記事ID101809のサムネイル画像

【天海祐希】心筋梗塞で入院していた!病気の原因は性格が関係?

トップ女優として映画やドラマや舞台、CMなど幅広く活躍する天海祐希さん。そんな天海祐希さんが過去に病気で入院していたことをご存知でしょうか。しかも命に関わる重大な病気だったんです。そこで今回は、天海祐希さんの病気や原因についてまとめます。

天見祐希さんについて

6年連続で理想の上司No.1に選ばれるなど、多くの女性にとって憧れの存在ともいえる天海祐希さん。映画やドラマやCMなど、マルチな活躍をされています。

そんな天海祐希さんですが、実は過去に病気で入院をしていたことがあるのをご存知でしょうか。その病名は、心筋梗塞というから驚きです。

心筋梗塞といえば、比較的体がふくよかな方がなってしまう病気のイメージですが、天海祐希さんはとてもスリムでスタイルの良い女優さんです。

もちろん、生活習慣が原因で引き起こされる病気の一つですが、天海祐希さんの場合、生活習慣が原因で、心筋梗塞になったとは考えにくいですよね。

実は、天海祐希さんが心筋梗塞になってしまった原因は、天海祐希さんの性格にあると言われています。
一体どういうこと?なのでしょうか。そこで今回は、天海祐希さんの病気について調べてみました。

天海祐希さんのプロフィール

名前:天海祐希(あまみゆうき)
本名: 中野祐里(なかの ゆり)
生年月日: 1967年8月8日(48歳)
出身地:東京都台東区東上野
身長: 171 cm
血液型:O型
職業:女優
所属事務所:研音

活動期間: 1987年 -

天海祐希さんといえば、1987年の初舞台から1995年に引退するまで、元宝塚の月組みの男役のトップスターを務めたことでも有名。

引退後は女優業に転身。1996年にドラマ「 橋の雨」で女優デビューを皮切りに、「クリスマス黙示録」で映画デビューを果たした天海祐希さん。

その後は、ドラマ『離婚弁護士』や『女王の教室』や『トップキャスター』など、天海祐希さんの代表作ともいえる作品に数多く出演し、現在もその勢いは継続中です。

天海祐希さんが病気で入院していたのはいつ?症状は?

天海祐希さんが病気になったのが、2013年の5月でした。当時東京芸術劇場で、舞台公演中に体調不良を訴えた天海祐希さん。公演終了後に、病院へ搬送されたそうです。

当時45歳だった天海祐希さん。仕事を全うしてから病院へ向かったそうです。
しかし、一歩間違えれば命に関わる病気です。不幸中の幸いといったとこでしょうか。

病気は軽症

心筋梗塞と聞くと、命に関わる一大事と思ってしまいますが、もちろん心臓の病気なので危険な病気です。しかし、天海祐希さんの場合、急性心筋梗塞で緊急処置が必要な状態でしたが、軽度だったのですぐに退院できたそうです。

病気を発症してから10日間入院

天海祐希さんは、約10日間ほど入院をしていました。気になる病気の治療ですが、主に点滴による治療を受けていたそうです。

治療の効果もあり、徐々に回復に向かい、退院できたようです。

病気の原因とは?

病気の前兆なし?

普通、心筋梗塞には、発作的な胸部の痛みや、胸周辺の圧迫感、吐き気や冷や汗、肩や背中の痛みなどの前兆が出るそうです。しかし天海祐希さんの場合、これらが一切当てはまらなかったようです。

つまり天海祐希さんの場合、何の前触れもなく突然発症した例に当てはまります。

しかし、舞台公演が終わった後には、体がダルかったと訴えていたそうです。

病気は何が原因?

心筋梗塞の主な原因は、高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙、肥満などの生活習慣によるものです。仕事で忙しく、スリムな天海祐希さんはこれには当てはまりません。

天海祐希さんはベビースモーカーだったようですが、病気を引き起こした時には既に禁煙をされていたそうです。そのためタバコが原因とも考えにくいです。

そこで考えられるのが天海祐希さんの性格です

病気の原因はストレス

天海祐希さんのように、仕事をバリバリこなす女性の場合、生活習慣病や体型などとは全く別のところに病気の原因が隠されていると言われています。それがストレスだそうです。

天海祐希さんといえば、姉御肌としても有名で、全てのことを自分でこなしてしまうほど、責任感が強い性格の持ち主であります。

天海祐希さんが心筋梗塞を発症したのも、舞台の公演中でした。過度のプレッシャーと強い責任感から、強いストレスを抱え込んでいたことが伺えます。

過度のストレスが溜まってしまうと、心臓の筋肉が収縮を起こしたり、けいれんを起こすことで心筋梗塞を招くことがあるようです。

責任感が強い天海祐希さんの性格が原因で、心筋梗塞が引き起こされてしまったみたいです。

周りを心配させなかった天海祐希さん

急性心筋梗塞を発症した時も、上演中に息苦しさや、冷や汗やめまいなどの症状があったそうですが、天海祐希さんは一切それを周りに気付かせず、幕が下りてからマネージャーに不調を訴えていたとの情報がありました。

長い間、ずっとプレッシャーとの闘いを続けてきた天海祐希さん。それがストレスとなり、知らずのうちに体をむしばんでいたようです。

心筋梗塞という病気にも関わらず、命には別状がなかったので本当に良かったです。

天海祐希さんの病気まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は女優として活躍中の天海祐希さんの病気やその原因について調べました。天海祐希さんが病気で入院していたのは、2013年。当時45歳の天海祐希さんの病名は心筋梗塞でした。この病気で命に別状はなく、10日間ほど入院したそうです。

心筋梗塞という病気は、生活習慣や、タバコなどが原因で引き起こされるものだと思い込んでいましたが、ストレスも原因だったとは驚きました。つまり、誰がいつこの病気になってもおかしくない、ということが言えるのかもしれません。日ごろからストレスを溜めないようにしましょう。
以上、天海祐希さんの病気や原因についてまとめました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ