記事ID21730のサムネイル画像

    眉毛のメイクを流行のナチュ太眉に変えただけで、顔はこんなに変わる

    メイクにはいろんな流行がありますが、眉毛ほど流行に左右されるパーツはないかもしれません。当時は流行の最先端でも今見たらびっくりの眉毛メイクもあります。そんな過去の眉毛メイクの流行から、今流行のナチュ太眉と、その描き方までご紹介します。

    2016年 今年の眉毛メイクのトレンドは?

    ナチュ太眉でキメる

    今年流行の眉毛は、ナチュラル感のある太めの眉毛です。ナチュラル感とは、赤茶や、茶色、などをブレンドした柔らかい色を使って太めに描く眉のこと。キツくなり過ぎないナチュラル感が決め手です。

    細い眉毛の流行の次は、本来の眉の形を活かした、自然な太めの眉がトレンドになってきています。

    女性ファッション誌などのメディアが特集してるナチュラルな太眉なら、細眉より失敗してもやり直せるので描き易いですね。

    ナチュラルな太眉の色と形

    全体的にしっかりメイクの時でも、眉毛はナチュラルな色合いで描きます。アイシャドウとリップの色に濃い色を使っても、眉毛はそれより薄めの色で太めに描くと今ドキです。

    ナチュラルメイクの眉毛は、太さのある方はそのまま活かし、アイシャドウなどを使って眉毛に色を足すぐらいが丁度良いです。

    足りない部分だけ、アイブロウペンシルで書き足し、明るめの色の眉マスカラを使って全体的にぼかすと、ふんわりした優しい印象が作れます。

    眉毛メイクの歴史 1950年代

    きりりとした眉が美しいですね。堀の深い顔立ちにピッタリです。目元もしっかり濃く、眉毛も太目で濃いので、メイクのバランスが整っていますね。

    1950年代には、太くて濃い短めの眉毛がトレンドとなりました。アイコンになっていたのはオードリー・ヘップバーンです。

    眉毛メイクの歴史 1960年代

    太い眉毛からがらりと変わって細い眉毛になりましたね。アイラインやまつ毛を引き立たせるために眉毛が目立たないメイクになったのでしょうか。

    丸みを帯びた細いラインの眉毛を流行させたのは、ミニスカートがトレードマークのツイッギーでした。

    眉毛メイクの歴史 1970年代

    60年代とは打って変わって何もしていない風の眉毛ですね。メイクもかなりナチュラルになっています。

    70年代に、人気絶頂だったキャンディーズなどのアイドル達も、眉毛はナチュラルなままの方が多かったです。

    眉毛メイクの歴史 1980年代

    大きな目と太くしっかりした眉毛が流行った80年代です。メイクはナチュラルな清純派アイドルが人気だった年ですね。

    太くしっかり描いた眉毛の濃さに時代を感じますが、形は今風に近いですね。眉の色が濃いと、意思の強さを感じるメイクになります。

    眉毛メイクの歴史 1990年代

    90年代の眉毛といえばなんといっても安室ちゃんですよね。眉毛は、細く長めに描くスタイルが大流行しました。

    90年代の一般メイクは、細眉でシャープな雰囲気のメイクと、コギャルメイクと言われたブルーや白など寒色系アイメークも主流でした。

    明るい髪の色に細眉がトレンドでした。眉毛の形はへの字が流行していたので、みんな眉尻を上げて描いていました。

    ビジュアル系バンドなどの流行にも合ったメイクだった為か、細い眉毛は男性にも流行していました。今見るとびっくりなメイクですね。

    眉毛メイクの歴史 2000年代

    なんといっても浜崎あゆみさんですね。
    眉毛は少し太くなっているものの、脱色したりして目元の印象を邪魔しないものになっています。

    メイクの中心はまつ毛で、マスカラや付けまつ毛も欠かせないアイテムになりました。キラキラ感のあるゴージャスなメイクが特徴的になり、ほとんどのメイク用品パール感が入りました。

    安室奈美恵さんや、浜崎あゆみさんを皮切りに、付けまつ毛やカラコンがブームになり、この頃から、盛りメイクが加速しました。

    エビちゃんブームもこの頃ですね。モテメイクというジャンルができたのもこの頃。眉毛は綺麗に整っていますが細めですね。

    こんな眉毛も流行?

    困り眉

    フェミニンな女性の方に人気になっていた困り眉のメイク方法。カラコン、つけまと合わせた、薄めの下がり眉も流行しました。

    太めの眉毛の眉尻を下げて困り顔メイクにすることで、守ってあげたくなるような可愛らしい女の子の表情にするメイク方法です。

    今年流行メイクのポイントは平行眉

    トレンドは、ナチュラルカラーの平行眉です。薄い色に太めの眉毛で、ナチュラルメイクにもバッチリメイクにも相性がいいです。

    ナチュ太眉は、アイシャドウの色に合わせたり、髪の色に合わせたり、メイクによって表情を変える事が出来ます。まずは基本的な描き方を覚えましょう。

    初心者にも簡単なナチュ太眉の描き方

    ペンシルや、ブラシを使って眉毛を描いていくと、ふんわりした眉毛を描きあげることが出来ます。ペンシルのみだと、男前な眉毛になってしまうので、ブラシやカラーリングでナチュラルに仕上げましょう。

    スッピン眉から、ナチュラル眉を仕上げていく動画を紹介しています。アイシャドウやペンシルの順番などもしっかり紹介されているので、是非参考にしてみてください。

    ナチュ太眉が簡単に作れる眉毛アイテム

    パウダーアイブロウ&ノーズシャドウ

    ¥1,080(税込)

    眉毛の付け足しや、ノーズシャドウが作れるパウダーアイブロウ&ノーズシャドウです。3色入っているので、グラデーションにも使えます。

    パウダーアイブロウペンシル

    ¥972(税込)

    繰り出しタイプのペンシルで、パウダーのような感覚でしっかり描くことができます。汗、水にも強い人気アイテムです。

    カラーリングアイブロウN

    ¥864(税込)

    ナチュラル眉を作るのに欠かせない眉毛のカラーリングです。色の種類も豊富で落ちにくい、ランキング上位アイテムです。

    眉毛メイクのまとめ

    いかがでしたか?

    眉毛は時代に合わせて様々な変化をたどっているんですね。それだけ眉毛を変えると途端にトレンドの顔になれるといっても過言ではないかも!テレビや雑誌のモデルさんや女優さんの眉毛をしっかりチェックして、乗り遅れないようにしましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ