記事ID17166のサムネイル画像

不動の人気声優・石田彰さんが出演しているBL物って何があるの??

未だ人気のある声優・石田彰さん!現在も人気アニメなどで活躍する石田彰さんですが、昨今一切のBL作品に出演しなくなりました。なぜBL作品に出演しなくなったのか?もうBL作品には出演しないのでしょうか?今回は石田彰さんと出演していたBL作品についてまとめました。

石田彰のプロフィール

石田彰

生年月日:1967年11月2日
出身地:愛知県
血液型:O型
職業:声優、俳優

子供の頃に『機動戦士ガンダム』を見て声優に憧れる。
中学生になってから「マネごとでもいいから芝居をしてみよう」と演劇部に入部し、以降演劇にたずさわる。
日本大学藝術学部演劇学科在学中に江崎プロダクション付属養成所(現マウスプロモーション付属俳優養成所)に入所する。
養成所時代から声優業を始めており、デビューの1年ほど前に参加したOVA『世界名作童話全集』の「おやゆび姫」の王子様役が初仕事だと述べている

1991年にマウスプロモーションに正式所属、以降声優として活動。2009年4月に同事務所を離れ、フリーとなった。2012年よりピアレスガーベラ所属。

2007年、第1回声優アワードサブキャラクター賞男優部門受賞(『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』アスラン・ザラ役)。

出典:http://ja.wikipedia.org

石田彰さん演じる
ガンダムSEEDDESTINY『アスラン・ザラ』

石田彰さんはキャラクター作りに定評があり、「石田ボイス」と呼ばれる独特な声質で少年から青年まで表現する。ミステリアスな役やクセの強い役を演じることが多い。
1995年に『美少女戦士セーラームーンSuperS』のフィッシュ・アイ役で少女のような声を出す男性声優として一躍話題となる。1996年から演じ続けている『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲル役が有名である。

出典:http://ja.wikipedia.org

新世紀エヴァンゲリオン『渚カオル』

2002年以降、キャラクターソングを歌わない姿勢を貫いている。
「最遊記シリーズ」のボーカルアルバム発売において「僕は歌わない」と宣言した。石田は「この業界の風潮ですけど、なんでもかんでも歌えばいいってもんじゃない」と語る。
歌の仕事が嫌いというわけではなく「歌えない」のだという。人が聴くに耐えれるレベルかどうかという問題であり、自分も恥ずかしくて聴いていられないため「それはやっぱりダメだろう」との判断からである。
以降は避けられるものは避けていくとしている。キャラクターものの企画CDなどへの出演時は、モノローグや朗読での参加という形式を取っている。事務所を辞めるか歌うかの選択を迫られて歌ったこともあるが、石田の歌を聴きたいというファンに対しては「聴くな」「僕のファンだという意識があるなら、あえて聞いてくれるな」と述べている。

出典:https://ja.wikipedia.org

石田彰さんが歌わない声優として活動しているのは、有名ですよね。

また、石田彰さんは人付き合いを極力避ける傾向にあることを自他ともに認めており、共演者ともあまり会話をしない。

共演者の方が石田彰さんを食事に誘っても
一緒にはあまり行かないことは声優業界でも有名です。

デビュー後しばらくののち《まだ何色にも染まっていない16歳》というキャッチフレーズを自ら考案した。
これは当時の所属事務所のHP開設の折に、自分でコピーを付けるように言われて考えたものだという。このセンスについて「僕は昭和の人間なので、キャッチフレーズといえば昭和のアイドルしか思い浮かばなかった」と語っている。

出典:http://ja.wikipedia.org

また、石田彰さんは業界外にもファンが多く、女優の栗山千明は『ダ・ヴィンチ』誌のインタビューで「石田彰さんのファンなんです(笑)」と語っている。

『海賊戦隊ゴーカイジャー』イエロー役の市道真央は映画の舞台挨拶で「石田彰さんが出演されると聞いて嬉しくって、アフレコを見に行きました」と発言。
『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のメレ役を務めた平田裕香は、石田本人の前では緊張のあまり挙動不審に陥るとのことで「大ファンなもので、もうガチガチに…。しゃべれない、顔をまともに見られない、目を合わせられないという三重苦です(笑)」と『BOMB』誌のインタビューで答えている。

出典:http://ja.wikipedia.org

一般の人はあまり知らないかもしれませんが、石田彰さんのファンは
主に、20代30代の女性を中心にかなり多いですよね。

また、石田彰さんに影響され声優を目指したと公言している人物に、逢坂良太、松岡禎丞、井口裕香らがいる。

そのほかにも新人さんの中にも石田彰さんに影響された人は多いようです。

庵野秀明監督作品に縁があり、エヴァンゲリオンシリーズ全作のほか『ラブ&ポップ』、『彼氏彼女の事情』に出演している石田彰さん。なお『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズでは、第一作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の段階から渚カヲルの役割や世界観についてのレクチャーを庵野から受けた状態で役作りに臨んでおり、エヴァのキャスト中最も核心やネタバレを知っている。


学生時代は演劇部のほか美術部に所属していた。過去に雑誌のエッセイやイベントなどで絵を披露している。
『NARUTO -ナルト-』では我愛羅を演じているが、オーディションはカカシ役を受けていた。

出典:http://ja.wikipedia.org

石田彰さん演じる
NARUTOのキャラクター『我愛羅』

一時話題になった石田彰さんの七色の声って?

石田彰さんが一人七役やっている動画がかなり話題になったようです。
なんと一家族の人物を全て石田彰さんが演じているらしいです。

石田彰1人7役

・本当に何者ですかこのお方は( ;∀;)ww
・え、ウソでしょ!?驚き過ぎてアゴはずれるぅっ!!!
・マジか(;゚Д゚)!石田さんすげー!
・7色の声だわw才能もすごいが努力もしてると思うわ、脱帽
・女の人もやってるの?!ところどころ、石田さんだったけど  すごすぎ・・
・銀魂で桂がおじいちゃんになった時も、おじいちゃんの時の演技が板について凄かったの思い出した。この人やっぱりすげえや…女声も違和感が無いなんて本当に凄い…

出典:https://www.youtube.com

とファンの方もこの石田彰さんの動画には心底びっくりしているようです。
確かに、実際にきいてみると女の人も声も全て石田彰さんが演じており、ほんとに
びっくりしました!!!

声優としてアニメやBL物も難なくこなす石田彰さん!!

石田彰さんは別名『BL界の女王』といわれているようです。

男の喘ぎ声なのに癒し系

可愛くて、艶っぽくて、優しい喘ぎ声です。

石田彰さんが無理矢理喘がされ複数人に輪姦され沢山ちん●をハメられ玩具にされるor自分から「お願い・・・」などと男性の恋人を誘い恥ずかしい言葉恥ずかしい格好を強要されイきまくるBLCDがあるというこの世の奇跡・・・・・・。

無理矢理犯したくなる、とても上品(喘ぐと淫乱)なお声です。

出典:http://matome.naver.jp

一度聞いてみたくなるBLCDみたいですね。

ファンからも絶賛されているみたいです。

・BL界の帝王といえば森川智之さんですが、BL界の女王といえば石田彰さん
・僕の中で受けの帝王はいつまでも石田彰
・好きな攻め声は小杉十郎太と帝王だけど、受けは石田彰の時代から私は進歩しない
・石田彰の喘ぎ声は艶っぽくて好きです

出典:http://matome.naver.jp

【BL界の黄金(ゴールデン)コンビ】小杉十郎太×石田彰

BL界の黄金(ゴールデン)コンビといわれているお二人。

・小杉さん×石田さんのドラマCDは一生忘れられません(*´Д`)ハァハァ
・小杉&石田に勝てるコンビはないぞ!
・(  ′ω'  )小杉×石田のアレめっちゃ好きだったのになー 石田もうBLやらんからなー
・声優、石田彰さんが誕生日なので。石田さんのBLCDを聞き始めたのは高校に入ってから。はじめては「お金がない!」だった。小杉さんと石田さんのゴールデンコンビ!!森川さんとのBLよりも、小杉さんとこBLCDが好き。小杉さんが石田さんを愛してるから。

出典:http://matome.naver.jp

ファン一押しみたいです!!

ツーリング・エクスプレス

石田彰さんが出演しているBL物とは?

石田彰さんのBL作品を一挙公開!!

ロマンティスト・テイスト

売られた喧嘩は3倍で返す綺麗な猫みたいな17歳の晶は、一人で生きてきた。ある日、バイト先のバーで会った無愛想なオッサン、孝平の偉そうな態度にキレそうになる。だがアパートの取り壊し、マスターの夜逃げで切羽詰まった晶は、心ならずも孝平を頼ることに。こうして、意地っぱりな彼らの初恋(?)の幕が上がるのだが―。

お金がないっ

従弟の借金のカタとして競売に掛けられた美貌の少年・綾瀬雪弥は、金融会社を経営する狩納北に買われた。二億もの巨大な借金はひとり身の綾瀬に返す術がなく、身体で返済することになる。何もかも奪われるような激しい陵辱に困惑と絶望を覚える綾瀬だったが、時折みせる狩納の優しさに安らぎを感じ始める。しかし、行方不明だった従弟からの電話がさらなる騒動に―!?大人気シリーズ第1弾。

お金がないっ!シリーズは今なおファンがいて
人気作品みたいです。
ドラマBLCD盤は石田彰さんです。

またCDも!!

【BLCD】伊藤健太郎攻めボイス「しようか?」石田彰受け「うん」

【BLCD】石田彰攻めボイス「抱いて…」伊藤健太郎受け「初めてなんだ…」

BLCD HARD VOICE 28(遊佐浩二攻め、石田彰受けレイプ)

まだまだ石田彰さんが出演しているBL作品はたくさんあるんですが
とりあえずこのくらいにしておきます!!

気になる方は石田彰さんのBL作品を見ていましょ!!

最近見ない石田彰さんのBLCDなど・・・

最近は一切BL作品に出演しなくなった石田彰さん。
ファンの中にはまた石田彰さんにBL作品に出演してほしいと思っている人も思っているようです。

やはり、昔多くBL作品に出ていたので昨今は出なくていいと思っているのでしょうか?
しかし、BL作品に出ていないにもかかわらず未だに『BL界の女王』といわれてますね。
BL作品に出演しなくなったにもかかわらず、未だに言われているということは
それほど石田彰さんの仕事ぶりはすごいのでしょうね!!!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ