記事ID23824のサムネイル画像

野口五郎さん、デビュー45周年記念コンサートに向けて鬼になる!?

今年でデビュー45周年の野口五郎さんです。これまでの歌手生活で開催したコンサートの数は、ゆうに3000回を超えるそうです!デビュー当時は、コンサートを1日3回もやっていたという野口五郎さんですが、どうしたらそんなに長く歌い続けられるのか探ってみました。

野口五郎さん プロフィール

野口五郎 (のぐちごろう):ミュージシャン
本名:佐藤靖(さとうやすし)
誕生日:1956年2月23日(59歳)
星座:うお座
出身地:岐阜県美濃市
性別:男
血液型:A型

岐阜県美濃市に生まれる。
本来、家族会議で「直樹」と命名するつもりだったが、父親が家族に許可を得ずに「靖」という名前で出生届を出したという。

1966年10月:フジテレビの『日清ちびっこのどじまん』で荒木一郎の「今夜は踊ろう」を歌い、優勝。
1971年5月1日:当初は演歌歌手としてシングル曲「博多みれん」で15歳2か月の若さでデビュー。
1972年12月31日:第23回NHK紅白歌合戦で当時としては最年少となる初出場歌手に抜擢。
1973年4月9日:「オレンジの雨」がオリコン週間チャートで初のベストテン入り。
1974年11月25日:「甘い生活」で初のオリコン週間チャートの第1位を獲得。
1975年2月10日:実兄 (佐藤寛)作曲による「私鉄沿線」が有線放送をきっかけに大ヒット。
1975年4月~日本テレビ系のバラエティー番組『カックラキン大放送!!』にメイン・タレントとして
        レギュラー出演。

野口五郎さんの名前の由来は?

野口五郎さんの芸名は飛騨山脈の「野口五郎岳」に由来し、名付け親はポリドール・レコードのアシスタントディレクターといわれているそうです。
ちなみに黒部五郎岳にちなんだ「黒部五郎」も芸名の候補となっていたそうです。
知りませんでした!
野口五郎さん、デビュー当時は、コンサートもハードにこなしていたそうです。

『日清ちびっこのどじまん』の司会者、大村崑の「黄金の人差し指」がなかったら今の自分はないとも話している。

出典:https://ja.wikipedia.org

ちびっこのど自慢大会にいくつも参加する中で、幼い頃ライバルとして一目置いていたのが現在の天童よしみであるという。

出典:https://ja.wikipedia.org

小学生の頃には、すでに成人並みのビブラートが掛けられるようになっていた。

出典:https://ja.wikipedia.org

野口五郎さんの妻は?・子供は?

野口五郎さんの奥さまの三井ゆりさんです。
コンサートにも行かれるのでしょうか。

野口五郎さんは45才の時に結婚したそうです。

野口五郎さんは、2001年にタレントの三井ゆりさんと結婚しています。

2001年と言えば、野口五郎さんは45歳ですから結構遅いですよね。

出典:http://tubuyaki-burogu.com

嫁の三井ゆりさんのプロフィールについて少しご紹介します。

本名:佐藤順子(さとうじゅんこ)旧姓:久保木(くぼき)

生年月日:1968年8月25日

出身:千葉県柏市

身長:163cm

出典:http://tubuyaki-burogu.com

三井ゆりさんは、もともとレースクイーンでしたが、「スーパーサッカー」の

アシスタントキャスターをしたことから、人気が出てバラエティ番組などで

引っ張りだこの人気タレントになりました。

野口五郎さんとは、2000年に「ものまね王座決定戦」で知り合ったそうです。

出典:http://tubuyaki-burogu.com

野口五郎さんに子供は二人いて、2002年に女の子が2004年に男の子が

生まれています。

出典:http://tubuyaki-burogu.com

野口五郎さんの奥さまや子供達もコンサートに来てくれるのでしょうか?
子供達にもコンサートを見てもらいたいでしょうね。

野口五郎さん45周年コンサート

2015年2月1日:オーチャードホールにて、野口五郎 45周年記念コンサートが行われました!
コンサートでは、野口五郎さんのMCが面白いです!

野口五郎さんは、バースディコンサートも行っているそうです。

始まりは、ドボルザーク交響曲第9番「新世界」 第4楽章。

クラッシックな音の中に入るギターの最初の一音でゾクッとする。カッコ良いわぁ~と心
の中で叫ぶ。

出典:http://ameblo.jp

GOROさんの声の多重録音をバックに「愛の賛歌」へと続く。

次も大人の女ゴコロの曲。

出典:http://ameblo.jp

そういえば、同期の人たちの歌も女性の歌でした。
持ち歌のように歌いこなし、ギターの音色もステキでした。
コンサートでは、初めて聞いたかも?と思いつつ、何度も聞いたことあるかのような、馴染んだ感が半端ない。

出典:http://ameblo.jp

声量も、音域の広さも、歌唱力も今更言うまでもないけど、この歌声はコンサートという
場でその本領を存分に発揮すると思う。

出典:http://ameblo.jp

コンサートでは、野口五郎さんの歌声に酔いしれてしまうと絶賛です。
野口五郎ファンは、コンサートツアー中、コンサートをハシゴするそうです(笑)

野口五郎さん、研ナオコさんとのジョイントコンサートも

2010年に始まった研ナオコさんと野口五郎さんの同期2人によるジョイントコンサートです。
このコンサートは野口五郎さんと研ナオコさんの歌だけでなくMCの面白さピカイチです!
コンサートはMCが面白いと嬉しいですよね!

野口五郎さんと研ナオコさんは、本当に仲が良くて、コンサートも2人のジョイントで行う恒例のツアーがあります。

このコンサートツアー評判が良かったようで、昨年からはPart2として新たにツアーがスタート。
内容が変わったとなれば、再び行ってきました。

出典:http://blog.livedoor.jp

前回行って分かっていたこととして、曲は王道メインで普通のコンサートよりは少なめ、MC長め。

出典:http://blog.livedoor.jp

コンサートには歌を聞きに行きつつ、MCも大きな目的となっている。
で…もう期待通りの結果でした。

出典:http://blog.livedoor.jp

野口五郎さんは、数々のコンサートを行ってきていると思いますが、研ナオコさんとのジョイントコンサートは、いつもと違う楽しさがあるのではないでしょうか。

野口五郎さんとコンサートについてのまとめ

~ Goro Noguchi Concert 2015 ~

「青いリンゴ」で青春の息吹を歌いあげデビューした野口五郎さんです。以後「私鉄沿線」など多くのヒット曲に恵まれ、2015年にデビュー45周年を迎えました。コンサートも好評です。

「45周年という歴史を感じさせない、永遠の青年のような風貌を維持し続ける秘訣について「後輩に、『どうしてそんなふうに歌っていられるんですか?』って聞かれることがありますが、答えようがないんです。気づいたらこうなっていただけで」とお話になる野口五郎さんです。
コンサートも数々こなしています。
本当に歌が好きなんだなぁと感じました。これから50周年、60周年に向けて頑張って頂きたいです!そしてコンサートも変わることなく続けて行って欲しいですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ