記事ID22037のサムネイル画像

ハリウッドでも活躍!浅野忠信出演のハリウッド映画全4作品を紹介

日本を代表する映画俳優・浅野忠信さん。映画の出演作も多いベテラン俳優です。浅野忠信さんが2011年にハリウッドの映画デビューしました。浅野忠信さんがハリウッドで出演した映画4作品全てを紹介します!映画はどれも注目された有名な作品ばかりです!

浅野忠信さんのプロフィール

映画中心に活躍する演技派俳優・浅野忠信さんとは?

浅野 忠信 (あさの ただのぶ)
本名:佐藤 忠信 (さとう ただのぶ)
生年月日:1973年11月27日(41歳)
出身地:神奈川県横浜市南区
血液型:A型
身長:179㎝
事務所:アノレ

日本では映画の出演作がとても多い浅野忠信さん。
浅野忠信さんは話題作からB級映画まで様々なジャンルの映画に出演している演技派俳優です。2011年に『マイティソー』でハリウッドデビューした浅野忠信さん。
その後ハリウッドでは3作品に出演しました。
日本人として浅野忠信さんハリウッドでの活躍が気になりますね!

母方の祖父ウィラード・オバリング(Willard N. Overing)はアメリカ合衆国ミネソタ州ウィノナ生まれの北欧系アメリカ人

出典:https://ja.wikipedia.org

忠信の母はナバホ系のアメリカ・インディアンで元農民[4]の血統と思い込んでおり、忠信自身もそれを30年以上信じていたが、番組製作時の調査でそれが間違いと判明。ウィラードの弟ゴードンは「父ジェイコブはオランダ人、母エラベルはノルウェー人で、共に北欧の家系である」と証言した。

出典:https://ja.wikipedia.org

クォーターのために幼い頃は髪の色が金髪に近く、何もしていなくても目立っていて声をかけられることも多かった。子ども心に、日本人だが日本人になりきれていない違和感も感じていたという

出典:https://ja.wikipedia.org

浅野忠信さんのハリウッド出演映画① 『マイティ・ソー 』

浅野忠信さんのハリウッド初出演映画は有名なコミックの実写映画でアクション満載だった!

浅野忠信さんのハリウッド映画1作目は『マイティソー』です。
有名なアメコミの実写なので観た方も多いのではないでしょうか?
浅野忠信さん以外にも有名なキャストが大勢という点でも話題になった映画です。

「マーベル・コミック」の作品『マイティ・ソー』を原作とする実写映画化作品。

出典:https://ja.wikipedia.org

本シリーズで浅野が演じたのは、ソー(クリス・ヘムズワース)の盟友であり勇敢な戦士ホーガン。寡黙ながら歴戦の勇士という存在感の求められる役柄を見事にこなしている。

出典:http://www.crank-in.net

 ロキ役のトム・ヒドルストンは浅野について、「大好きだよ。彼は素晴らしかった。すごく才能のある俳優で、ナイスな人なんだ。タダノブ・アサノの演技は、とても高貴なところがある」と絶賛。また、浅野のことを“タッド”と呼び、「タッドが現場にいるととても楽しいよ」とその人柄にも惹かれていることをうかがわせた。

出典:http://www.crank-in.net

解説

『スパイダーマン』などでおなじみのマーベルコミックの中でも、特に人気の高いヒーローの一人、マイティ・ソーが活躍するアクション大作。地球に追放された神の世界の最強戦士ソーが、巨悪の敵に立ち向かう。監督は『ヘンリー五世』のケネス・ブラナー。主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。ソーをサポートする“ウォリアー・スリー”のホーガン役で浅野忠信が出演する。スリリングな戦いの行方と、迫力のアクション映像に注目。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

あまり知らないアメコミキャラでしたが、アメコミキャラとしては1番好きになりました!
なんせ面白い!!
映画もとにかく面白い!!
良い意味ではちゃめちゃ!!
ダークナイトシリーズがアメコミ史上最高傑作だと思いますが、
アメコミ史上一番コミカルで笑えるのはソーだと思います

出典:http://movies.yahoo.co.jp

他のマーベル映画とは少し雰囲気違う印象を受けるかもですが、
アベンジャーズへの伏線も盛りだくさんだし、楽しめること間違いなし!
おすすめですよー

出典:http://movies.yahoo.co.jp

浅野忠信さんのハリウッド出演映画② 『バトルシップ』

浅野忠信さんのハリウッド映画2作目は2012年の『バトルシップ』です。
世界的に有名な歌手リアーナさんの出演することでも話題になった映画です。
多額の製作費を投入した映画ですが、評価はあまり高くなく、本国アメリカでは予想以上にヒットしなかったようです…。

ユニバーサル・ピクチャーズ100周年記念作品。2億ドル以上の高額な制作費が投入された

出典:https://ja.wikipedia.org

浅野忠信が出演しているから観ました。
映画バトルシップ!
浅野忠信さん英語がけっこう上手です。
自然に入り込んできました。
SF好きにはオススメしたいですね!

出典:http://aoyama-eiga.jp

解説

ハワイでの軍事演習中に謎のエイリアンとその母船に遭遇したアメリカ海軍や日本の自衛艦が、地球存亡の危機に立ち向かうSFアクション。未曾有の事態に局面する男たちにふんするのは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』で注目されたテイラー・キッチュ、『マイティ・ソー』の浅野忠信、『96時間』のリーアム・ニーソン。監督は『キングダム/見えざる敵』『ハンコック』のピーター・バーグ。人知を超えたエイリアンの武器と人類の近代兵力が激突する海上バトルもさることながら、日米の海の精鋭たちが国を越えたきずなをはぐくむドラマも見ものだ。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

海上自衛隊と米海軍の指揮官が共に作戦を実行するストーリーは、戦後一貫して共同行動してきたからこその、リアリティ。
共通の敵に対峙するため、かつての敵同士が奇しくもハワイで戦い、勝利を納める爽快感。

かなり楽しめる映画である。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

エイリアンものであるが,コッテコテの黄金パターンを盛り込んだ娯楽作。
敵は,最新鋭機も通用しないエイリアン軍団。迎えるは,アメリカ海軍最新鋭艦。ところが,ぼろぼろの老朽艦も登場。引退したジジイも登場。
冒頭で車椅子に乗っていたジジイどもが,「ヘイ,ひよっこども,今から戦争の仕方を教えてやる!」なーんて,最高だろ,もうっていう映画です。
ぜひ,お勧め!

出典:http://movies.yahoo.co.jp

浅野忠信さんのハリウッド出演映画③ 『47RONIN 』

浅野忠信さんのハリウッド3作目の映画は2013年の『47RONIN 』です。
タイトルからもわかる通り忠臣蔵が元になっている作品で、ハリウッド俳優キアヌ・リーブスさんが47人に加わる設定です。
キャストも日本人俳優が多いですが、ハリウッドで活躍している日本人俳優がメインです。

忠臣蔵をモチーフとし、四十七士にキアヌ・リーブス演じる架空の人物であるカイが参加する等の独自の要素が加えられたオリジナルストーリーとなっている。

出典:https://ja.wikipedia.org

解説

世界的スター、キアヌ・リーヴスを主演に迎え、歌舞伎や映画、ドラマなどで不動の人気を誇る「忠臣蔵」を大胆にアレンジしたアクションファンタジー。非業の死を遂げた主君の敵を討つべく集まった47人の浪士と異端の混血のサムライが協力し、数々の試練を乗り越え決死の戦いに臨むさまを描く。監督は、CMなどを手掛けてきた新鋭カール・リンシュ。共演には国際的に活躍する真田広之、浅野忠信、菊地凛子のほか、本作でハリウッド作初出演の柴咲コウに加え、赤西仁も名を連ねる。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

日本の忠臣蔵をハリウッドリメイク!
って聞くと、「どんだけ凄い物語に生まれ変わるんだろう!」と期待値は上がらざるを得ないわけですが、これが結果的に可もなく不可もなくの微妙な出来。
しかし、見終わってこれはこれで良かったんだと思った。

ハリウッドで忠臣蔵っていう未知数な題材に取り組んで、さらにキアヌ以外ほとんど日系の役者使って、時代劇を作って可もなく不可もなくなら成功じゃないか。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

これは赤穂浪士47人の実話を『もとにした壮大なフィクション』です!
エンドロール時にもキアヌが語っていましたが、外国の方からみた『新解釈』です!
それらを踏まえて見るべきかと。
確かに当時の日本の姿や史実を忠実に…という点では日本という国の背景や演出・衣装等、気になる方もいらっしゃるかもですが、あくまでもフィクションです!
前置きとしてそれがあるので、突っ込みよりも、そう来たか!でも凄い迫力!的な感じでした。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

浅野忠信さんのハリウッド出演映画④ 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド 』

浅野忠信さんのハリウッド出演映画最後は『マイティソー/ダークナイト』です。
前作の続きで内容はさらにスケールアップし、前作よりおもしろかったという評価が多かったです。
浅野忠信さんは前作と同様の役柄ホーガンでしたが、浅野忠信さんのシーンを期待して観ると少なすぎて日本人としては納得がいかない方が多かったようです。

2011年の映画『マイティ・ソー』の続編となるシリーズ第2作。

出典:https://ja.wikipedia.org

解説

北欧神話をベースにしたマーベルコミックスの人気作を実写化したアクション大作の続編。ロンドンで発生した重力の異常を契機に訪れた地球滅亡の危機に、ソーが立ち向かっていく。ソーを演じる『レッド・ドーン』などのクリス・ヘムズワースを筆頭に、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストンといった前作のメンバーが再結集。メガホンを取るのは、テレビドラマ「MAD MEN マッドメン」シリーズなどのアラン・テイラー。驚異的なVFX映像もさることながら、ソーの宿敵でもある弟ロキとの絆をめぐるドラマも見どころ。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

洋画SFアクションは本当に大好きです♪
期待して行ったところ、期待通りでした(*'ω'*)♪
目まぐるしい部分もありましたが(笑)
DVDでももう1回観たいなーと思っている次第です!

出典:http://movies.yahoo.co.jp

何でもあり感は否めませんでしたが、面白さで言えば前作以上でしょう!
アクション、ユーモア、そして泣き所と、ツボどころもしっかり押さえ、見応え十分な続編になっていたと思いました。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

浅野は、バトルシップ後なんだから
もうちょっと露出してもいいんじゃないか?
台詞も少ないし。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

【まとめ】ハリウッドで大活躍の浅野忠信さん

浅野忠信さんのハリウッドで出演した映画4作品紹介しました。
日本でも映画を中心に大活躍の浅野忠信さん。舞台を世界に広げてこれからも俳優として活躍して欲しいですね!
渡辺謙さんのような日本を代表するハリウッド俳優になって欲しいです!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ