記事ID9366のサムネイル画像

    羽生結弦もそうだった!トップアスリートに多い血液型に迫る!

    今や世界のトップスケーターとして男子フィギュア界を牽引する存在になった羽生結弦。彼の強さの秘密は、やっぱり血液型にも表れていました!それは、トップアスリートにも多いB型!! 改めてB型視点から見る羽生結弦を徹底解剖してみましょう。

    羽生結弦を分析!

    羽生結弦(はにゅう ゆづる)
    1994年12月7日生まれ
    宮城県仙台市泉区出身。
    全日本空輸(ANA)所属
    日本人・男子シングル・フィギュアスケート選手

    2014年ソチオリンピック男子シングル優勝。
    2014年世界選手権優勝。 グランプリファイナル2連覇。
    全日本選手権3連覇

    2014-2015の中国杯でのエンカン選手とのアクシデントは、あまりにも有名です。
    賛否両論を巻き起こしましたね。

    幼いころは体が弱かった羽生結弦

    2歳の頃から喘息(ぜんそく)の持病があり、スケートを始めた当初の目的も喘息を克服することにあった[13]。肺を大きく開いて息を吸い込むことができないため、長年体力や持久力の面で劣ると指摘されてきたが、投薬治療、吸入薬、鍼治療、冷気を避けるためのマスク着用などの対策を続け、改善されつつある

    出典:http://ja.wikipedia.org

    見てわかる線の細さ、儚げな容姿。身体があまり強くなかった、というそのものの外見と、内面の強さとのギャップが、余計にファンを呼ぶのでしょうか?

    その羽生の喘息というものは以前より悪化しているのではないかと考えられております。
    確かに徹底した基礎練習によって体力はついたことは間違いがないでしょう。
    しかし、体力が付いたから喘息がよくなったということではないのですね。むしろ悪化しているのではないかと考えられているのには、ソチの団体戦フリー後の発作や、合宿の不参加、そしてソチの時は、選手村でさえ喘息の悪化を恐れて日本支援拠点で過ごしたりしておりましたからね。

    出典:http://shou-100.blog.so-net.ne.jp

    喘息自体は完治しない病気でもあるので、とにかく付き合っていかなければならない。アスリートには厳しい現状です。

    柔軟性の高さを生かしたスピンへの評価は総じて高く、殆どが最高評価の「レベル4」がつく

    出典:http://ja.wikipedia.org

    小さいころは、体の柔軟性を高めるために金粉入りの水を飲んでいたそうです。

    B型、羽生結弦はアスリート向き!

    B型を良く知る人は、羽生結弦がB型、と聞いて「やっぱり!」と思うはず。
    イチロー・野茂英雄・長嶋茂雄・清原和博・
    浅田真央・北島康介・宮里藍・福原愛・クルム伊達公子・田村亮子・・他。
    世界で活躍するトップアスリートで思い浮かぶ中でも、これだけB型がいます。

    フィギュアスケーターの中のB型

    結果は恐ろしいことに・・・

    羽生結弦、浅田真央、浅田舞、伊藤みどり、宇野昌磨、小塚崇彦。

    凄い面々です。

    B型の良い面を挙げてみましょう。

    活発で行動力があり、仕事にも夢中になって取り組んでいく。

    思いたったら迷うより先にすぐ行動する。結果はともかく行動ははやい。

    物事のマイナス面よりプラス面を重視し、つねに前へ前へと進んでいく。

    周囲に気を使いすぎることもなく、まわりの環境の影響を受けることも少ない。

    世の中のしきたりにこだわらず、他人が二の足を踏むようなことをやってのける。

    好奇心おうせいで、情報をキャッチするのが早い。多趣味な人が多い。

    考え方が型にとらわれず、変化に即応でき、アイデアが豊かで発想がユニーク。

    美的センスにすぐれており、芸術面でもすぐれた才能をもつ。

    喜怒哀楽の表現は激しいが、その場で感情を発散させてしまえばあとはケロっとしている。

    表現のしかたがストレートで無理して自分をよく見せようとは思わない。

    出典:http://yokashigoto.com

    好きなことに没頭すると時間を忘れてしまうほど、しかもオタクかというほどのこだわりを見せるB型。
    マイナス面よりプラス面に目を向けるB型。
    他人に影響されないB型。
    美的センスに優れていて芸術面が長けているB型。
    そして何より・・・
    空気を読まない(と言われる)B型。
    トップアスリートの強さの秘訣はここにあるのでしょう。

    「読めないんじゃなくて、あえて読まないんです」

    出典:http://dime.jp

    だから他人に影響されないのですね。
    闘う相手はあくまで自分なのです。

    ―久々に複数の人と練習すると、周りのスピード感などに影響されませんか?

    確かに公式練習でありましたね。小塚崇彦選手、無良崇人選手、ミハル・ブレジナ、それにデニス・テンやハビエルがいてスピードがありましたから。それにやっぱり(事故があった)上海だというちょっとした思いもあったと思うんです。そのあたりで集中しきれなかったかも知れません。

    出典:http://web.canon.jp

    そんなB型さん羽生結弦でも、もちろん、気にすることがあるんですね!

    血液型B型のアスリートと羽生結弦を比較!

    どの血液型でもそうであるように、B型人間だって色々なタイプが存在します。
    では羽生結弦は、一体どんなタイプなのでしょうか?

    とことん突き詰め、ひたすら一人でも黙々とやり続ける気質は
    B型アスリートの強みです。

    浅田真央と比較

    印象としては、表に自分をアピールできるB型は羽生結弦。
    一方、浅田真央は、ちょっと控え目でシャイな「陰」のB型。
    演技や表情にもその違いは表れているようです。
    この違いは、どうやら好き嫌いに大きく影響するようです。

    羽生結弦君がなぜか好きになれない人、嫌いな人増加中! これも人気者の裏返しか!アンチ羽生の理由

    出典:http://matome.naver.jp

    謙虚、素直、純粋、天然。
    B型が愛される長所を、両者とも持っているのですが、それが長所だと意識したように見えてしまうのがアンチ羽生結弦の共通理由のようです。

    イチローと比較

    イチローだから許される
    イチローじゃなかったら炎上

    出典:http://sonicch.com

    あえて、いい顔をしようとしない所に人は真の姿を見出すのでしょうか?
    逆に言えば、叩いたところでこの人には響かないだろう、と思われそうなイチローの強さが
    アンチの炎を鎮静化しているようです。

    血液型からみる羽生結弦とは

    血液型だけでは人を判断できません。
    家族構成、環境などが影響しますが、今度は、血液型に星座を加えて分析してみましょう。

    射手座×B型の羽生結弦

    b型と射手座は、とてもよく似た気質を持っていて、いかにもB型らしい、あるいは、いかにも射手座らしい性格といえるでしょう。
    男性女性とも、知性と理性の中に、スピード感と冒険心を兼ね備えて、自由を愛し、物怖じしない大胆さを持っています。
    b型射手座は、さっぱりとした楽しい人という印象でしょう。
    ただ、飽きっぽさがネックになります、なにをしても中途半端にならないようにしましょう。
    それと、b型射手座は形式やしきたりにこだわらないので、楽しい人とは思われますが、あまり自由気ままな言動は年長の人から苦々しく思われやすいので、時と場所を考えた言動をするよう注意してください。
    射手座のダイナミックな行動力や、情熱的に一直線に突き進む性質は自由を求めてやみません、
    b型の好奇心旺盛さや大胆さもあるので、若いうちは周囲をハラハラさせることが多いでしょう。

    出典:http://serebumamauranai.jp

    いかにもB型らしい、ということで、長所も短所も色濃く見えやすいタイプなんですね。
    ちなみに、誕生日「12月7日」の人の性質は?

    凝り性でひとつのことにのめり込むタイプのあなた。公私ともに「これは私に任せて」というものが必ずあって、その分野では素晴らしい業績を上げたり、賞を取ったりするでしょう。ただ、好きなことに夢中になっているときのあなたはまわりが見えず、とんだ失敗をしでかしがち。ときどきひと息入れてまわりを見回す必要があります。

    出典:http://www.amitaj.or.jp

    生まれもって、今の彼の立ち位置が決まっていたかのような。

    血液型から解った、羽生結弦のカリスマ性

    時代を築いた音楽界のカリスマB型たちの顔ぶれを加えておきます。
    矢沢永吉・尾崎豊・布袋寅泰・YOSHIKI・・・など。皆さん、信者ともいえるファンからの圧倒的な支持があります。忌野清志郎・坂本龍一などの奇才もいます。

    羽生結弦が、今こうして世界中でファンの心をつかんで離さないのも、
    アイドル的立ち位置で人気を博しているのも、
    血液型から読み取れるのですね。

    こんなふうに、滑走後のリンクが黄色に染まるのも、カリスマスケーター、アイドルスケーターならでは。

    こんな優しいまなざしや・・・

    こんな笑顔。やはり、愛されキャラのB型である羽生結弦には、
    テレビカメラを意識していないこんな瞬間の表情が一番似合っていますね!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ