映画『銀魂』は面白い?パロディ感満載なこの作品を検証してみよう!!

原作漫画やアニメで大人気の『銀魂』が実写化で映画になり、それが面白いと評判でした。原作ありの実写化は酷評を受けがちですが、どうやら映画『銀魂』は違ったようです。今回はどうして面白いと高評価を受けたのかを詳しく検証していきます。

映画『銀魂』って面白いの?

2017年7月14日に公開された映画『銀魂』ですが、パロディ満載で、漫画やアニメの実写版ににしては凄く面白いと評判を呼んでいました。実写版の映画って結構酷評になりがちなんですけど面白いと評価されるなんて凄いですよね。

私も観に行きましたが最初から爆笑しました。そんな映画『銀魂』が何で面白いと評価されたのかを検証していきます。

映画『銀魂』の設定とは

映画『銀魂』予告

銀魂は週刊少年ジャンプの“看板”である空知英秋先生原作の漫画です。黒船でなく宇宙人によって鎖国を解かれたパラレルワールドの江戸末期を舞台に、SFと時代劇がミックスされたギャグ作品になっています。

映画では、原作のギャグに加えて監督・脚本を務めた福田監督ならではのパロディ&アドリブが上乗されています。全編通じてギャグパートとシリアスパートが盛り込まれていて、見所満載の面白い映画になっています。

映画『銀魂』が面白い理由・その1豪華な出演陣

映画『銀魂』は主演が原作漫画やアニメで主演を務める事が多い小栗旬さんが務めています。そして万屋の志村新八役が菅田将暉さん、神楽役に橋本環奈さんが抜擢されました。橋本環奈さんを弄りまくっているのが凄く面白いんですね。

よくもそんなに弄ったなと思う位、鼻をホジホジさせたり、菜々緒さん相手に「パンツにシミができてるよ」と下ネタぶっこんだりとそんな事まで言わせる!!と思う位、ぶっこんでいて、でも下品な感じがなくて面白いんですよ。

そして銀魂で欠かせない存在なのが真選組です。真選組の近藤勲役に何と歌舞伎役者の中村勘九郎さん、土方十四郎役に柳楽優弥さん、沖田総悟役に吉沢亮とこれでもか!!という位、演技派俳優を使っています。しかも中村勘九郎さんがこれまた役に嵌まっていて面白いんです。

更に攘夷過激派志士集団「鬼平隊」のリーダーであり、主人公銀時のライバルにあたる高杉晋助はKinKi Kidsの堂本剛が演じました。本当に堂本剛さんの演技なんて何年振り?と思う位、久しぶりのスクリーン登場でしたよね?


その手下に佐藤二朗さん、菜々緒さん、新井浩文さんが登場しましたし、銀時の仲間にムロツヨシさん、長澤まさみさんといった豪華なキャスティングが組まれていました。これだけ、演技派俳優・女優が名を連ねた映画『銀魂』なんですから面白いに決まっていますよね。

映画『銀魂』が面白い理由・その2パロディ感満載

映画『銀魂』は元々パロディ感が凄くて、凄く面白いんですが、更に福田監督のパロディ要素を加えているので、初っ端から面白いんです。最初がカウントダウンTV仕様でスタートしました。しかもいきなりぶっこまれたのは小栗旬さんが王子様のようだった『花より男子』で有名な台詞「ま~きの」ってやつです。

え、そんな他の作品弄くり回してして良いの?って位、「ま~きの」を弄ったんですね。しかもこれは序の口でした。他にも小栗旬さんが主演した映画なんかも弄りまくっていて、本当に面白いんですよ。

その他にも実写版だとオバQになっていたエリザベスの着ぐるみが登場したり、CGで作られているキャラクターの定春(犬)が登場したりと、結構原作も大事にしているなという印象でした。

映画『銀魂』が面白い理由・その3アクションシーンは迫力あり

映画『銀魂』は基本的に全編パロディなんですが、もう1つの見所は殺陣シーンでしょう。これが入る事で映画がダラダラせずに締まるところは締まっていて、面白さを引き立たせています。小栗旬さんと新井浩文さんの殺陣シーンも凄かったですし、小栗旬さんと堂本剛さんの殺陣シーンも見事でした。

パロディ要素が満載だからこそ、シリアスなシーンが活きるんでしょう。映画『銀魂』はメリハリが凄くあって、中だるみする事なく、最初から最後まで面白い映画に仕上がっていると感じました。

映画『銀魂』は最高に面白い!!

映画『銀魂』はどの場面を切り取っても凄く面白い作品でした。原作を知らなくても十分楽しめますし、原作やアニメを知っている方でも面白いと思えます。

原作が面白かったので、正直期待していなかったんですけどね・・・。最後はまだ続編がありそうな終わり方でしたので、続編がある事を期待しましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ