記事ID23394のサムネイル画像

メイクの基本!でも難しい・・・そんな眉毛メイクの方法を徹底解説!

顔の印象を左右する重要なパーツ、眉毛。メイクの基本ですが、実はけっこう難しいですよね・・・。眉毛メイクだけで、印象がかなり変わってしまいます。そこで今回は、メイクの基本だけど難しい、眉毛メイクの方法を徹底解説しちゃいます!

眉毛メイクをマスターしよう!まずは必要なメイク道具から!

眉毛メイクに必要な道具①

スクリューブラシ

【RMK スクリューブラシ】
メイクを始める前に、眉毛の毛流れを整えるために必要です。
RMKのスクリューブラシは、シンプルで使いやすくおすすめです!

眉毛メイクに必要な道具②

フェイス用シェーバー

【Panasonic フェリエ フェイス用 ピンク】
眉毛周りのムダ毛を剃るために必要です。
カミソリよりも肌に優しく安全な、フェイス用シェーバーがおすすめですよ!
こちらは、シェーバーに見えないほどかわいい見た目がポイントです。

眉毛メイクに必要な道具③

眉ばさみ

【資生堂 アイブローシザーズ 212】
長い眉毛をカットするために必要です。
さびずに長持ちする、こちらのようなしっかりとしたものがおすすめです。

眉毛メイクに必要な道具④

毛抜き

【資生堂 アイブローニッパーズ 211】
眉毛からはみ出ているムダ毛を抜くために必要です。
こちらの毛抜きは、短い毛も抜きやすくておすすめですよ!

眉毛メイクに必要な道具⑤

アイブロウペンシル

【ケイト アイブロウペンシルN】
眉毛の足りない部分を描き足すために必要です。
こちらは細くて描きやすい柔らかさで、おすすめですよ!

眉毛メイクに必要な道具⑥

アイブロウパウダー

【ケイト デザイニングアイブロウN】
眉毛全体を形作るために必要です。
こちらは使いやすいカラーがセットになっていて、ナチュラルで美しい眉毛がつくれます!

眉毛メイクに必要な道具⑦

眉マスカラ

【コフレドール アイブロウカラー】
髪色が明るい人は必須!眉毛全体を自然にトーンアップしてくれます。
こちらはべったりしすぎず、自然で明るい眉毛にしてくれるのでおすすめです!

こちらが眉毛メイクに必要な道具です!
意外と多かったですか・・・?
でも、シェーバーやハサミ等はずっと使い続けるものなので、よい品物買っておくのがおすすめですよ!
ではこれから、具体的なメイク方法に移っていきましょう!

まずは基本の眉毛メイク方法!

まずはムダ毛を剃る・抜く・カットする!

メイクを始める前に、まず眉毛の状態を整えましょう。

①スクリューブラシで眉をとかす。
②眉上、眉間のウブ毛をシェーバーで剃る。
③眉下のムダ毛を毛抜きで抜く。
④眉毛のラインからはみ出た毛を眉ばさみでカット。

整える部位によって道具を使い分け、キレイな土台をつくりましょう。

理想の眉の形をチェック!

こちらの画像が、眉毛の黄金比です。
自分の顔と照らし合わせて、最終的にこんな形になるよう、イメージしていきましょう!

★ 眉頭 : 小鼻の脇の延長上~目頭の延長上の間に
★ 眉山 : 黒目の外側から目じりの間に
★ 眉尻 : 小鼻の脇と目じりをつなぐ線の延長上に

出典:http://aura-beauty.jp

アイブロウパウダーで眉のラインを描く&色をつける

まずは基本的な眉のラインを、アイブロウパウダーで描いていきましょう。
ペンシルだと濃くなりすぎてしまうので、パウダーでナチュラルにふんわりと!
カラーは自分の髪色に合わせて選んでみてくださいね。

眉頭は薄く、眉尻は濃く!

また、眉頭から眉尻に向かって色が濃くなるのが、美しい眉毛といわれています。
アイブロウパウダーは眉頭は薄く、眉尻は濃く、のせていきましょう。

足りない部分をアイブロウペンシルで描き足す

細い眉尻などはパウダーでは描きにくいので、アイブロウペンシルで描き足していきましょう。
小鼻と目尻をつなぐ、延長線上になる長さまで!

髪色が明るい人は、最後に眉マスカラを!

髪色が明るい人は、自分の髪色に合わせた眉マスカラを、最後にさっと塗りましょう。
べったりと塗るのではなく、さっとふんわりのせるのがポイントです!

これで、基本の眉毛メイクが完成!

今ドキ眉毛をマスターしよう!①平行眉

基本の眉毛メイクをマスターした後は、今ドキの眉毛メイクに挑戦してみましょう!
ひとつめは、「平行眉」。
韓国のオルチャンから火がついた、まっすぐで平行な眉毛です!
やさしくふんわりとした雰囲気になれるんですよ。
やり方も意外と簡単、さっそく挑戦してみましょう!

眉の上ラインをまっすぐ引く!

最初のポイントは、眉山をつくらず、眉の上ラインをまっすぐに引くこと!
眉毛の黄金比は忘れて、思いっきりまっすぐ描いちゃいましょう!
こちらも、アイブロウパウダーでふんわりと描いていきます。

眉の下ラインを目尻へとつなげる!

次に、眉毛の下ラインを眉尻へとつなげる線を描きます。
少し太めの眉毛にするのも、平行眉のポイントです!
アイブロウパウダーでまずは輪郭を描きましょう。

輪郭の内側をアイブロウパウダーで埋める

次に、先ほど輪郭をとった中を、アイブロウパウダーで埋めていきます。

最後に髪色に合わせた眉マスカラを!

最後は髪色に合わせた眉マスカラを!
特に太眉のときは、黒い眉毛が残っていると野暮ったく見えてしまいます。
眉マスカラで自然な茶色に染めましょう!

これで、ふんわりやさしい「平行眉」メイクが完成!

今ドキ眉毛をマスターしよう!②ハナレ短眉

眉の間が離れていて、ナチュラルな太さの「ハナレ短眉」。
あどけなく、かわいらしい雰囲気になれる眉毛メイクです!
モデルの森絵梨佳さんが代表的な、ふんわり癒し系のイメージです!
ではさっそく、メイク方法をみていきましょう!

ハナレ短眉のポイントは・・・

【1】眉の長さは目尻のくぼみが基準で短め

【2】目頭よりも後ろに眉頭がある

【3】眉山は強調せず、眉頭から眉尻までほぼ同じ太さをキープ

出典:http://www.womaninsight.jp

眉毛はカットしすぎない!

眉毛を整える際は、長く目立ってしまっている毛のみをカットします。
ナチュラルな毛流れを活かしたいので、短くカットしすぎないようにしましょう!

眉頭には色をのせない!

アイブロウパウダーで、眉毛に色をのせていきます。
ポイントは、眉頭には色をのせないこと!
眉尻に向かって濃くなるように、ふんわりとパウダーをのせましょう!

足りない部分を1本1本描き足す!

眉頭から眉尻までほぼ同じ太さになるよう、足りない部分をアイブロウペンシルで描き足していきます。
1本1本眉を書き足すようなつもりで、濃くなりすぎないようにしましょう!

眉マスカラで自然なカラーに!

眉マスカラをティッシュオフして余分な液がつかないようにしてから、眉にふんわりとのせていきます。
眉毛の色が濃いとふんわりとした雰囲気にならないので、眉マスカラは必須です!
黒髪の人も、髪色より少し明るい程度の眉マスカラを塗ると、一気に垢ぬけた雰囲気になりますよ。

眉の間が近い人は、眉頭にコンシーラーを!

眉の間が近い人は、眉頭にコンシーラーを塗り、眉の間が離れて見えるようにしましょう。
これだけで、だいぶ印象が変わりますよ!

これで「ハナレ短眉」メイクが完成!

これで、眉毛メイクは完璧!

基本の眉毛メイクから、今ドキ眉毛メイクまでご紹介してきましたが、いかがでしたか?
難しいと思っていた眉毛メイクも、コツさえ掴めば意外と簡単そうですよね!
これを機会に、眉毛メイクをマスターしちゃいましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ