映画「奇跡のシンフォニー」の素晴らしさは音楽や音にあり!

2007年公開の映画「奇跡のシンフォニー」の素晴らしさは音楽にあります。ギターの演奏や音楽も素晴らしいのですが、自然の音が音楽になっています。そんな映画「奇跡のシンフォニー」の、あらすじ、主役、キャスト、音楽を紹介します。

映画「奇跡のシンフォニー」とは?

映画「奇跡のシンフォニー」は
アメリカで2007年に公開され、
日本で2008年に公開された映画です。

映画「奇跡のシンフォニー」は、
第80回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされました。

そんな映画「奇跡のシンフォニー」の、
あらすじ、主役の少年、キャスト、音楽を紹介します。

映画「奇跡のシンフォニー」のあらすじ、ネタバレ

映画「奇跡のシンフォニー」のあらすじを紹介します。

エヴァン(フレディ・ハイモア)は、
ニューヨーク近くの孤児院で育ち、
両親がいつか迎えに来ると信じていたのです。

しかし11歳になっても
両親は迎えに来ることはなく、
ある日不思議な音を追いかけ、
マンハッタンに辿り着きます。

そして様々な人との出会いで、
エヴァンは音楽の才能を開花させるのです。

一方、母ライラはエヴァンは死んだと思い、
父ルイスも音楽に導かれてマンハッタンへ向かいます。

映画「奇跡のシンフォニー」無料

上の動画から
映画「奇跡のシンフォニー」が無料で見れます。

日本語版がなく英語版になり、
少し見にくいですが、
映画「奇跡のシンフォニー」の素晴らしい音、音楽は楽しめます。

まだ見てない人は見て下さい。

映画「奇跡のシンフォニー」の主役

映画「奇跡のシンフォニー」の主役は
フレディ・ハイモアです。

生年月日:1992年2月14日(25歳)
出生地:イングランドロンドン

フレディ・ハイモアのデビューは1999年の7歳で、
映画「奇跡のシンフォニー」に出演したのは15歳の時です。

父親は俳優のエドワード・ハイモア、
母親はスー・ラティマーで、
弟バーティも俳優です。

フレディ・ハイモアは映画「奇跡のシンフォニー」のために
ギターを6ヶ月間特訓しているので、ギターを演奏できます。

フレディ・ハイモアの主な出演映画は、
「ネバーランド」
「チャーリーとチョコレート工場」

映画「奇跡のシンフォニー」のキャスト

映画「奇跡のシンフォニー」のキャストを紹介します。

フレディ・ハイモア
ケリー・ラッセル
ジョナサン・リース=マイヤーズ
テレンス・ハワード
ロビン・ウィリアムズ
ウィリアム・サドラー
マリアン・セルデス
ミケルティ・ウィリアムソン
レオン・トーマス3世
アーロン・ステイトン
アレックス・オローリン
ジャマイア・シモーヌ・ナッシュ
ロナルド・ガットマン
ボニー・マッキー

映画「奇跡のシンフォニー」の主題歌、音楽

映画「奇跡のシンフォニー」の
主題歌を担当したのはハンス・ジマー。

生誕:1957年9月12日(60歳)
出身地:西ドイツ・フランクフルト
デビュー:1977年

現在は妻スザンヌと4人の子供とロサンゼルス在住。

1988年の「レインマン」の音楽がアカデミー賞にノミネートされ、
1994年の「ライオン・キング」でアカデミー作曲賞、
ゴールデングローブ賞を受賞しました。

2001年に「パール・ハーバー」で
アカデミー音響賞など2部門を受賞しています。



映画「奇跡のシンフォニー」の
音楽を担当したのはマーク・マンシーナ。

1957年3月9日生まれの60歳で、
マーク・マンシーナが音楽を担当した
代表的な映画音楽を紹介します。

「ツイスター 」(1996年)
「コン・エアー 」(1997年)
「スピード2 」(1997年)
「ターザン」(1999年)
「ワイルド・チェイス」 (2000年)

映画「奇跡のシンフォニー」の評価

映画「奇跡のシンフォニー」の評価も
結構良いみたいですね。

評価の良い点は常に音楽が流れ、
街の音がリズムを奏でていて、
歌も上手い、ギターの演奏も上手いし、
音楽は心を癒されます。

悪かった点は結末が物足りなかった事です。

映画「奇跡のシンフォニー」のまとめ

映画「奇跡のシンフォニー」の素晴らしさは音楽にあります。

公園でギターを弾く少年、
教会の少女の歌声など
歌や音楽が素晴らしいです。

更にこの映画は音楽だけではなく、
自然の音も上手く取り入れた演出になっていて、
自然の音、街の音、人が発する音、
全ての音が音楽になっています。

映画「奇跡のシンフォニー」は
全編を通して音楽や音が流れていて癒される映画です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ