記事ID143517のサムネイル画像

    森脇英理子の現在は?アギトでも有名な女優は引退した?結婚したから?

    森脇英理子さんは、モデルとしてスカウトされてから近年まで、名脇役として活躍されていた女優です。しかし、つい最近は森脇英理子さんをテレビで見なくなりました。そんな、森脇英理子さんの現在や噂の引退について解説します。森脇英理子の真相に迫ります。

    森脇英理子とは

    森脇英理子さんは、モデルとしてスカウトされてから近年まで、名脇役として活躍されていた女優ですが、最近は森脇英理子さんをテレビで見なくなりました。そんな、森脇英理子さんは現在何をされているのでしょうか。

    森脇英理子のプロフィール

    • 本名(ふりがな/愛称):(もりわきえりこ/なし)
    • 所属事務所:ヒラタオフィス
    • 生年月日:1981年10月4日
    • 現在年齢:37歳
    • 出身地:島根県松江市
    • 血液型:A型
    • 身長:164cm

    • 体重:43kg
    • 活動内容:モデル、女優
    • 所属グループ:なし
    • 家族構成:情報なし

    2001年にドラマデビュー

    森脇英理子は原宿でスカウトされたことがきっかけとなりデビューし、2001年にテレビ朝日の木曜ドラマ『氷点』で女優デビューを果たしました。
    「氷点」は作家の三浦綾子の小説がドラマ化されたものであり、いくつか映像化されている中で森脇英理子が出演したのは『氷点2001』です

    既に引退した可能性あり

    森脇英里子は最近テレビでみることが少なくなりました。

    ネット上で検索をかけてみても事務所ホームページに名前がなく、ページが消されていることから引退した可能性が高いです。

    結婚したから引退?

    実際の真相はわからないが、ホームページから名前が消えていることなどから、結婚して引退したと考えるのが普通ではないでいしょうか。

    森脇英理子は結婚を機会に引退したという噂もありますが、公式な発表はないため、真偽は不明です。旦那さんの情報もありませんでした。

    また、結婚している可能性は低いですが、彼氏はいるのでしょうか。彼氏についても調べてみましたが報道されていることもなく、彼氏についての噂や情報なども一切見当たりませんでした。

    森脇英理子はスタイル抜群でかわいい?

    森脇英理子はスタイル抜群でかわいいと評判の女優です。また、エロいという表現でも評価されています。実際はどうなのでしょうか。

    スタイル抜群でエロい

    スリーサイズについて触れる。エロいで話題になった「匿名探偵」と「スペック」を紹介して、何がどうエロかった(シーンについて)など解説

    森脇英理子は肌がとても白く綺麗でとても美人だと話題になりました。森脇英里子モデルだけでなく女優もやっており、役柄によって表情も大きく変わり、服装によっても雰囲気が大きく変わります。その中でも『匿名探偵』と『スペック』は話題になりました。

    『匿名探偵』では牛島弘江役として出演しました。『匿名探偵』は、テレビ朝日系で放送された日本のテレビドラマです。主演は高橋克典です。JR中央本線沿線のとある街を舞台に、探偵が女性からの依頼を解決していく一話完結型のサスペンスコメディです。この中でも4話の牛島弘江役で出演しています。ここでは犯人扱いされた牛島の妻役を演じており、人妻としての魅力が十分に出ておりエロいと話題になりました。

    『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』では第2話で鬼門真理子役を演じました。2010年10月8日から同年12月17日までTBS系列で毎週金曜日の22時に『金曜ドラマ』枠で放送された戸田恵梨香と加瀬亮のダブル主演の日本のテレビドラマであり、これから派生した一連の映像作品のシリーズです。捜査一課が手に負えない超能力などを使った特殊な事件を捜査するために警視庁公安部が設立した未詳事件特別対策係、通称未詳に配属されたIQ201の天才であり、変人の当麻紗綾と、警視庁特殊部隊 出身で叩き上げの瀬文焚流の2人の捜査官が、常人にはない特殊能力(SPEC)を持った犯人と対決する姿を描きます。第2話で殺される鬼門拓也の妻で犯人の板野貞雄とは肉体関係にあり、そのシーンはエロくて魅力的です。

    CMでは笑顔が可愛く、胸が大きいということもあり、エロ可愛いと話題になり知名度や人気が上がりました。

    水着やヌード画像はない

    露出が少なく、水着やヌード画像が全くありません。しかし、清純派ということでもないことでもないようです。本人か事務所の意向やブランディングの可能性があります。

    森脇英理子の学歴(高校・大学)は?

    森脇英理子の学歴はどうなのでしょうか。この際、創価学会の会員ではないか、という噂も同時に発見することがでいます。実際はどうなのでしょうか。

    高校は厚木高校

    森脇英理子の出身地は島根県松江市ですが、高校は神奈川県の厚木高校に通っていたようです。その高校は偏差値が高く、有名な高校だそうです。厚木高校の2018年度の最新偏差値は69で神奈川県内の高校328件中8位のようです。

    偏差値がこれだけの高校に通っていたということは頭が良かったことがわかります。

    大学は不明

    大学に通っていたかは不明です。スカウト時が大学生なので大学を卒業している可能性は高いです。高校も偏差値の高い進学校ですので、大学もそれなりのところに通っていたのではないでしょうか。

    森脇英理子は創価学会の会員ではないかという話もあるので、創価大学を卒業した可能性もあります。

    創価学会員の噂

    森脇英理子が創価学会員ではないかと言われているのは結構有名な話だそうです。森脇英理子と検索をしてみるとやはり創価学会というワードが出てくるので、その可能性は高いです。また、大学が創価大学ではないかとの噂がありますので、さらに創価学会会員の可能性が高いでしょう。

    森脇英理子の出演した作品は?

    そんな森脇英理子ですが、現役時代はどのような活躍をされていたのでしょうか。作品ごとにみていきましょう。

    2001年『仮面ライダーアギト』

    森脇英理子はレストランでアルバイトとして働く少女である岡村可奈役を演じています。『仮面ライダーアギト』は2001年(平成13年)1月28日から2002年(平成14年)1月27日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜8:00 ~8:30に全51話が放映された、東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称です。

    あらすじは以下です。未確認生命体事件の終息から2年の月日が流れたある日、沖縄県の与那国島海岸に人知を超えた謎の遺物・オーパーツが流れ着きました。同時に各地において、人間には不可能な殺害方法を用いた猟奇的連続殺人事件が発生してしまいます。警視庁はこの事件の犯人を、かつての未確認生命体”を超える新たなる脅威として「アンノウン」と命名し、未確認生命体対策班 (SAUL) に専属捜査を命じました。この物語は3人の仮面ライダー、SAULに配属された若き特務刑事・氷川誠が変身するG3、瀕死の重傷を克服した後に変容していく自らの肉体に恐怖を抱く大学生の葦原涼が変身するギルス、そして記憶喪失でありながらも本能の赴くままにアンノウンを倒していく家事手伝いの青年の津上翔一が変身するアギト、の物語を交差させ、やがてひとつの巨大な流れへと昇華していきます。

    また、その中で登場する岡村可奈が、森脇英理子の演じた役です。岡村可奈は倉本のレストランでアルバイトとして働く少女です。倉本はレストランのオーナーシェフでかつては調理師学校の講師で、翔一の恩師にあたり、その縁で翔一は彼のレストランで住み込みのアルバイトとして働いているのです。普段は温厚ですが、シェフやレストランオーナーとしての仕事に対しては信念とプライドを持っているため、厨房では普段の様子からは考えられないような厳しさを併せ持ちます。一緒に働いていた岡村可奈が何度もミスを犯すのを厳しく叱責し、解雇しようとするが、翔一のフォローで撤回、その後の彼女のミスに対しては叱責した後アドバイスを加えるなど、多少配慮するようになります。

    また、岡村可奈に対して、倉本曰く「今どきの若い者にしては根性はあるのだが、無愛想なのが玉に瑕」とのことで、最初は打ち解けようとした翔一に対しても、拒絶的な態度を取っていました。仕事ではミスが多く、一時は倉本に解雇されかけたが、翔一のフォローによって引き続き働き続けているのです。父親もシェフだったがアンノウンによって殺されており、血縁である彼女もまたアギトの力を秘めています。それが覚醒したことに脅え、自殺を図るが、そこにかつての雪菜の姿を見た翔一と沢木によって救われ、彼らの励ましとアギト(自分がなりかけたのと同じ姿)に変身し地のエルに立ち向かっていく翔一の姿を見て思い留まります。

    2016年『動物戦隊ジュウオウジャー』

    森脇英理子は主人公である風切大和の母親の風切和歌子役を演じています。『動物戦隊ジュウオウジャー』は2016年2月14日から2017年2月5日までテレビ朝日系列で毎週日曜7:30 ~8:00に放送された特撮テレビドラマのタイトル、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称です。

    駆け出しの動物学者である風切大和は、とある森の中で仕事をしていた際に「お守り」として持っているキューブを落とし、それを拾いに行くとそこに巨大なキューブ型の物体を発見します。大和がくぼみに自身の持つキューブを差し込むと巨大なキューブは突然開いてそれに吸い込まれ、その先は人間と同じような二足歩行の体型や服装をしながらも外見上は動物の特徴を持つ生命体であるジューマンが生活している異世界ジューランドへと繋がっていました。

    ジューランドに迷い込んだ大和は、その世界の住人で自身の前に現れた巨大なキューブであるリンクキューブの番人でもあるセラ、レオ、タスク、アムという4人のジューマンと出会います。大和は彼らと交流するも、自身がお守りとしていたキューブの正体がリンクキューブを介してジューランドと人間界とを繋ぐ鍵となる「王者の資格」であり、さらにそれが以前に何者かにより盗まれた物であったことから、自身が王者の資格を盗んだ犯人であると彼らに疑われることとなるが、そこでリンクキューブが原因不明の異常を起こします。動揺するジューマンたちの隙を見て大和は王者の資格をリンクキューブに差し込んでジューランドを後にし、セラたちもそれを追って人間界へとやってきます。

    大和が人間界へと戻ると、これまでに99の星を滅ぼしてきた宇宙の無法者集団デスガリアンによる無差別破壊が開始されており、大和が仕事をしていた森は彼らに襲われて焼け野原となり人々や動物たちが逃げ惑っていました。大和を追ってきたセラたち4人は王者の資格が変化したジュウオウチェンジャーで動物戦隊ジュウオウジャーへと変身しデスガリアンとの戦いに挑むが、さらなる敵の加勢により徐々に追い詰められてしまいます。そんな中、大和もデスガリアンの幹部であるジャグドへと立ち向かい、「この森と地球に生きる命を守るために俺も戦いたい」という気持ちからジュウオウチェンジャーでジュウオウジャーの一員であるジュウオウイーグルへと変身してジャグドを撃破します。

    激戦を終えたものの、ジャグドによりリンクキューブを破壊されたうえに王者の資格のひとつを何者かが持ち去ったためにセラたちはジューランドへ帰還することができなくなり、大和はそんな彼らの面倒を見ることにしました。

    こうして、デスガリアンとの戦いに加えて、大和と4人のジューマンとの人間界での共同生活が始まるのです。

    この中で森脇英理子は主人公である風切大和の母親の風切和歌子役を演じています。さらに風切和歌子は森真理夫の姉でもあります。大和が幼少期の頃に病死しており作中では既に故人です。生前の職業は獣医師であった模様だが、長期に渡り入院生活をしていたとのことです。平成13年没、享年38歳、戒名は「優雲和徳信女」でした。享年の姿でも、操が大和の恋人と勘違いするほどの若々しい美貌の持ち主です。

    亡くなる直前に「この星の生き物は全て繁がっている」と大和に語りました。大和の記憶を読み取ったバングレイにより実体化させられて成長した大和と交流し、バングレイの攻撃を受けて消滅するも、大和に自身が彼女を覚えている限りずっと繋がっていることを気付かせることとなったのです。

    2018年『家政夫のミタゾノ』

    『家政夫のミタゾノ』は、テレビ朝日系で2016年より放送されている日本のテレビドラマシリーズで、主演は、TOKIOの松岡昌宏です。第1シリーズは、2016年10月21日から12月9日まで、第2シリーズは、2018年4月20日から6月8日まで、ともに毎週金曜日23時15分 ~翌0時15分の「金曜ナイトドラマ」枠で放送されました。

    比較的手頃な料金で家政婦を派遣してくれる「むすび家政婦紹介所」です。その紹介所で働く三田園薫は、実は「家政婦」ではなく女装をしている男性、つまり「家政夫」なのです。寡黙で神出鬼没、何を考えているのかわからず不気味だが、料理・洗濯・掃除といったあらゆる家事においてプロ級の腕前を持つ三田園が、派遣先での仕事をこなしながらその家庭の裏に蔓延る「根深い汚れ」を暴き、家庭を崩壊させ、再生へと導いていく。 1話完結型のストーリーです。

    その中でも、第二期に登場します。

    とある民間のロケット発射施設。100億円を掛けたロケットの打ち上げが失敗し、自爆した。それを見てニヤリと笑う三田園。どうやら彼が何かを仕掛けて自爆させたようだった。 そして、行方不明扱いになっていた三田園が「むすび家政婦紹介所」へ戻ってきた。新たに入所した五味麻琴と共に下町のネジ工場へ派遣された三田園は、早速この工場に蔓延る"汚れ"を察知し、秘密を探り始める。銀行員と不倫をしている社長の妻を三田園は無言の圧力で脅し、従業員や妻を騙していた社長を追い詰めて、工場を崩壊させた。汚れの落ちたネジ工場には、新たにロケット開発事業への共同参加という大きな仕事が舞い込み、再生が訪れる。しかし麻琴はそんな三田園の行動に反発心を覚え、三田園に対し少々キツく当たるようになる。

    相変わらず派遣先を次々に壊していく三田園だったが、第6話では占い師・望月ルナに「大切な人を失ってから人生が変わった」ことを言い当てられ、「(家庭を崩壊させてきた)報いを受ける」と警告を受けた。

    最終話で麻琴は1日だけ三田園を家政夫として雇い自宅へ招きました。麻琴の家はかつて大金持ちだったが、没落して貧乏になっていました。母親が死んでから弟妹達の面倒を見ている麻琴は、自分のやりたいことを我慢し、母親の代わりになれるよう努力してきたのです。そこへ麻琴の父が再婚相手の森田順子を連れて帰って来ました。五味家を没落させたのが当時雇っていた元家政婦の順子だと悟った麻琴は、バラバラだった家族の絆を取り戻すきっかけを作ってくれた恩人の順子に感謝します。しかし順子は麻琴の父を騙し、唯一残された大豪邸を手に入れようとしていた悪女です。順子の本性を知った麻琴は三田園に頼み込んで家事のテクニックを習得し、順子と家事対決します。家事対決の最中、三田園によって麻琴の家族の秘密が暴かれ、崩壊していく五味家ですが、秘密が暴露されたことにより麻琴は母親との約束に縛られていたことに気付き、これからは自分の人生を歩むことを決意しました。昔の写真を眺めていた麻琴は、かつて五味家を崩壊させた恩人の家政婦は順子ではなく、三田園だったことに気付くのです。

    そのなかでも『花沢ネジ製作所』の社長の花沢進助の妻である美千代役を森脇英理子が演じています。このドラマでの立ち回りとして、妻は銀行員と浮気して融資の催促したりして、森脇英理子の魅力がそのまま活かされているドラマといえます。エロさたっぷりの演技に注目です。

    森脇英理子が出演した映画作品

    ここまで、テレビドラマを中心にみてきました。では、森脇英理子は映画にも出演経験はあるのでしょうか。1つ1つ見ていきましょう。

    2005年『蟬しぐれ』

    『蟬しぐれ』は藤沢周平による日本の長篇時代小説で、藤沢作品の中でも代表的な小説のひとつです。『山形新聞』夕刊に1986年7月9日から1987年4月11日まで連載、文藝春秋より1988年5月11日に刊行されました。2003年にNHK「金曜時代劇」にてテレビドラマ化、2005年に東宝により映画化されました。

    森脇英理子はこの中でおみち役を演じました。役としては欅御殿でふくに仕えた侍女です。

    2005年『奇談』

    『奇談』(きだん)は、2005年に製作された日本の映画作品小で松隆志監督作品です。藤澤恵麻、阿部寛主演で、諸星大二郎の漫画『妖怪ハンター』シリーズの初期の1短編『生命の木』を原作にしています。森脇英理子はこの中で田崎純子という脇役を演じきりました。

    2007年『Tokyo Cowboy』

    2007年製作の香港映画です。そのためか、あまり詳しい情報は出てこないですが、国際的に活躍もされていたことを象徴する映画ではないでしょうか。

    2016年『グッドモーニングショー』

    2016年10月8日公開の日本映画で、第40回モントリオール世界映画祭・ワールドコンペティション部門出品作品です。この中で森脇英理子は「グッドモーニングショー」サブキャスター、今日の占い・グルメコーナー・特集VTAのレポーター担当という、成本一美役を演じきりました。

    森脇英理子の現在とは

    森脇英里子という女優は、活躍を1言で表すと、名脇役という評価がふさわしいのではないでしょうか。最近まで2018年の『家政夫のミタゾノ』の第2期で活躍されていました。しかし、事務所のホームページから情報がなくなっているのということは、退所された可能性が高いのではないでしょうか。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ