記事ID14765のサムネイル画像

原田知世、離婚の真相!元清純派アイドルは何故離婚しちゃったの!?

かつて国民的人気アイドル少女として人気を博し、今なお活躍し続けている原田知世さん。
そんな原田知世さん、なんと夫のエドツワキさんと離婚してしまったそうです!
原田知世さんが離婚だなんて、イメージからかけ離れすぎてるように思えますが・・・。
原田知世さん離婚の原因とは、一体なんなのでしょうか!?

原田知世プロフィール 離婚の理由は!?

離婚についての情報の前に・・・。
原田知世さんについて、皆さんご存知でしょうか?

こちらが、原田知世さんです。

離婚が話題の原田知世さんのプロフィールは
こちら

生年月日 1967年11月28日(47歳)
出生地 日本 長崎県長崎市

出典:http://ja.wikipedia.org

離婚が話題の原田知世さん、
実は九州女子です!

若いころの原田知世さん。
この頃は、離婚なんて考えてなかったのでしょうね。

国籍 日本
血液型 A型

出典:http://ja.wikipedia.org

離婚が話題の原田知世さん、
血液型はA型!

真面目な性格なのかな?

年をとっても素敵な原田知世さん。
何故離婚されたのでしょうか?

1982年『角川・東映大型女優一般募集』オーディションで特別賞を受賞し芸能界入りする。

出典:http://ja.wikipedia.org

1983年、主演した『時をかける少女』(大林宣彦監督)でスクリーンデビュー。

出典:http://ja.wikipedia.org

離婚が話題の原田知世さん。
この作品がきっかけで、国民的アイドルになりました。

そんな原田知世さんが、離婚なんて・・・。

エドツワキのプロフィール 原田知世と離婚!

原田知世さんと離婚をしたエドツワキさんとは、
一体どのような人なのでしょうか。

こちらが、原田知世さんと離婚したエドツワキさん。

エドツワキさんはデザイナーとして様々な活動をされています。
原田知世さんとの離婚も、その多忙ゆえ?

1966年 広島県広島市に生まれる。
1988年 東京を拠点にイラストレーターとして活動を始める。

出典:http://ja.wikipedia.org

原田知世さんと離婚したエドツワキさん。
中国地方出身です!

原田知世さんが選んだだけあって、イケメンです。
何故離婚したのか気になりますね・・・。

小泉今日子『パンダのanan』マガジンハウス (1997年)
フランシス・フォード・コッポラ他『ゾエトロープ (pop) (biz)』(ウィリアム N.伊藤訳) Book plus (2001年)
小林聡美『マダムだもの』幻冬舎 (2002年)

出典:http://ja.wikipedia.org

原田知世さんと離婚したエドツワキさん。
こんなにまでたくさんの人と仕事をしています!

離婚の原因は、やはり多忙!?

原田知世、エドツワキとの離婚について

原田知世さんはどのようにして、エドツワキさんと離婚されたのでしょうか。

原田知世さん、こんなにも仲がよさそうなのに、何故離婚を!?

原田知世は2013年にイラストレーター のエドツワキ氏との離婚を発表しました。

出典:http://xn--y8j4dw87pxea827iyqx.jp

原田知世さんが結婚されたのは2005年。
わずか8年での離婚でした。

エドツワキ氏は東日本大震災の発生からボランティア精神で一生懸命になりすぎて稼ぐことは二の次になってしまっていたようです。

出典:http://xn--y8j4dw87pxea827iyqx.jp

原田知世さんの離婚については、このような問題が原因とされています。

・・・表向きは。

原田知世、離婚のアヤシイ原因!

原田知世さんの離婚については、怪しい噂がとびかっています。

一体、原田知世さんの離婚に、何が隠されているのでしょうか。

原田知世の男というのが、大して有名でもないミュージシャン
なんだそうです。

出典:http://blog.livedoor.jp

でも、その男は、スカトロ癖では有名だったそうです。

出典:http://blog.livedoor.jp

ですが、その彼が「泣いた」というほど、知世さんはスゴかったとか。

出典:http://blog.livedoor.jp

ま、まさかこれが離婚の原因!?

確かに、ウ○コを食ったり塗ったりする人とは、離婚して当然ですが・・・。

原田知世、離婚の真相は闇の中

以上、原田知世さんの離婚についての噂でした。

いやはや、なんといいますか・・・。
とんでもない噂が浮上してきました。

確かにこれなら原田知世さん、
離婚されても当然です。

でも、真相はわからずじまい・・・。
いや、わからない方がいいのか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ