記事ID16413のサムネイル画像

今聞いても面白い!?タモリのオールナイトニッポンが凄すぎる件!

いいとも司会を引退し、現在も様々な番組で活躍するタモリさん。そんな、タモリさんが昔やっていたオールナイトニッポンが面白すぎると話題になっています!最近では、一夜限定でオールナイトニッポンで復活を遂げたタモリさん。今回はタモリさんのラジオを紹介します!

オールナイトニッポンが面白すぎる!?タモリさんのプロフィールとは?

タモリ(1945年8月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティー、作詞家、作曲家、作家、実業家。本名:森田 一義(もりた かずよし)。

出典:https://ja.wikipedia.org

福岡県福岡市出身。田辺エージェンシー所属。妻は2歳年上の一般人で自身の個人事務所の社長を務める。妻との間に子供はいない。

出典:https://ja.wikipedia.org

タモリさんは子供はいないんですね!私生活は謎に包まれているので意外でした!

タモリさんのデビューとは?

1976年4月、東京12チャンネル(現:テレビ東京系列)の深夜番組『空飛ぶモンティ・パイソン』で正式に芸能界デビューを果たす。その後、バラエティ番組『金曜10時!うわさのチャンネル!!』(日本テレビ系列)にもレギュラー出演が決まるが、この時期は「タモリ専用のコーナー」で密室芸をするという形が取られていた。30歳で芸能界デビューを果たしたため、ビートたけし、笑福亭鶴瓶、明石家さんまなどは年齢が下だが先輩になる。

出典:https://ja.wikipedia.org

当時の芸は、イグアナのような体芸、反知性を打ち出した中洲産業大学教授、デタラメ言語ハナモゲラなど、他の芸人とは一線を画しており、テレビ的にはキワモノ芸人的存在と考えられていた。このことに対して本人は、キワモノとしての当時を「江頭2:50が出てきた様なもの」と評している。深夜ラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)でラジオパーソナリティーとして、徐々にマニアックな層からの支持を集めていく。

出典:https://ja.wikipedia.org

デビュー後すでにオールナイトニッポンのパーソナリティを担当していたんですね!
続いては当時のタモリさんのオールナイトニッポンについてまとめてみました!
今とは全く違うタモリさんの一面をオールナイトニッポンで聞くことができました!

昔のタモリさんのオールナイトニッポンの内容とは?

『タモリのオールナイトニッポン』は、ニッポン放送をキーステーションに、1976年10月6日から1983年9月28日まで毎週水曜日の25:00 - 27:00(JST)に生放送されていた、ラジオバラエティ番組である。メインパーソナリティーはタモリであり、自身の冠番組である。

出典:https://ja.wikipedia.org

タモリさんは、7年間の間オールナイトニッポンのパーソナリティを務めていたんですね!
当時は大人気のラジオ番組でたくさんのファンをオールナイトニッポンから生み出しま
した!

タモリさんがオールナイトニッポンに起用された経緯!

1975年のある日、『高信太郎のオールナイトニッポン』のディレクターを担当していた岡崎正通は、メインパーソナリティの高からある男について話を聞く。「福岡から来た早稲田出身の変な男が夜な夜な新宿のバーでデタラメな外国語を話している」

出典:https://ja.wikipedia.org

それを聞いた岡崎は、その変な男は以前早稲田大学のモダンジャズ研究会にいた森田一義ではないかと直感する。かつて自身も所属した同研究会で異彩を放った同い年の後輩を岡崎は記憶していた。高に名前を確認すると、やはりタモリであった。そこで岡崎は、高からタモリの連絡先を聞き、当時赤塚不二夫宅にて居候をしていたタモリと久方ぶりの再会を果たすこととなる。

出典:https://ja.wikipedia.org

その年の夏に岡崎は有楽町にある、ニッポン放送にタモリを招き、オーディションを兼ねつつ遊びの感覚でタモリのトークをテープに録る。その内容は確かに面白いものであったがかなり過激であり、放送禁止の内容に溢れていた。

出典:https://ja.wikipedia.org

放送禁止の内容に溢れていたというのは、今のタモリさんから想像できませんね!
その時のラジオを聞いてみたいです!

その後、岡崎は『高信太郎のオールナイトニッポン』にてタモリの芸を披露する機会を設ける。すると、リスナーの反響は徐々に高まり、タモリの出演回数も増えていった。同番組は、1975年9月に最終回を迎える。その最終回のゲストは、アグネスチャンであったが、岡崎はその回にもタモリを出すことを思い付く。そして、当日の放送でタモリはアグネスのファンを名乗る中国人として電話出演、デタラメな中国語を披露する。これによってニッポン放送社内の、まだ無名だったタモリに対する注目が高まることとなった。

出典:http://ja.wikipedia.org

こうした状況のもと、1976年以降、『オールナイトニッポン』全般を取り仕切る立場にあった岡崎は、タモリの起用を決断する。当時のタモリは芸能活動を始めてまだ2年目の新人タレントではあったが、彼を起用することに対して、ニッポン放送社内では特に大きな反対はなかった。

出典:https://ja.wikipedia.org

二年目でオールナイトニッポンを担当するなんてすごいことですよね!今では考えられま
せん。当時のタモリさんはそれほど面白かったんですね!

続いては、タモリさんのオールナイトニッポンの人気コーナーを集めてみました!どれも
独創的でタモリさんの見識の広さが伺えます!それでは、タモリさんのオールナイトニッ
ポンのコーナーを見ていきましょう!

タモリさんのオールナイトニッポンの人気コーナーと動画を集めてみました!

NHKつぎはぎニュース

タモリさんのオールナイトニッポン名物コーナーをお楽しみください!

当番組で最も有名だった名物コーナーの1つ。NHKニュースの音源を適当に接ぎ合わせ編集して(「北京で始まった、大相撲九州場所で、牝馬の横綱・○○山が何者かに棒で殴られ・・・」「こんばんわ、暮れも押し迫った、こんばんわ・・・」という風に)、脈絡の無い無意味なデタラメのニュースを作っていたもの。リスナーからカセットテープで作品を募り、回を追うごとにハイレベルな作品が集まり盛り上がりを見せたが、音源使用がNHKには無断であったため、始まって約3か月経った頃にNHK側から「面白いんですけど、やめていただけませんか」とクレームが付いて終了してしまったという。

出典:https://ja.wikipedia.org

父親がNHK北海道の上役だった少年がリスナーの中におり、この少年が父親に面白い放送があるといってこのコーナーを聞かせたことがクレームのきっかけだった。タモリはニッポン放送のニュースを使ってコーナーを継続したいと考えたが、ディレクターの岡崎はNHKだからこそ面白いと考え、結局コーナーは打ち切りになった。打ち切り後の放送でタモリは「おい、北海道のNHKの息子、聴いてるか、バカヤロー!」と言った。

出典:https://ja.wikipedia.org

今では考えられないコーナーをタモリさんはオールナイトニッポンでやっていたんですね!

なぜだろうなぜかしらなぞなぞベストテン

主にダジャレのなぞなぞのコーナー。やはり、下ネタが多かった。

出典:https://ja.wikipedia.org

こちらは音源が見つかりませんでしたが、下ネタだらけのコーナーだったようです。
今のタモリさんからは想像もできませんね!

思想の無い歌

このコーナーではタモリさんの音楽に対する自論を聞くことができます!

このコーナーにてタモリは持論ともいうべき、ニューミュージック批判を展開する。自分にとり何ら切実でないにも関わらず、ただ格好をつけるために「愛」やら「青春」等といった意味ありげな言葉をコンサート会場でファンと唱和するようなニューミュージックをタモリは舌鋒鋭く批判。そうした無用な「意味」から解放された、文字通り思想の無い歌の味わいをこのコーナーにて紹介していた。特に「白鷺三味線」をタモリは絶賛していた。[

出典:https://ja.wikipedia.org

続いては、2008年に復活したタモリさんのオールナイトニッポンについてまとめてみました
!ぜひご覧ください!

復活!最近放送されたタモリさんのオールナイトニッポンの内容とは?

オールナイトニッポン終了後三回復活しています!

1991年10月16日 - 『オールナイトニッポン25周年記念』で特別番組として8年ぶりに復活(この日はスペシャルゲストに井上陽水、藤子不二雄Aの2組が登場した)。ディレクターは、オンエア当時の土屋夏彦が担当した。

出典:https://ja.wikipedia.org

タモリさんのオールナイトニッポン40周年記念の復活です!豪華ゲストとの絡みが面白いです!

2008年2月24日 - 『オールナイトニッポン40周年記念』で特別番組として17年ぶりに復活。『俺たちのオールナイトニッポン40時間スペシャル』内で特別番組として再び復活を果たした(この日はスペシャルゲストに木梨憲武(とんねるず)、永作博美、井上陽水の3組が登場した)。

出典:https://ja.wikipedia.org

オールナイトニッポン時代のことをタモリさんがせきららに語っています!

2014年6月13日 - 『タモリのオールナイトニッポンGOLD』として6年ぶりに復活(この日はスペシャルゲストにキャスターの辛坊治郎が登場した)

出典:https://ja.wikipedia.org

タモリさんのオールナイトニッポン終了後、計三回復活しています!

これからもタモリさんにはラジオをやってほしいです!

いいとも終了後は数々の番組に出演しているタモリさん。またオールナイトニッポンを
やってほしいですね!テレビでは言えないトークをオールナイトニッポンでは楽しめる
のでタモリさんのこれからに注目です!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ