル画像

【萌】男性が選ぶ!ツインテールキャラ人気ランキング★【可愛い】

今も昔も安定の人気のツインテール!今回はアニメのツインテールキャラの人気ランキングをネットで調べてみました!どんなツインテールキャラが人気なのかをランキング形式でご紹介したいと思います★キャラの紹介もあるので合わせてご覧下さい♪

今も昔もアニメキャラはツインテールが人気!!


「うおぉぉぉおおおおお!!ツインテール!!!」

「ツインテール」・・・

それは、男性から愛されるヘアスタイルの一つです!
そんなツインテールのアニメキャラで人気なのは誰なのか!?
ランキング10位からご紹介していきます★

ツインテールキャラ人気ランキング★10位

ツインテールキャラ第10位の「遠坂凛」紹介

遠坂凛

アニメ「Fate/stay night」

◆ツインテールキャラ第10位の「遠坂凛」解説◆

本作のメインヒロインの1人。士郎と同じ穂群原学園(2年A組)に通う女生徒で、魔術師。アーチャーのマスター。亡き父・遠坂時臣の遺志を継いで聖杯戦争に臨む。家訓「どんな時でも余裕を持って優雅たれ」を実践する。学校では男女問わず絶大な人気を誇る美少女であり、優等生を演じているが、その本性は士郎によると「あかいあくま」。魔術師としての誇りや元来のプライドの高さゆえに誤魔化しているが、実はかなりお人好しな性格である[注 32]。

出典:https://ja.wikipedia.org

ツインテールキャラ人気ランキング★9位

ツインテールキャラ第9位の「鹿目まどか」紹介

鹿目まどか

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」

◆ツインテールキャラ第9位の「鹿目まどか」解説◆

主人公。中学2年生の平凡な少女だが、本編時間軸では魔法少女としては途方もない素質を持っており、執拗にキュゥべえから契約を迫られることになる。当初は一見華やかではある魔法少女に夢を見ていたものの、マミの死やソウルジェムの真実など、魔法少女の実態に直面するたびにその認識を改めていき、魔法少女としての契約に踏み出せない自分の臆病さに迷いながらも、「当事者になれない傍観者」[7]という立場で他の魔法少女に干渉していく。

出典:https://ja.wikipedia.org

ツインテールキャラ人気ランキング★8位

ツインテールキャラ第8位の「キュアハッピー(星空みゆき)」紹介

キュアハッピー(星空みゆき)

アニメ「スマイルプリキュア!」

◆ツインテールキャラ第8位の「キュアハッピー(星空みゆき)」解説◆

本作品の主人公で、「七色ヶ丘中学校」に転校してきた14歳[9]。マゼンタ色の髪が特徴で、髪の両サイドを小さく纏め、リボンで留めている。一人称は「わたし」。4人を「ちゃん」付けで呼んでいる[注 1]。かなり不器用で勉強をはじめ苦手なことが多いが[注 2]、前向きで元気な性格で、みんなをハッピーにするために全力を尽くしている。プリキュアメンバー内で唯一、プリキュアへの覚醒前の段階でバッドエンド空間を発動された際、無気力に陥っていない。繊細で傷つきやすい一面もあるが、どんな苦境にあっても我慢をしている。物事に夢中になると時間を忘れることがある。

出典:https://ja.wikipedia.org

ツインテールキャラ人気ランキング★7位

ツインテールキャラ第7位の「八九寺真宵」紹介

八九寺真宵

アニメ「化物語」

◆ツインテールキャラ第7位の「八九寺真宵」解説◆

蝸牛に迷った少女。初登場は「まよいマイマイ」。「まよいマイマイ」「まよいキョンシー[注 10]」「しのぶタイム」「こよみサンド」「まよいヘル」のメインキャラクター。ツインテールの小学生で、5年3組在籍。背中に巨大なリュックを担いでいる。母方の姓は綱手(つなで)。母の日に浪白公園で暦と出会う。人見知りで言葉遣いは丁寧だが慇懃無礼。慣用句の単語をよく言い間違える。暦の名前を呼ぶ時は毎回のように噛み、回を追うごとに原形を留めていない(阿良々々木、ありゃりゃ木、阿々良木など)。そして、しばしば暦を物理的にも噛む。

出典:https://ja.wikipedia.org

ツインテールキャラ人気ランキング★6位

ツインテールキャラ第6位の「三千院ナギ」紹介

三千院ナギ

アニメ「ハヤテのごとく! 」

◆ツインテールキャラ第6位の「三千院ナギ」解説◆

三千院財閥の一人。「ナギ」という名前は、「この世のすべてをナギ倒せ」という願いをこめて母・紫子が名付けた[2]。公園でハヤテに誘拐されかけた際の言葉を愛の告白だと思い込んで一目惚れし、その後、ハヤテの借金を立替払いし、ハヤテを執事として雇う。ナギ曰く、父親[3]は物心つく前に、母親は1997年3月13日(5歳の時)に他界している(コミックス1巻末のプロフィールでは、両親共に幼少の頃、事故で死亡したとされている)。両親もいないことから、寂しい幼少時代を送ってきた。唯一の直系の血族は祖父・帝だが、ナギとは不仲である。

出典:https://ja.wikipedia.org

ツインテールキャラ人気ランキング★5位

ツインテールキャラ第5位の「柊かがみ」紹介

柊かがみ

アニメ「らき☆すた」

◆ツインテールキャラ第5位の「柊かがみ」解説◆

高校在学時は3年C組所属(1年度は不明、2年度はD組所属[12])で、こなたやつかさ、みゆきと同じクラスになることを強く望んでいるにもかかわらず、自分1人が別のクラスに配属されてしまうことに不満を持っていた。第6巻で卒業し[8]、現在はこなたたちとは別の大学の法学部に通っている[2]。得意科目は英語。努力家で見栄っ張りな部分もある。苦手科目は家庭科で、料理はあまり上手くない。外見は、やや癖のあるライトパープルのロングヘアで、リボンでツインテールにしている。

出典:

ツインテールキャラ人気ランキング★4位

ツインテールキャラ第4位の「中野梓」紹介

中野梓

アニメ「けいおん!」

◆ツインテールキャラ第4位の「中野梓」解説◆

唯たちが桜高軽音部に所属していた時の唯一の後輩。唯たちの1学年下で憂とは同学年。唯たちの卒業後は律の後を継いで部長に就任。highschoolでは主人公。真面目な性格で澪と並び、軽音部の緩い雰囲気を引き締める常識人だが、ややシニカルで毒舌家な面もあり、律の陰口を叩いていたら本人に聞かれてしまい、お仕置きされたりしている。両親がジャズバンドをやっていた影響で小学生のときからギターを学んでいるため、入部した時点でも演奏技術は確かなものがあり、知識もそれなりにある。そのため、ジャズ研の純からの評価も高い。

出典:https://ja.wikipedia.org

ツインテールキャラ人気ランキング★3位

ツインテールキャラ第3位の「惣流・アスカ・ラングレー」紹介

惣流・アスカ・ラングレー

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」

◆ツインテールキャラ第3位の「惣流・アスカ・ラングレー」解説◆

本作品のヒロインの1人。ドイツ3/4、日本1/4の血を持つクォーター(混血児)。髪色は金[5]。二人目の適格者=セカンドチルドレン。国籍はアメリカ。活発明朗だが、勝気な性格で自尊心が高く、エース・パイロットとしての能力を誇示して生きてきた。一人称は基本的に「あたし」。二人称は通常は「あんた」でアニメ版の一部で「あなた」を使う。口癖は「あんたバカぁ?」。4歳の時にエヴァンゲリオン操縦の二番目の適格者として選出され、以降、セカンドチルドレンとして英才教育を受けたエリートである。14歳にして大学を卒業。EVA弐号機とのコンタクトはドイツ語を基準にしているが、日本語も流暢に話すことができる。

出典:https://ja.wikipedia.org

ツインテールキャラ人気ランキング★2位

ツインテールキャラ第2位の「セーラーちびムーン(ちびうさ)」紹介

セーラーちびムーン(ちびうさ)

アニメ「 美少女戦士セーラームーン」

◆ツインテールキャラ第2位の「セーラーちびムーン(ちびうさ)」解説◆

原作第2期、テレビアニメ『R』後半から登場。セーラーちびムーンに変身する。ピンクの髪を月野うさぎと同じくシニヨン付きツインテールにセットしている少女(実際はシニヨンが尖っており、お団子とは言いがたい)。30世紀のクリスタルトーキョーにある月の王国シルバーミレニアムの王女で、ネオ・クイーン・セレニティとキング・エンディミオン(実は未来の月野うさぎと地場衛)の娘。「ちびうさ」というのはいわゆるあだ名であり、フルネームは「プリンセス・うさぎ・スモールレディ・セレニティ」

出典:https://ja.wikipedia.org

ツインテールキャラ人気ランキング★1位

ツインテールキャラ第1位の「セーラームーン (月野うさぎ)」紹介

セーラームーン (月野うさぎ)

アニメ「 美少女戦士セーラームーン」

◆ツインテールキャラ第1位の「セーラームーン (月野うさぎ)」解説◆

本作品の主人公で、セーラームーンに変身する。港区麻布十番に住む。家族構成は両親と弟。身長を超える金髪をお団子(シニヨン)付きツインテールにセットしていることから、地場衛からは当初「お団子頭」(最初は「たんこぶ頭」)とも呼ばれていた[注釈 2][注釈 3]。また原作、Webアニメではもみあげがあるが、テレビアニメではオミットされているなど細かな差異も見られる。

出典:https://ja.wikipedia.org

第1位と2位はセーラームーンキャラでした!
やっぱり不動の人気ですね★

ツインテールキャラ人気ランキング★まとめ


「ツインテール最高だよ!!」

いかがでしたか?
二次元では希少価値になってきてしまったツインテールですが、
今後ツインテールブームが来るかもしれませんね!

また、これからも素敵にツインテールキャラが増えていく事を願います★
それでは、ここまで読んで頂きありがとうございます♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ