記事ID17945のサムネイル画像

どういう事!?GACKTの結婚・離婚・子供騒動の情報を大公開!

有名な男性歌手アーティスGACKTさん。中性的な美貌で大人気のGACKTさんですが、実は結婚してたと話題になっています!しかもその結婚相手とは離婚しており、結婚相手とは別の女性との間に子供がいた!?そんなGACKTさんの結婚・離婚・子供に問題を調査してみました!

あの有名アーティストGACKTが結婚していた!

男性歌手アーティストであり俳優としても活動しているGACKTさん。
そんなGACKTさんが結婚していたと話題になって驚きました!
しかも結婚相手と離婚してて、子供もいるとの事
GACKTさんは本当に結婚していたのでしょうか?

詳しく調べてみましょう!


結婚・離婚・隠し子騒動!?GACKTさんってどんな人?

まずはGACKTさんをあまり知らない人の為に
GACKTさんのプロフィールからご紹介します!

結婚・離婚・子供騒動!GACKT画像

美形すぎる!GACKTさん画像です。

誕生日:7月4日
星座:かに座
出身地:沖縄
性別:男
血液型:A型
身長:180cm
デビュー年:1999年
デビュー作品:Mizerable (アルバム)
趣味:乗馬 ドライブ
特技:語学(日・英・中・韓) テコンドー

出典:http://talent.yahoo.co.jp

趣味が乗馬で、4か国語を話せるGACKTさん。
漫画の王子様の様な人ですね!

結婚・離婚・子供騒動!GACKT画像

着物姿のGACKTさん!
こんな人がお祭りにいたら・・・と妄想してしまいそうです!

1995年10月 - 1999年1月 - MALICE MIZERの2代目ボーカルとして活動。
1999年1月 - MALICE MIZERを脱退。

出典:http://ja.wikipedia.org

GACKTとしてソロデビューする前に、
MALICE MIZERと言う有名ビジュアル系バンドのヴォーカルをしていたGACKTさん!

結婚・離婚・子供騒動!GACKT画像

MALICE MIZER時代のGACKTさん画像!

MALICE MIZER当時から絶大な人気だったGACKTさん!
本当に美しいですね♪
MALICE MIZER脱退後ソロとして活動し、数多くの楽曲発表や
メディア出演により、有名になったGACKTさん!

そんなGACKTさんの性格は?

【GACKTさんの性格】
一言でいえばストイックで男らしいです。同性のファンはストイックな考え方と生き様に憧れている人多いです。ちょっと思考がぶっ飛んでるとこもありますが^^;
作詞作曲されてるし、楽器一通り弾きこなせる(ピアノ、ヴァイオリン、ドラム等)ので元々頭の回転は早いと思います。LIVE映像なんかを見るとよくわかりますが天才気質でありながら努力の天才です。
音楽に関係ない事でもはまったらとことん突き詰めたいのか、外国語の勉強や体を鍛える事に熱心です。
英語、中国語、韓国語が話せてフランス語も忘れてきてるようですが片言話せます。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

見た目の華やかさに反し、とても努力家ながGACKTさん。
そんなGACKTさんの生き方に共感し、女性だけではなく男性からも支持されているようです!

気になるGACKTの結婚相手って誰?

結婚・離婚・子供騒動!イメージ画像

異性からも同性からもファンの多いGACKTさん!
そんなGACKTさんの結婚相手ってどんな人なんでしょうか?

そんなGACKTですが、実は20歳頃に一度結婚していたそうです。
バツイチだったんですね。

以前、「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演した際に
元奥様との苦い思い出話をしていました。

出典:http://pironews.com

なんとGACKTさんの結婚話は本人が出所だったようです!

実は20歳くらいの時、韓国女性と結婚歴がありました。

出典:http://axtuki.blog.fc2.com

元妻との出会いは、京都にいた頃。当時はホストなど夜の仕事をして生計を立ており、カジノのディーラーを務めて、トップディーラーまで上り詰めたこともあったという。元妻は、その頃同じ職場で働いていたディーラーだった。

出典:http://entante.seesaa.net

そして、GACKTさんと結婚相手には
こんな出来事があったそうです。

「昔はお金に執着がなかった」そうですが、
元妻と出会って金銭感覚を変えたというGACKTさん、

彼女の誕生日に彼女の好きな焼肉屋に連れて行った時の事。

自分ではご馳走できるだろう値段の焼肉屋にいったつもりが
メニューをみてびっくりしたんだそう。

これでは払えないと思ったガクトさん、
おなかが空いていないからと食べなかったそう。

このままでは皿洗いをして帰るようになると思ったそうです。

しかし彼女にお金が足りないことを気ずかれてしまったんだそう。

涙を流しながら焼き肉を食べる彼女を見て、
「好きな人をお金のことで苦しめちゃダメだ。
男として一番やっちゃいけないことだ」
と思ってしまったんだそう。

これ以来、「こんなもんでいいや」と妥協することはなくなったそうです。

どんな事に妥協せず、完璧主義なGACKTさんの原点は、
この出来事があったからなのかもしれません。

出典:http://axtuki.blog.fc2.com

プロフィールで紹介したように
大変努力家なGACKTさん、そんなGACKTさんの
今を作り上げたのは、この結婚相手の女性と言っても良いのではないでしょうか?

何故GACKTと結婚相手は離婚することになったの?

自分の人生を変えてくれるような女性と結婚したGACKTさん。
しかしGACKTさんは結婚相手の女性と離婚してしまいました。
いったい何故なんでしょうか?

結婚・離婚・子供騒動!イメージ画像

こちらの画像はイメージ画像です!

結婚生活は短期間で終わってしまったが、GACKTの著書によると、離婚の原因はファンの嫌がらせだったとされている。

出典:http://entante.seesaa.net

結婚・離婚・子供騒動!イメージt画像

こちらの画像はイメージ画像です!

何かと目立つ立場にいたGACKTさん、当然結婚相手の女性に対して
ファンの女性は黙っていなかったのでしょう。
それがなければ、今頃二人とも幸せな家庭をもっていたのでは?
と少し切なくなってしまいますね。

なんと!GACKTには隠し子がいた!?

結婚・離婚・子供騒動!イメージ画像

こちらの画像はイメージ画像です!

元結婚相手の話でしんみりしていたのですが、GACKTさんにはもう一つ
話題になっている問題があります!

そう!隠し子騒動です!
しかも、子供の母親は先ほど紹介した元結婚相手とは別の女性です!

ガクトさんに隠し子疑惑がありました。

『子供は認知しない』『日本から出ていく』ということを条件に、
生活の面倒を見るということで落ち着いたらしいです。

出典:http://axtuki.blog.fc2.com

子供を認知しないと噂されているGACKTさん。
本当なんでしょうか?

TBS系深夜番組『ワンダフル』に出演していた、通称『ワンギャル』の一人だったそうです。

文春の表現では、Eさんと呼ばれるこの女性は、静岡県出身の34歳。
抜群のスタイルの美人で、当時は写真集も出していたのだとか。

出典:http://entameuwasa24.blog.fc2.com

結婚・離婚・子供騒動!福世恵梨奈画像

当時、「彼女だ」と言って、常連の雀荘にも連れていったそうですが、世田谷のマンションで同居するようになり、彼女に子供ができたそうです。

GACKTに妊娠を打ち明けたのは、臨月近くだったそうですが、二人は相当揉めたあげく、「認知しない」「国外に出ていくという2点の、代わりに生活の面倒を見る事になったのだとか。

Eさんは、最初オーストラリアに移住。お母さんと、障害を持つ弟さんが一緒だったそうです。

2005年にRちゃんという女の子を出産したものの、周囲にワンギャルのEさんだと噂になり、焦ったGACKTさんは、カナダに移住させました。

カナダを選んだ理由は、自分の知人が多くて、ビザの取得も容易な国だったからだそうです。

Eさんが現在住んでいるのは、バンクーバーの超高級コンドミニアムです。

言葉の壁もあり、日本に帰りたがっていたそうですが、GACKTさんが許さなかったため、英語の勉強もして、幼稚園教員の資格も取ったそうです。

GACKTさんは「海外レコーディング」の名目で、母子に会いにくると言いますから、さすがに自分の子供は可愛いのでしょうか。

出典:http://entameuwasa24.blog.fc2.com

こちらはGACKTさんから公式に発表されている話ではないので
事実なのかは不明ですが、かなり細かいところまで情報が出ているので
事実なのかもしれませんね!

GACKTと結婚についてまとめ

結婚・離婚・子供騒動!GACKT画像

今回はGACKTさんの結婚・離婚・子供騒動などをまとめてみました!
子供の話は、今のところ事実なのかは不明でしたが
結婚して離婚していたことは事実のようです。

現在も独身のGACKTさん、今年で41歳なので
そろそろ結婚して幸せな家庭を築いてほしいですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ