映画『キツツキと雨』笑いあり!感動あり!小栗旬×役所広司W主演!

2012年2月に公開され、小栗旬と役所広司のW主演で話題となった、ハートフルコメディー映画『キツツキと雨』!役所広司がゾンビに!?気弱な青年役を務めた小栗旬と役所広司の絡みが面白いと評判だった、映画『キツツキと雨』をご紹介します。

小栗旬×役所広司W主演映画『キツツキと雨』

小栗旬×役所広司W主演映画『キツツキと雨』


監督:沖田修一
脚本:沖田修一、守屋文雄
製作総指揮:井上伸一郎、椎名保
音楽:omu-tone
主題歌:星野源『フィルム』
製作会社:「キツツキと雨」製作委員会
配給:角川映画
公開日:2012年2月11日

映画『キツツキと雨』で小栗旬と役所広司が初共演!

映画『キツツキと雨』で、大御所の名俳優「役所広司」と人気急上昇中の若手実力派俳優「小栗旬」が初共演作品ということで、映画『キツツキと雨』公開当時、大きな話題を呼んだ作品となりました。

小栗旬×役所広司W主演映画『キツツキと雨』概要

小栗旬×役所広司W主演映画『キツツキと雨』は、小栗旬が演じる、気弱な新人映画監督「田辺幸一」がゾンビ映画の撮影のために訪れた田舎の山林で、役所広司が演じる、職人気質な木こり「岸克彦」と出会い、交流を深めていくハートフルコメディー映画。

キャッチコピーは「雨でも・・・きっと晴れるさ。」

小栗旬×役所広司W主演映画『キツツキと雨』は数々の映画賞を受賞!

小栗旬×役所広司W主演映画『キツツキと雨』は、『第24回東京国際映画祭』で「審査員特別賞」を受賞!

『第8回ドバイ国際映画祭』で「最優秀脚本賞」、「最優秀編集賞」を受賞しており、更には、主役の「岸克彦」役を演じた役所広司が「最優秀男優賞」を受賞しています。

小栗旬×役所広司W主演映画『キツツキと雨』あらすじ

小さな山あいの村にやって来たゾンビ映画の撮影隊。なぜだか手伝うことになった木こりの克彦(役所広司)は、プレッシャーに弱く使えない新人監督の幸一(小栗旬)にイライラする。しかし、幸一は克彦との交流で自分を取り戻していき、二人のいい関係がイマイチかみ合わなかった撮影現場にも不思議な影響を与え始め……。

出典:https://www.cinematoday.jp

小栗旬×役所広司W主演映画『キツツキと雨』予告編

映画『キツツキと雨』主演、小栗旬プロフィール

映画『キツツキと雨』主演、小栗旬プロフィール


本名:小栗旬(おぐりしゅん)
生年月日:1982年12月26日(35歳)
出身地:東京都
身長:184cm
血液型:O型
職業:俳優、声優

所属事務所: トライストーン・エンタテイメント

映画『キツツキと雨』で小栗旬が演じた「田辺幸一」

映画『キツツキと雨』で小栗旬が演じた「田辺幸一」は、新人の映画監督。気が弱い性格で、監督なのに俳優にはおろか、助監督やスタッフにも何も言えない始末。

岸克彦との出逢いで、田辺幸一は少しずつ自信をつけていく!

映画『キツツキと雨』主演、役所広司プロフィール

映画『キツツキと雨』主演、役所広司プロフィール


本名:橋本広司(はしもとこうじ)
生年月日:1956年1月1日(62歳)
出身地:長崎県諫早市
身長:179cm
血液型:AB型
職業:俳優

所属事務所:ワイ・ケイ事務所

映画『キツツキと雨』で役所広司が演じた「岸克彦」

映画『キツツキと雨』で役所広司が演じた「岸克彦」は、職人気質の木こりで頑固で不器用な性格をしています。

映画にエキストラとして出演を依頼され、イヤイヤながらも出演することになりました。最初は渋々だったが、スタッフにおだてられ徐々にノリノリとなっていくカワイイおじさんです。

映画『キツツキと雨』見どころは?

小栗旬と役所広司の絡みが面白い!

映画『キツツキと雨』で、初共演となった小栗旬と役所広司の二人の絡みが、とても面白いと公開当時に話題となっていました。

映画『キツツキと雨』の冒頭、役所広司が演じる木こりの「岸克彦」が木を切っているシーンからはじまり、近くで映画撮影をしていた小栗旬が演じる「田辺幸一」に、「撮影中だから静かにしてほしい!」と言われ、役所広司が聞こえているのか、はたまたとぼけているのか、「はい?」と何度も聞き直すシーンはとても笑えます!

コメディー映画の本作で、普段あまり見ることの出来ない小栗旬と役所広司のコミカルな演技は、一見の価値ありですよ!

役所広司のゾンビ姿!

映画『キツツキと雨』の最大の見せ場といっても過言ではない!?役所広司のゾンビ姿!

田辺幸一が岸克彦に、エキストラとして映画出演を依頼します。渋々ながらも出演を承諾した岸克彦に与えられた役柄は、まさかのゾンビ役!

ゾンビ役をノリノリで演技する、役所広司の姿に抱腹絶倒間違いなしです!

映画『キツツキと雨』主題歌を歌うのは星野源

映画『キツツキと雨』主題歌に星野源の楽曲「フィルム」が起用されています。

映画『キツツキと雨』の為に書き下ろした「フィルム」

星野源が歌う「フィルム」は、映画『キツツキと雨』の監督、脚本を務めた沖田修一が星野源にオファーを出し、それを受けて星野源が新たに書き下ろした新曲となっています。

星野源のコメント

映画『キツツキと雨』の主題歌を担当した星野源は、「こんなに楽しい映画の主題歌を歌うことが出来てとても嬉しいです。」と語っています。

更に続けて、「沖田修一監督がボクの音楽を深く理解してくれたうえで、オファーしてくださり、自由にやることが出来ました。」とコメント。

最後に、「何かを作る事、支えることを生業とする人たちが、『キツツキと雨』を観れば凄く励まされる映画で、本当に素晴らしいコメディー映画だと思います!」と締めくくっていました。

星野源(ほしのげん)プロフィール

星野源(ほしのげん)プロフィール


本名:星野源(ほしのげん)
生年月日:1981年1月28日(37歳)
出身地:埼玉県蕨市
身長:168 cm
血液型:AB型
職業:音楽家、俳優、文筆家

所属事務所:大人計画(俳優業)
      アミューズ(音楽業)

映画『キツツキと雨』主題歌「フィルム」

まとめ

ハートフルコメディー映画『キツツキと雨』のご紹介でした。

小栗旬と役所広司のダブル主演で公開された本作は、笑いの中に感動ありのハートフルな映画となっています。

少し元気がないときに映画『キツツキと雨』を観れば、元気づけられ癒される作品だと思います。ぜひ一度ご覧になってくださいね!

もっと小栗旬を知りたい方へ!

もっと小栗旬を知りたい方へおすすめの記事はこちらです

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ