記事ID17175のサムネイル画像

【閲覧注意】あの奈美悦子が病気だった!?画像有り【掌蹠膿疱症】

長年女優として活躍してきた奈美悦子さん、実は奈美悦子さんはとても重い病気にかかっていました。今では病気は完治し元気になった奈美悦子さんですが、闘病中はかなり大変だったようです。気になる奈美悦子さんのかかってしまった病気をまとめてみました。

まずは奈美悦子さんのプロフィールから

奈美悦子画像

奈美悦子さんの宣材写真です。

奈美悦子画像

若いころの奈美悦子さん。
とても綺麗ですね。

誕生日1950年12月27日
星座やぎ座
出身地奈良
性別女
血液型O型
身長168cm
デビュー年1967年
デビューのきっかけ西野バレエ団
デビュー作品文吾捕物絵図 (NHKテレビ)
趣味陶芸 アウトドア 絵画
特技バレエ タップダンス
家族夫 長男
ペット犬(ゴールデンレトリバー・トイプードル)

出典:http://talent.yahoo.co.jp

奈良県大和高田生まれ。金井克子、原田糸子、由美かおるに次ぐ西野バレエ団の4番目のスターとして、全国1500人の中から選ばれ、特別個人レッスンを数年間受け、16歳でデビュー。八尾市立曙川中学校を経て、大阪女子短期大学付属高等学校在学中の1967年2月、「発車、オーライ!」でドラマデビュー。同年7月「大阪ブルース」で歌手としてもデビューする。同年8月から「レ・ガールズ」が「文五捕物絵図」と並行して始まる。

出典:http://talent.yahoo.co.jp

~テレビ出演作品~
おトメさん
中高年のためのらくらくデジタル塾
全開ガール
ゆうどきネットワーク
ぴーかんテレビ

出典:http://talent.yahoo.co.jp

~著書~
雑穀きれいレシピ
雑穀美~奈美悦子のキレイと健康の秘密~
死んでたまるか!

出典:http://talent.yahoo.co.jp

昔から現在も変わらず美人な奈美悦子さん、テレビでもいつも明るい奈美悦子さんに
いったいどんな病気が?

何の病気?奈美悦子さんの病気「掌蹠膿疱症性骨関節炎」って何?

壮絶だった?
あの美人女優・奈美悦子さんを苦しめた病気っていったい何だったのでしょうか?

イメージ画像

気になる病気の名前は?

奈美悦子さんがかかった病気「「掌蹠膿疱症性骨関節炎(しょうせいのうほうしょうせいこつかんせつえん)」」

「掌蹠膿疱症性骨関節炎」という病気は、手のひら(掌)と足の裏(蹠)に、ニキビのような膿を持った膿疱が現れ、見るのもおぞましいほど、手と足全体に広がるのが特徴だ。

出典:http://homepage2.nifty.com

膿疱は数日で乾燥し、黄褐色となりぽろぽろと皮がめくれてきます。 爪にも膿疱が出来ることもあり、爪が分厚く変形したり、褐色に変色することもあります。

出典:http://www.iwahashi-clinic.com

どうやらこの病気は、見た目からもわかる病気のようですね。
女優という立場上とてもつらかったはずです。

掌蹠膿疱症は周りの人にうつることはありません。膿疱はウイルスや細菌によって起こるものではなく無菌性であるからです。また、家族で体質が似て発症することはありますが、遺伝することはないといわれています。

掌蹠膿疱症の患者の中には、「掌蹠膿疱症性関節炎」といって、鎖骨・肋骨などの骨化を合併して、胸・肩・首の痛みを伴う方もいます。 掌蹠膿疱症の患者の血中ビオチン濃度を測定すると、正常の人に比べて著しく低下している事がわかっています。

出典:http://www.iwahashi-clinic.com

さらに合併症状がでる病気のようですね。

別名SAPOH症候群と言われています。

SAHOとは滑膜炎(Synovitis)、座瘡(Acne)、膿疱症(Pustulosis)、骨化症(Hyperostosis)、骨炎(Osteitis)の頭文字をとったものです。

出典:http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp

実際どんな症状なのか画像を見つけてきました、ショッキングな画像なので注意してください。









掌蹠膿疱症画像

掌蹠膿疱症の症状

掌蹠膿疱症画像

掌蹠膿疱症の足の裏。

心臓の弱方は注意してください!

見てるだけでとても痛そうですよね。
自分がこの病気になったらと思うととてもつらいです。

奈美悦子さんの病気による想像を絶する体と心の痛み

イメージ画像

これはイメージです。

この病気がきっかけで、奈美悦子さんは心身共につらい日々を送ったそうです。

ある日突然、謎の発疹と鎮痛剤を飲んでも消えない激痛を発症。
数々の病院をたらいまわしにされ、「原因も治療方法もわからない」と言われ続けました。

出典:http://www.kouenirai.com

奈美悦さんの病気は珍しいだけに、最初は病院を探すこと自体大変だったようです。

「何だろう…何の病気だろう、私はこのまま死ぬの…」激痛が毎日襲ってくる。

出典:http://www.amazon.co.jp

こちら奈美悦子さん本人の言葉です。

奈美によれば、昨年1月に手のひらと足の裏に発疹ができ、2月には鎖骨や胸、首に激痛、3月には痛みで震えるようになったという。痛みについて奈美は「ナイフを刺してグルグル回すよう。拷問だった」と話した。

出典:http://www.zakzak.co.jp

想像を絶する激痛に耐えた奈美悦子さん。
尊敬します!

あらゆる医師から「一生治らない病気」と言われ、「このまま死んじゃうんじゃないか」と思った。

出典:http://www.zakzak.co.jp

「私を殺して!」
あまりの激痛に自殺まで望む

出典:http://homepage2.nifty.com

あの明るい奈美悦子さんがこんな事言うとは・・・

この病気の激痛は、この病にかかった人でなければわからないと言われるほど、その痛みは極限に達する。しかも、1年365日、24時間激痛に襲われる。少しの寝返りでも激痛が襲うため睡眠障害にも悩まされ、多くの患者が精神的にも肉体的にも極限状態に追い詰められるのだ。
実際、この病気に悩む大半の人が自殺か安楽死を考えたことがあり、不幸にも自らの命を絶ってしまった人も珍しくない。

出典:http://homepage2.nifty.com

365日、24時間続く激痛に耐えた奈美悦子さん。
普通なら耐えられないですよね?
この極限状態をみなさんなら何時間?いや何日耐えられえますか?

奈美悦子さんは病気「掌蹠膿疱症性骨関節炎」をどうやって完治させたの?

病気による、想像を絶する痛みと戦う中、奈美悦子は一人の医師と出会う事で完治は困難と言われたこの病気を完治させました。

イメージ画像

画像はイメージです。

絶望との闘いの中で、一人の医師と出逢った。「この病気治りますよ!」

出典:http://homepage2.nifty.com

これまで、医師が虎の巻としてきた医療辞典には、掌蹠膿疱症性骨関節炎の原因は扁桃腺炎、または金歯などの金属アレルギーが原因とされ、治療は対処療法のステロイド剤の塗り薬が一般的で、 “根治”は困難とされてきた。
ところが、この掌蹠膿疱症性骨関節炎に対して、全国でただ一人だけ免疫学的な側面から研究を重ねて、代謝異常によって発病するメカニズムを発見した医師が秋田県の本荘市にいたのだ。
現在、本荘第一病院の免疫内科に勤務する前橋賢医師がその人で、奈美さんの主治医でもある。

出典:http://homepage2.nifty.com

この前橋賢医師と出会う事で奈美悦子さんの病気が完治するのです!

気になるのは、奈美悦子さんはどうやってこの病気を完治させたの?というところですね。

5つの禁止事項
・禁煙
・激しい運動の禁止
・生卵白(白身)を食べない
・15分以上の歩行禁止
・処方された薬以外を服用するときは、その都度、相談する

出典:http://www.imberacorp.com

まずは、この5つの項目を守ること。

これは、掌蹠膿疱症の治療とほとんど同じです。
ただ、奈美悦子さんの場合は、
掌蹠膿疱症性骨関節炎の症状がきつかったため
激しい運動や15分以上の歩行も禁止されたと思われます。

掌蹠膿疱症だけでは、運動等に何も制限はありません。

出典:http://www.imberacorp.com

15分以上の歩行禁止ってすごいですね!

2004年に奈美悦子さんに発症した
掌蹠膿疱症は2007年には寛解状態になったそうです。

前回の記事でも掌蹠膿疱症の完治期間について触れましたが、
適切な診断
適切な治療を受けることにより
約3年で掌蹠膿疱症を完治されました。

出典:http://www.imberacorp.com

しっかり治療すれば完治するんですね!

また奈美悦子さんはこの病気がきっかけで、体質改善や食事にとても気を遣うように
なったそうです。

イメージ画像

この画像はイメージです。

この興味が湧いた理由は、奈美悦子さんが「現在は、腸内環境を整えることでこの病気が治癒している」とお話しをしていたためです。

掌蹠膿疱症にもアトピー性皮膚炎と同様に腸内環境が病気の治療に重要な治療方法として重要なんだなと直感的に感じました。

出典:http://ameblo.jp

奈美悦子さんは食事を改善し、腸内環境を良くすることで、この病気を治していったんですね!

奈美悦子さんの病気に関するまとめ

今は病気を完治させ元気な奈美悦子さん、その闘病生活がこんなにも大変だとは知りませんでした。
同じ病気で苦しんでいる人もいるかもしれませんが、どうか頑張って完治してほしいですね。

奈美悦子著書「死んでたまるか!」

こちらは奈美悦子さんが闘病生活について綴った本です。
気になる方は是非見てみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ