記事ID18676のサムネイル画像

テイラー・スウィフトのアルバムをチェック!一番売れたのはどれ?

テイラー・スウィフトといえば、美しすぎる歌姫として有名ですが、キャッチーな楽曲が満載なアルバムも世界中で激売れ中と話題です!テイラー・スウィフトのアルバムで一番売れた作品と、これは聴いて!という楽曲の収録されたテイラー・スウィフトのアルバムをご紹介!

アルバムも絶好調、テイラー・スウィフトが大人気!

歌姫テイラー・スウィフトのプロフィール

テイラー・スウィフト
Taylor Swift

出生名 Taylor Alison Swift
テイラー・アリソン・スウィフト
出生 1989年12月13日(25歳)
出身地 アメリカ合衆国ペンシルベニア州
ジャンル カントリー・ポップ
職業 シンガーソングライター、女優、モデル
担当楽器 ボーカル、ギター、ウクレレ、ピアノ、バンジョー
活動期間 2006年 - 現在
レーベル ビッグマシン・レコード
ユニバーサルミュージック

出典:https://ja.wikipedia.org

女優として映画やテレビドラマにも出演している。身長180 cm(5ft11in)、足のサイズは26.5cm。
立て続けにヒット曲を生み出しており、ファン層も広く、しばしば「America's sweetheart」とも呼ばれる。

出典:https://ja.wikipedia.org

テイラー・スウィフトのアルバム一気にチェック!

テイラー・スウィフトのデビューアルバム「Taylor Swift」

デビューアルバム「Taylor Swift」を2006年10月にリリース。アルバムはビルボードの総合アルバムチャートBillboard 200に19位で登場し、発売後の1週間で6万1000枚以上を売り上げた。その後、Billboard 200では5位に上がり、カントリー・アルバム部門で1位を獲得した。

出典:https://ja.wikipedia.org

なぜカントリーミュージックだったの?素朴な疑問がわきますよね。
実は、こんなわけが・・・

シャナイア・トゥエインの歌を聴いて衝撃を受け、カントリー・ミュージックへの興味が湧いた。

出典:https://ja.wikipedia.org

プロのオペラ歌手である祖母とカントリー歌手のリアン・ライムスの影響を受け、カントリー歌手になる事を決意した。その他、パッツィ・クライン、ドリー・パートン、シャナイア・トゥエインといった女性カントリー歌手や、ディクシー・チックスをよく聴いていたとも述べている

出典:https://ja.wikipedia.org

こう決心したのが10歳くらいというから、すごいですね・・・。

テイラー・スウィフト、セカンドアルバム「Fearless」

2008年11月11日に全米でセカンド・アルバム「Fearless」がリリースされた。このアルバムはBillboard 200で1位を獲得。1週間で59万2000枚を売り上げ、記録的なヒットを生んだ。同アルバム内の「Change」は一部が北京オリンピックのアメリカ代表の応援曲に採用され、NBCによるオリンピック中継の際に流れた。また、同アルバム内の曲で、シングルで同年9月12日に発売された「Love Story」はiTunes Storeで2位、ビルボード100で5位を記録し、大ヒットしている。

出典:https://ja.wikipedia.org

特筆すべきは最も重要である「最優秀アルバム」のタイトルを史上最年少の20歳で受賞するという快挙を成し遂げたことです。

出典:http://matome.naver.jp

3rdアルバム「Speak Now」

セカンドアルバムから2年後、3枚目のアルバム「Speak Now」が発表されています。

実体験が元になった歌が多いテイラー・スウィフトですが、このアルバムにも実体験を歌にしたものがありました。

3rdアルバムの「Speak Now」に収録されている曲では、「Back to December」はテイラー・ロートナーについて、「Dear John」はジョン・メイヤーについて、それぞれ書いた曲である。

出典:https://ja.wikipedia.org

ジャケットが印象的な4thアルバム「Red」

「レッド」は約120万8000枚のセールスを記録し、自らが持つ初週セールス記録を大きく上回る結果を残した。

出典:https://ja.wikipedia.org

このアルバムで、プロデューサーを迎えての制作に変えたテイラー・スウィフト。
セルフプロデュースの作品と比べ、よりポップに仕上がってます。

5thアルバム「1989」

アルバムの「1989」は11月2日までの一週間ですでに約128万7000枚の売上を記録。初週売上最高記録を保持する歴代アーティストたちに迫る売上を記録している。

出典:https://ja.wikipedia.org

テイラー・スウィフトはデビューから、発売してきた数々のアルバムで記録を打ち立てています。
秀逸なアルバムの中でも、一番売れてるテイラー・スウィフトのアルバムはどの作品なんでしょうか?

テイラー・スウィフトの1番売れてるアルバムは?

テイラー・スウィフトの、1番売れたアルバム「Red」

「We Are Never Ever Getting Back Together」が収録されているのがこれ。
フジテレビの番組『テラスハウス』でも流れていた曲です。
みんな口ずさんでましたよね~!

これまでのカントリー・サウンドから、ポップ・サウンドが多彩に盛り込まれたポップ・チューンとなっている同曲には、とまどいを隠せないファンの声も少なからずある一方で、「これはヤバイ!」、「ハンバなくキャッチーだ!」、「何度も繰り返し聞いてしまうわ、すごくイイ!」とその新しいスタートに絶賛の声が早くも寄せられており、現在米iTunesで配信から今も総合シングル曲ランキング第1位を記録し続ける最大の注目曲に。

出典:http://voices.sitemix.jp

1位以外も名曲ぞろい、テイラー・スウィフトの最強アルバム!

1番売れた「Red」に続いて、「Speak Now」、「Fearless」 、「Taylor Swift」の順でした。
ちなみに、最初の1週間のアルバム売り上げトップは「1989」!

その他、テイラー・スウィフトのアルバムから注目曲を見てみましょう。

よりポップに洗練されたテイラー・スウィフトのアルバム「1989」

テイラー・スウィフトのニュー・シングル「Shake It Off」が、全米ビルボード総合シングル・チャート(Hot 100)で1位に初登場した。

「We Are Never Ever Getting Back Together」に続いて2曲目の全米ナンバー1シングル。

出典:http://www.mtvjapan.com

テイラー・スウィフトがいろんなコスプレをしていたのが面白い!
ダンサブルな曲にぴったりのMVでした。

テイラーの最新アルバム『1989』より4thシングル「バッド・ブラッド」のミュージック・ビデオが、ラスベガスで開催された『Billboard Music Awards』の授賞式のオープニングで公開となった。

ビデオの内容は、テイラーの豪華な友人が多数参加しており、近未来的で、スタイリッシュ、まるでアクション映画のようなミュージックビデオとなっている。

出典:http://www.rcd.co.jp

2ndアルバム「Fearless」はカワイイ曲が目白押し!

テイラー・スウィフトが大ヒットするきっかけになった 「You Belong With Me」。2ndアルバムに収録されています。ポップなメロディーがカワイイ曲です。
また、MVのテイラー・スウィフトもカワイイと、話題でした。

よく見ると、映像の中でテイラー・スウィフトは<目立たない地味な眼鏡で金髪の女の子>と<チアリーダーでモテる黒髪の強気な女の子>を演じていますよね!?この一人二役がたいへん話題になりました。どちらもとってもキュートですよね!

出典:http://ticketcamp.net

2ndアルバム「Fearless」からの大ヒットシングル「Love Story」は、両想いの彼と家族との間で揺れる彼女の切ない恋心を歌ったものである。この曲は映画「ロミオとジュリエット」からインスピレーションを得たという。

出典:https://ja.wikipedia.org

やっぱりテイラースウィフトのアルバムがほしい!!

テイラー・スウィフトのお気に入りは見つかりましたか?
アルバムによって、ずいぶん印象の違うテイラー・スウィフトの楽曲。
気分によって聴き分けるのもいいかもしれませんね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ