【恋愛NG】大島優子が山田涼介と熱愛発覚!?はたして真相は?

AKB48のメンバーの代表とも言える大島優子。現在大島優子はAKB48を卒業したものの、卒業以前から山田涼介との熱愛がしばしば噂となっていました。山田涼介と大島優子の事務所はそれぞれ否定していたものの、大島優子は山田涼介ばかりでなく数々の男性とも熱愛報道が…?

元AKB48メンバーとして活躍した大島優子

大島優子のプロフィール

大島 優子
生年月日 1988年10月17日(26歳)
出生地 日本の旗 日本・栃木県下都賀郡壬生町
身長 152 cm[1][注 1]
血液型 B型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ、映画、バラエティ
活動期間 1996年 -

出典:http://ja.wikipedia.org

大島優子は4歳ごろからジュニアアイドルとして活躍。
AKB48に大島優子が加入したのは2006年ごろだそうです。
大島優子の芸歴は10年以上もあるのだとか!

大島優子はプロポーションも抜群で
運動神経でいえばAKB48のなかで大島優子の右に出るものはいないほど。

大島優子との熱愛が発覚した山田涼介とは

山田涼介のプロフィール

山田涼介
出生 1993年5月9日(22歳)
出身地 日本の旗 日本・東京都[1]
学歴 堀越高等学校[2]
ジャンル J-POP、テレビドラマ
職業 歌手、タレント、俳優
レーベル ジェイ・ストーム(2007年 - )
ジャニーズ・エンタテイメント(2009年 - )
事務所 ジャニーズ事務所

出典:http://ja.wikipedia.org

山田涼介といえばHey!Say!JUMPとしての活動がよく知られていますよね。
リーダーとして活躍する山田涼介は熱狂的なファンも多いことで有名です。

ドラマにも出演する山田涼介

山田涼介はアイドルとしての活動だけでなく、数々のテレビ番組にも出演。
20代の「男性で好きな顔」アンケートで山田涼介がナンバー1に選出されたことも。

大島優子との熱愛が発覚したのは山田涼介だけではない!?

そんな熱愛が噂されている大島優子と山田涼介ですが
大島優子が熱愛していると報じられている男性は数々いるようで…

大島優子&ウエンツ瑛士

かつて交際が報じられたタレント・ウエンツ瑛士(29)とは、周囲を気にしてデート中に手を繋がないウエンツに、大島優子が「そんなにマスコミが怖いのか!」と、3カ月足らずで別れたと伝えられている。

出典:http://woman.infoseek.co.jp

大島優子&草なぎ剛

大阪と北海道ローカルの情報バラエティ番組が草なぎと大島優子とみられる2人の熱愛をイニシャルトークで伝え、番組では「13年の元旦にサンケイスポーツが熱愛をスクープする」という予告まで行われていた。

出典:http://www.cyzowoman.com

大島優子&キスマイ玉森

SMAP×FNS27時間テレビ』(同)内で放送された『キスマイBUSAIKU!?』コーナーで、相手役の大島優子の誘導で玉森が“キスをするポーズ”をして炎上した一件がありました。

出典:http://www.cyzowoman.com

もはやこじつけのようにも見える大島優子の熱愛報道ですが
山田涼介との熱愛は本当なのでしょうか。

大島優子のタイプはカッコイイ男子ではなく力士だった!?

様々なうわさが飛び交う大島優子の恋愛事情ですが
大島優子のタイプは実は力士であるという報道が!

卒業後、晴れて解禁となった“恋愛事情”を探ると、意外すぎる大島優子の結婚したい男性像が見えてきた。先場所に大鵬を追い抜いた平成の大横綱・白鵬だ――。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

「何やら大島優子の好みのタイプが“男らしく”“包容力のあるふくよかな男性”にシフトチェンジしているみたいなんです。具体的なタイプを挙げれば…。力士、つまりお相撲さんです。大島優子は、大相撲にハマるうちに『力士と結婚したい!』という思いを抱くようになっている」

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

山田涼介やウエンツのようなイケメン男性との熱愛報道に
嫌気がさしてしまったのでしょうか。
もともとふくよかな男性は好みなようです。

山田涼介と大島優子の現在の関係はどうなってるの?

山田涼介と大島優子の熱愛報道はデマ?

山田涼介との熱愛報道に関しては
写真などの確かな証拠がなく、SNS上で広まったデマなのではないかという
声もあがっています。

山田涼介もたびたび熱愛報道がされるようですが
大島優子との接点もそれほどあるようには思えません。

山田涼介の事務所は否定

山田涼介側も熱愛は否定しているようです。
大島優子も山田涼介も超人気アイドルだからこそ
こうしたでっちあげによるデマが生まれてしまったのかもしれませんね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ