記事ID146139のサムネイル画像

映画監督・崔洋一の現在(2020)は?反日の噂?

映画監督として有名な崔洋一。彼の映画を見たことがある方も多いかもしれません。そんな彼は現在どうしているのでしょうか。また、反日であるとの噂がありますので、その真相についても探ってみたいと思います。反日であるというのは本当なのでしょうか。

崔洋一のプロフィール

  • 本名(ふりがな):崔洋一(チェ・ヤンイル)
  • 生年月日:1949年7月6日
  • 現在年齢:71歳
  • 出身地:長野県
  • 活動内容:映画監督

日韓ハーフ

崔洋一さんは、父親が在日韓国人で、母親は日本人であり、日韓ハーフです。また、韓国名はチェ・ヤンイルです。

チーフ助監督を務める

崔洋一さんは、東京綜合写真専門学校を中退し、照明助手として映画界入りしました。その後に小道具を経て演出部に移り、大島渚監督の「愛のコリーダ」など、数々の作品でチーフ助監督を務めました。

『プロハンター』で監督デビュー

崔洋一さんは、1981年に、テレビ映画「プロハンター」において監督デビューしました。なお、この2年後に、内田裕也主演の『十階のモスキート』で映画監督としてデビューを果たしています。

宝塚大学の教授に

崔洋一さんは、2007年4月に宝塚大学(当時の宝塚造形芸術大学)の教授に就任し、同年から松山ケンイチ主演で「カムイ外伝」を撮影し始めました。この映画は2009年に公開されています。人気俳優を起用した話題作なので、大きな話題になりました。

崔洋一は結婚している?

この項では、崔洋一さんの家族について見ていきます。

崔洋一の嫁は誰?

崔洋一さんが結婚をしているかどうかは情報が乏しく不明であり、奥様が誰なのかも分からないようです。崔さんはプライベートはあまり公にしないタイプなのかもしれません。

子供の有無も不明

崔さんに関して、ネット上では、『娘』のワードも出てくるものの、子供がいるかどうかも分からないようです。崔さんの子供に関しては、関心のある人が多いのかもしれません。

崔洋一と古谷経衡が激論?

この項では、崔さんと古谷経衛さんの関わりについて確認します。

『日本の、これから』で共演

NHKの討論番組である『日本の、これから』で崔洋一さんと古谷経衡さんが共演しました。古谷さんは評論家であり、その主張が注目される存在です。

日韓の歴史認識の違いを討論

この際、日本と韓国の歴史認識の違いについて討論が行われました。そして、両者の見解の対立が明らかになりました。

歴史を語る資格なし

古谷さんが「当時の日本人は、韓国が憎くて併合したわけではない」と発言し、それに対し崔さんは「36年間の植民地支配が、帝国主義列強の時代だったことを理由に肯定されると考える人は、歴史を語る資格がない」と言いました。さらに、その後も反日と捉えられるような発言を繰り返していました。

『崔洋一に怒鳴られた男』

ニコニコ動画に、古谷さんが出演している「崔洋一に怒鳴られた男」という動画があります。「日本の、これから」での討論のことを指してタイトルがつけられた可能性もあります。やはり、件の激論は注目度が高かったようです。

上念司とも関わりがある?

この項では、上念司さんとの関わりについて見ていきます。上念さんが、崔さんが属していた委員会についての見解を述べたようです

上念司とは?

上念司さんは経済評論家であり、2018年からは岡山理科大学にて客員教授を務めています。2015年には、「放送法遵守を求める視聴者の会」の発足呼びかけ人に参加しています。

崔洋一は放送と人権等権利に関する委員会委員だった

崔洋一さんは、放送倫理・番組向上機構の「放送と人権等権利に関する委員会」委員を務めていた経験があります。放送と発信に対して、強いポリシーを持っていることがうかがえます。

『リベラルに甘い』と発言

上念司さんは、放送倫理・番組向上機構の中立性に対する疑義や批判に関して、「リベラルに甘く、それに対する反論には厳しいダブルスタンダードがある」と述べたことがあります。この組織に対して、外からの視点で大きな矛盾を感じていたようですね。

たけしとの関係は?

この項では、崔さんとビートたけしさんの関係を見ていきます。この両者は、映画作品を通じて、何度か関わりがあったようです。

『御法度』で共演

大島渚監督の、1999年の映画「御法度」で、この二人は共演しています。この映画は新撰組を題材にした映画です。崔さんは近藤勇を演じ、たけしさんは土方歳三を演じました。崔さんは普段から近藤勇になりきっていたようで、たけしさんは「面倒くさい」と語っていました。

たけしが映画『血と骨』に出演

さらに、2004年の崔洋一監督の映画「血と骨」に、たけしさんが主役として出演しています。この際、崔さんは「(この役の)聖の部分と俗の部分を表現できるのはたけしさんだけ」と語っています。俳優として、たけしさんを高く評価していたことが分かります。

たけしからの注文

たけしさんは、この映画の出演に際して「怒鳴ったり殴ったりするようならやめる」という注文を、崔さんに出していました。たけしさんは、監督や演出家に関して、「イビる伝統がある」と発言しています。このような風潮には以前から反発を感じていたようで、この注文につながったようです。

崔洋一の事務所はどうなっている?

この項では、崔さんの事務所について確認します。また、事務所の移転についても言及します。

有限会社C2崔洋一事務所

東京都渋谷区に、崔さんの事務所である「有限会社C2崔洋一事務所」という法人がありました。この事務所は、現在は移転しているようです。

世田谷区に移動

この「有限会社C2崔洋一事務所」は、2019年に渋谷区から世田谷区に移転しています。落語家の立川談慶さんが、崔さんと打ち合わせをしたと発信していることから、崔洋一さん本人の事務所であることが分かっています。

崔洋一の現在はどうなっている?

この項では、崔さんの現在について見ていきます。snsを活用しているかどうかと、病気の噂、さらには最近の仕事を確認します。

Twitterをやっている?

崔さんはツイッターのアカウントを持っていないようです。有名な映画監督である崔洋一さんですので、その発言に注目する人は多いと思われますが、snsによる情報発信は行っていないようです。自分の主義主張は、作品か自分の発言で伝えるタイプなのかもしれません。

崔洋一の目がキョロキョロ?

崔さんが武士役で作品に出演した際、正座をしているシーンで、眼球がキョロキョロしていたという目撃談がありました。それに関して、眼球振盪(眼振)かもしれないという声があります。非常に心配な情報です。崔さんは高齢でもありますので、病気の類には気を付けてもらいたいものです。

内田裕也に密着

ここしばらくの間は、崔さんの映画の監督作品はありません。しかし、長く親交のあった、内田裕也さんを題材にした番組「転がる魂 内田裕也」を監督しています。この番組は、2018年に内田さんに300日密着して撮影したものです。

前述したように、内田さんは崔さんの映画デビュー作の主演俳優です。長い時を経ても強いつながりがあったことがうかがえます。また、崔さんの創作意欲も衰えてはいないことが感じられます。

崔洋一の受賞歴

この項では、崔洋一さんの映画の受賞歴を振り返ってみます。

「月はどっちに出ている」

1993年の「月はどっちに出ている」で報知映画賞、ブルーリボン賞、毎日映画コンクールなどの賞を受賞しています。さらに、第17回日本アカデミー賞の最優秀監督賞、最優秀脚本賞にノミネートされています。この作品は、大きな話題を呼び、崔洋一さんと主演の岸谷五朗さんの知名度を一気に高めた作品です。

「豚の報い」

1999年の「豚の報い」で、第52回ロカルノ国際映画祭金豹賞にノミネートされ、ドンキホーテ賞を受賞しています。この作品は、芥川賞受賞作品を小澤征悦さん主演で映画化した作品です。この受賞により、この映画は国際的な評価を得たと言えます。

「血と骨」

2004年の「血と骨」で、第28回日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀脚本賞を翌年に受賞しています。前述したように、この作品はビートたけしさんの主演で製作されました。

この作品も大きな話題を呼び、映画監督としての崔洋一さんを語る際に、必ず挙げられる作品です。昭和という時代を生き抜いた男の、狂気に満ちた生涯をたけしさんが演じました。監督の演出あっての怪演と言えます。

崔洋一を見守ろう

映画監督の崔洋一さんについて調べてみました。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。これからも、崔さんを応援しつつ、見守っていきましょう。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ