記事ID22668のサムネイル画像

女優・仲間由紀恵のドラマ初出演作品とは?初主演はあの作品だった!

女優として活躍中の仲間由紀恵。2014年には俳優の田中哲司との電撃結婚を発表し話題になりました。そんな仲間由紀恵が初めて出演したドラマとはどんな作品だったのでしょうか?仲間由紀恵の初主演ドラマとは?そんな仲間由紀恵のドラマ作品について調べてみました。

ドラマに多数出演!女優仲間由紀恵のプロフィール

仲間由紀恵

1979年10月30日生まれ
沖縄県出身
プロダクション尾木所属

1993年(平成5年) -地元のタレント養成学校「沖縄タレントアカデミー」に入学

出典:https://ja.wikipedia.org

1994年(平成6年) - 沖縄テレビ放送『青い夏』の一般公募オーディションでグランプリ。ドラマ出演。

出典:https://ja.wikipedia.org

1995年(平成7年) - 『青い夏』のドラマプロデューサーからプロダクション尾木を紹介される。上京。

出典:https://ja.wikipedia.org

1996年(平成8年) 東京パフォーマンスドールに一時在籍。
ともさかりえ主演の映画『友子の場合』に嶋田咲子役で出演。
小室哲哉の音楽番組『TK MUSIC CLAMP』のエンディング曲「MOONLIGHT to DAYBREAK」を歌う(作曲は久保こーじ)。
プレイステーション用ゲーム『トゥルーラブストーリー』のCM出演、主題歌を担当。

出典:https://ja.wikipedia.org

2002年(平成14年)『第53回NHK紅白歌合戦』で初の紅白ゲスト審査員を務める。

2005年(平成17年) - 『第56回NHK紅白歌合戦』で初の紅白司会を務める。

出典:https://ja.wikipedia.org

2014年9月18日、俳優・田中哲司と結婚

出典:https://ja.wikipedia.org

仲間由紀恵のドラマ初出演作品とは?

仲間由紀恵は
1994年に放送されたドラマ「青い夏」で
ドラマデビューしました。

仲間由紀恵は
このドラマのオーディションに合格したことで出演。

このドラマは
沖縄のみで放送されました。

このドラマは
仲間由紀恵の他に

飯島直子、山本太郎、ベンガルなどが
出演していました。

仲間由紀恵のドラマ初主演作品とは?

仲間由紀恵は
2012年に放送された「世にも奇妙な物語 2012年 春の特別編」で
ドラマ初主演を務めました。

『世にも奇妙な物語 2012年 春の特別編』(よにもきみょうなものがたり2012ねんはるのとくべつへん)は2012年4月21日にフジテレビ土曜プレミアム枠で放送された「世にも奇妙な物語」の特別編。

出典:https://ja.wikipedia.org

仲間由紀恵はこのドラマの作品の中の
「スウィート・メモリー」に出演しました。

赤井佳恵(仲間由紀恵)は気が付くと病院のベッドに居た。2日前の夜に部屋で気を失い昏睡する。また、警察の事情聴取で佳恵の部屋に田野中久(永井大)が遺体となって倒れていたことを知る。田野中とはふとしたことから出会い、ストーカーのように付きまとわれていたことを思い出す。

出典:https://ja.wikipedia.org

赤井佳恵 と君沢ユリの2役を演じた
仲間由紀恵の他に

このドラマでは
永井大、鈴木一真、三上市朗などが出演しました。

その後、仲間由紀恵は
1997年に丹阿弥谷津子とのW主演で
NHKドラマ「しあわせ色写真館」に出演しました。

『しあわせ色写真館』( しあわせいろしゃしんかん)は、1997年12月15日から同年12月18日まで、NHK「ドラマ新銀河」枠で放送されたテレビドラマ。放送時間は月曜から木曜19:40 - 19:58(JST) 。全4回。主演は丹阿弥谷津子と仲間由紀恵。

出典:https://ja.wikipedia.org

仲間由紀恵が出演した
このドラマのあらすじはこちらです。

岐阜県群上八幡(現在の郡上市八幡町)。田中写真館の館主・田中詠子は30年前に夫と死別し、以来70歳を過ぎた現在も現役カメラマンとして店を営んでいる。そこへ1人の女子高生・秋本香菜が訪れる。幼い頃に別れた父と撮った思い出の家族写真を探しているという。写真を探しながら夏休みの間だけそこでアルバイトをすることになった香菜は、さまざまな悩みを抱えた客たちが、写真館を訪れ人生に前向きになってゆく姿に出会う。

出典:https://ja.wikipedia.org

このドラマは
仲間由紀恵と丹阿弥谷津子の他に
石野真子、酒井敏也、いとうまい子などが
ゲスト出演していました。

仲間由紀恵の代表作はやっぱりこのドラマ!

仲間由紀恵は
2000年から放送されたドラマ「TRICK」に主演。

第3シリーズまで放送され、
3回のスペシャル放送、映画化もされ
仲間由紀恵の代表作になりました。

TRICK(第1シリーズ、2000年)2000年7月7日から9月15日まで毎週金曜日23:09 - 24:04に、「金曜ナイトドラマ」枠で放送された。以下、エピソード名は小説版のものを記述。各話エピソードタイトルは放送時のものを記述。連続ドラマシリーズで唯一「episode○」というテロップが表示されない。

出典:https://ja.wikipedia.org

TRICK2(第2シリーズ、2002年)2002年1月11日から3月22日まで毎週金曜日23:15 - 24:10に、「金曜ナイトドラマ」枠で放送された。

出典:https://ja.wikipedia.org

木曜ドラマ TRICK〜Troisième partie〜(第3シリーズ、2003年)2003年10月16日から12月18日まで毎週木曜日21:00 - 21:54に、「木曜ドラマ」枠で放送された。前時間帯(木曜ミステリー)枠の『新・京都迷宮案内』が、『西部警察2003』の放送中止により2004年1月期スタートから繰り上がったため、どちらの作品にも出演している野際陽子が、同局同曜日のドラマに続けて出演する事となった。DVD化等の際に『TRICK 〜Troisième partie〜』(トロワジェムパルティー、仏語で「第3シリーズ」の意)に改題。テレビでの再放送時には『TRICK3』の題が用いられた。ちなみに自然に割れる卵の黄身の色は金色である。

出典:https://ja.wikipedia.org

TRICK 新作スペシャル(2005年)2005年11月13日日曜日、21:00 - 23:14の日曜洋画劇場枠で放送。本作以降ハイビジョン放送となった。2006年6月4日、21:00に『トリック まだまだ新作スペシャル』としてアンコール放送。視聴率は24.7%。さらに、新作スペシャル2の放送に合わせて、2010年5月15日の14:58より製作局のテレビ朝日を除いて一部系列局等で、2度目の再放送が行われた。その際の番組名は「TRICK 新作スペシャル(再)」。

出典:https://ja.wikipedia.org

TRICK 新作スペシャル2(2010年)2010年5月15日土曜日、21:00 - 23:06の土曜ワイド劇場枠で放送。ハイビジョン制作。『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』の1週間前の出来事として描かれている。登場人物、ストーリー等「悪魔の手毬唄」のオマージュ的な部分が多い。視聴率は17.4%(関東地区)。小説版では、「死を呼ぶ子守唄」の副題が追加されている。

出典:https://ja.wikipedia.org

TRICK 新作スペシャル3(2014年)2014年1月12日日曜日21:00 - 23:10の日曜エンターテインメント枠で放送。『トリック劇場版 ラストステージ』の前日譚として描かれている。登場人物などから『犬神家の一族』のオマージュ的部分が見られる。今作に出演している石田太郎は放送前に急死しておりTVドラマにおける石田の遺作となった。

出典:https://ja.wikipedia.org

仲間由紀恵は
このドラマで山田奈緒子役を演じました。

このドラマは
仲間由紀恵の他に
阿部寛、生瀬勝久、野際陽子などがレギュラー出演していました。

また、仲間由紀恵は
2002年から放送されたドラマ「ごくせん」に主演。

シリーズ化され話題になりました。

『ごくせん』とは、森本梢子の漫画『ごくせん』をテレビドラマ化した、仲間由紀恵主演の学園ドラマ。

日本テレビ系で、3本の連続ドラマ(第1シリーズ2002年4月17日 - 7月3日、第2シリーズ2005年1月15日 - 3月19日、第3シリーズ2008年4月19日 - 6月28日)、2本の単発ドラマ(ごくせんスペシャル)が放送されている。

出典:https://ja.wikipedia.org

任侠集団・大江戸一家で育った熱血高校教師、山口久美子(通称・ヤンクミ)が不良ぞろいの3年D組で活躍する学園ドラマ。 2002年放送の第1シリーズ、2005年放送の第2シリーズ、2008年放送の第3シリーズは全て高視聴率を記録した。

漫画原作だが、第1シリーズがほぼ原作の設定や人物を踏襲していたのに対し、第2シリーズ以降では学校から登場人物に至るまでほぼドラマオリジナルで占められている。 それぞれ舞台は、第1シリーズが白金学院高校、第2シリーズが黒銀学院高校、第3シリーズが赤銅学院高校という、いずれも私立男子校で、久美子は不良の吹き溜まりとされるクラスを任される。ストーリー自体は第1シリーズに似ている部分が多々あり、いずれも原作の極道色は薄められ、学園ドラマとしての色合いが濃い。放送倫理上、ヤンクミの実家も原作ではヤクザのところを任侠集団に変更されている。

仲間由紀恵にとっては、本作がプライムタイムの連続ドラマ初主演作であると同時に、彼女の出世作・代表作となった。また、当時経験の浅かった若手俳優が多数起用された。

出典:https://ja.wikipedia.org

仲間由紀恵のこれから

数々の話題作に出演している
仲間由紀恵。

現在、舞台出演を控えているため
ドラマの出演予定はありませんが

結婚しても活躍している仲間由紀恵に
今後も注目していきたいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ